禁酒中甘いもの欲しくなる。デメリット?!結局食べちゃうけど!

禁酒のデメリットでしょうか。
禁酒すると、甘いもの欲しくなります。
結局食べちゃうんですけどね。
見出し
1.禁酒をすると甘いもの欲しくなる
2.甘いもの食べたくなったら食べる!けど。
スポンサーリンク

1.禁酒をすると甘いもの欲しくなる

禁酒をすると甘いもの欲しくなりますね。
禁酒中のツイートです。
「🍀今日もぼくは、家系ラーメンを食べてしまうのか。。。
♦ビールをやめたら、昨日の夜はチョコ食べちゃいましたよ。
♣夕食のチョコと、夕食のビールを比べたら、あきらかにビールの方が健康的だと思うんだけどなー。
📕違うかな
🍜これは、仮説に過ぎない!
🐼実験を続けます。」
夜のビールと、夜のチョコ。
比べたら、夜のチョコの方がやめたほうがいい。
これはぼくの持論です。
というのも、チョコは眠れなくなるし、砂糖入ってるし。
午前中に採るのは良いかも知れませんが、夜はやめた方がいい。
ビールは糖分があるものの、発酵飲料ですし、適量なら心地よく眠りにつけるという実体験からです。
ぼくは禁酒を何度かしたことがありますが、毎回甘いもの食べたくなります。
これは、ビールで採っていた糖分が不足しているというイメージ。
代替えできるものを!とついついチョコを食べてしまうんですね。
また、脳にも関係してくるようですよ。
ドーパミンという快楽物質があります。
これまで酒でドーパミン出てたのが、酒を飲んでないから別のもので出そうとする。
代替え可能なのは、甘いものなんですねー。
甘いもの食べちゃう!
ぼくの禁酒のデメリットは、こういったところにありました。
🍀めちゃくちゃ久しぶりに、食パントーストにはちみつをかけて食べました。

♦旨いッ!

♣毎日お酒を飲んでいた頃は絶対に食べなかったもの。

📕断酒をすると味覚が変わるというのを、体験していますよー。

断酒 禁酒
Twitter断酒部
SoberCurious
ソバーキュリアス
ソーバーキュリアス

2.甘いものが食べたくなったら食べる!けど。

🍀ビールを飲んでいないので、はちみつトーストを2枚食べても問題ないという、じぶんルールがあります。ビールを飲んでいた頃は絶対にはちみつトーストなんて食べなかったのですが、断酒してからなんとなく食べてみたら、これがめちゃくちゃ美味しかったんですよ。はちみつトースト3枚目いけるかも。
甘いものが食べたくなったら食べます!
これは自分の体が欲しているわけですから。
でも、チョコではない!
果物や野菜からの自然な糖分を摂るようにします。
医学的には、果物や野菜は健康を害する心配のない食品とされているようです。
人工甘味料が入った人工的なお菓子よりも、自然の食品を食べる。
これを習慣にしたいですねー。
お酒を飲まなくなったら、その時には考えたいと思います。

また、脳がドーパミンを欲しがって酒を飲むというのは、ある種「アルコール依存」に近い状況なのかと予想しています。
酒は、飲むと気持ちがフワッとなり楽しい気持ちになります。
この気持ちは甘いもの食べた時と似た気持ちだと思います。
ぼくは、アルコール依存ではないとは思うのですが、そうとも言い切れません。
だから、試しに禁酒と断酒をしてみることにしました。
3ヶ月の禁酒は成功しましたよ。
下記の記事です。
その後、また飲む生活になり、再度、ゆるーく断酒を続けています。
2022年4月現在、断酒中です。
以前よりは、甘いもの食べたくなる頻度が減ったような気がしますよ。
結構長く文章書いているので、下記もご覧いただけますと幸いです。
また、アイスの顔をまとめたやつも共有しています。
禁酒をして甘いもの食べたくなるのは、必然ですね。
またブログ書きます。
今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です