禁酒つまらない?!禁酒は読書の楽しみを思い出せるッ!おすすめ書籍5選!

禁酒つまらない?!

禁酒は読書の楽しみを思い出せるので、つまらないことはないッ!

その理由とおすすめ書籍5選もッ!

見出し
1.禁酒つまらない?!禁酒成功したぼくの体験
2.禁酒つまらないなら、中学生時代を思い出す
3.禁酒つまらないなら読んでみて欲しい本5選ッ!
4.禁酒で人生が変わるのかは実験中

スポンサーリンク

1.禁酒つまらない?!禁酒成功したぼくの体験

禁酒つまらない?!

結論、禁酒はつまらないことは無いッ!

むしろ、やりたいことが増えるので楽しみが増えます。

「お酒のない人生なんてつまらない!人生損してる!」

ぼくも毎日3リットル程のビールを飲んでいたから、そう言われるのも分かります。

年末年始は酒、花見で酒。

当時のぼくだったら、お酒のない人生なんてあり得ない!と言っていましたね。

でも、今や禁酒も3ヶ月目ですよ。(2021年11月現在)

ソバーキュリアス!

使える時間が大幅に増えます。

だから、やりたいことがどんどん出てくるんですね。

そして、「ひょっとしてやりたいこと全部やるのに時間が足りないんじゃあ。。。」

そんな思考にもなります。

とにかく、禁酒つまらないということは全く無く、むしろ人生の楽しみを再確認しているところです。

ぼくはかつて結構な酒飲みでしたので、酒飲みあるあるという漫画を描いてしまうほどでした。

酒飲みあるあるを漫画にしてみた19個あるよーッ!

19個の4コマ漫画なのですが、気が向いたら見てやって下さい。

酒飲みの方であれば「あるある!」と言ってもらえると思います。

2.禁酒つまらないなら、中学生時代を思い出す

禁酒つまらないのは何故か?

それは、何をやってもつまらない人なのでは?と思ってしまいます。

ぼくは、短期間の禁酒を今まで何度かしたことがあります。

3日とか期間を決めてやってました。

それも、「お酒を飲まないとどうなるのか実験」という感じで楽しんでやっていましたよ。

禁酒はつまらないのではなく、人生自体がつまらないというのであれば、納得出来ます。

つまらないことがあったので、お酒でも飲んで明るくなろう。

こういった思考は、ありだとぼくは思います。

お酒はツールです。

でも、そのツールがないと人生がつまらなくなってしまうなんて、なんだろう、本末転倒というか。

ぼくは禁酒をすると得られる、あることに気づいたんですよ。

それは、中学生位の頃の精神年齢に戻るということです。

デフォルトでも精神年齢はあまり成長してないなぁと思うんですよ。

でも、お酒が入っていると、なんとなーく大人な素振りをしてみたりとか。

そしてそれが当たり前になってしまっている。

中学生の時になんて、お酒は習慣的に飲んでなかったですからね。

だから、禁酒をしてお酒が抜けてくるとどんどん若くなっていくというか。

逆に、中学生の時につまらない時はどうしていたかを思い出すことが出来ます。

そして、それがまた新たなやりたいことに繋がったりとかします。

新鮮ッ!

ある程度人生、よく生きてこれたなーと関心はしますが、まだまだここが終わりではなかったッ!

まだ先があるッ!

てか、まだ先の方が長いということに気づいてしまいましたよ。。。

これまでの禁酒の記録は下記にまとめています。

禁酒すると顔が変わるの?やってみた!

禁酒3日間成功させた時の秘訣をまとめてみました。

禁酒3日間だけした時に気づいたメリットまとめ

🍀以前のぼく

♦夜にお酒を飲みながら本を読むけど、2ページしか進まない
♦翌朝内容まったく覚えてない

♣断酒12日目のぼく(現在)

📕夜に水を飲みながら本を35ページ読むことが出来る

3.禁酒つまらないなら読んでみて欲しい本5選ッ!

禁酒つまらないなら読んでみて欲しい本5選ッ!

禁酒すると読書がはかどります。

ぼくがもともと読書好きと言うのはあるかも知れません。

でも、禁酒がつまらないなと感じたら、本を読むことをおすすめします。

なぜなら、本の内容を覚えているからッ!

ぼくも経験がありますが、酒を飲んで酔いながら読書も良いものです。

ただ、内容全く覚えてないッ!

だから、読書はお酒を飲んでない時にする方が効率的かと。

下記に、禁酒中に特にオススメな書籍を紹介しますね。

①ドグラ・マグラ
②サピエンス全史
③森の生活
④最強の食事
➄金持ち父さん貧乏父さん

下記に詳細を。

①ドグラ・マグラ

ぼくはお酒を飲みながらドグラ・マグラ読んでたのですが、内容が全く頭に入ってなかったですよッ!

「読んだつもり」になっていたッ!

日本三大奇書とも言われるドグラ・マグラは酔って読むのはもったいないッ!

一字一句、噛み締めながら読むべきですッ!

読むと一度は気がふれてしまうという書籍。

ぼくはまだ、この長くて難解な文章を完全に理解することが出来ていません。

だから、まだ正気を保っていられるのかなーと思ってます。

②サピエンス全史

人は何か?

人の歴史とは?

めちゃめちゃ面白いです!

これも、酔って読むのはもったいないッ!

こちらについては書評を書いています。

下記にッ!

【ネタバレ注意】サピエンス全史を読んでみたあらすじと感想

書籍はこちらです。

③森の生活

ストーリーは、26歳くらいの人が、都会の喧騒を離れて一人で森に家を建てて暮らすというもの。

ミニマリスト的な。

森の生活の中では、赤ワインは悪者のように扱われでいます。

また、朝イチのコーヒー、紅茶も悪者。

「私はいつもしらふでいたいのだ。」という思想は、現代のソバーキュリアスというライフスタイルに直結しますね。

水を飲もう!と。

「水こそ賢者にふさわしい唯一の飲み物だ。」と書いております。

目指すべき場所にたどり着きたいぼくは、この本に勇気を貰ってます。

散歩にも持って行くほど大好きな本です。

④最強の食事

最強の食事には、アルコールへの否定的な意見があります。

アルコール以外にも、食べちゃいけない食品を、ぼくはこの本で知りましたよッ!

これについても書評を書いています。

下記ですよー。

すこぶる健康なぼくは「最強の食事」に書かれてあることほぼやってた

➄金持ち父さん貧乏父さん

ぼくはフリーターから正社員になり、じぶんでも事業を起こしつつ、ある程度「労働」をして、まずまずの生活が出来ています。

底辺からのし上がってきたという自負もあります。

だから、油断していましたよ。

時間が余ってるなーんて錯覚をして、休日は昼から酒飲んで時間を浪費してました。

労働の、その先へ。

この本を読むと、そんなことを意識出来ますねー。

労働者はいつまでたっても労働者なんですよ。

ラットレースを抜け出せ!

これに気付かされた本です。

おい、油断するなよと。

まだ先があるぞと。

まだまだ、やることはたくさんあるぞと。

お酒が入っていないしらふの時に、是非読んで頂きたい書籍5選でした。

ぼくは泥酔でこの本たちを読んでいて、ミスリードしてしまい、行動を起こし、失敗したことがあります。

しらふで読むと「全然意味ちがうやないかーいッ!」と驚愕でしたよ。

また、これ以外にも、ぼくが好きな本まとめのリンクは下記に貼っておきますので、ご覧頂けますと幸いです。

ぼくが好きな10冊の本の紹介

4.禁酒で人生が変わるのかは実験中

禁酒はつまらない?

つまらなくはないと思います。

禁酒で人生が変わるという興味深い説もありますよね。

これについては、実験中。

「お酒を辞めると人生が変わる」まじで?やってみた!

断続的な禁酒、飲酒を繰り返しながら、今に至っています。

断酒8日目ですよー。(2022年3月29日)

Twitterでつぶやいてますー。

またブログ書きます。

何卒、宜しくお願い申し上げます。

スポンサーリンク