禁酒のデメリット?!甘いものが食べたくなる。結局食べちゃうけど!

禁酒のデメリットでしょうか。
禁酒をすると、甘いものが食べたくなります。
結局食べちゃうんですけどね。
見出し
1.禁酒をすると甘いものが食べたくなる
2.甘いものが食べたくなったら食べる!けど。
スポンサーリンク

1.禁酒をすると甘いものが食べたくなる

禁酒をすると甘いものが食べたくなりますね。
「🍀今日もぼくは、家系ラーメンを食べてしまうのか。。。
♦ビールをやめたら、昨日の夜はチョコ食べちゃいましたよ。
♣夕食のチョコと、夕食のビールを比べたら、あきらかにビールの方が健康的だと思うんだけどなー。
📕違うかな
🍜これは、仮説に過ぎない!
🐼実験を続けます。」
夜のビールと夜のチョコを比べたら、夜のチョコの方がやめたほうがいい。
これはぼくの持論です。
というのも、チョコは眠れなくなるし、砂糖入ってるし。
午前中に採るのは良いかも知れませんが、夜はやめた方がいい。
ビールは糖分があるものの、発酵飲料ですし、適量なら心地よく眠りにつけます。
ぼくは禁酒を何度かしたことがありますが、毎回甘いものが食べたくなります。
これは、ビールで採っていた糖分が不足しているというイメージ。
代替えできるものを!とついついチョコを食べてしまうんですね。
ぼくの禁酒のデメリットは、こういったところにありました。

2.甘いものが食べたくなったら食べる!けど。

甘いものが食べたくなったら食べます!
これは自分の体が欲しているわけですから。
でも、チョコではない!
果物や野菜からの自然な糖分を摂るようにします。
医学的には、果物や野菜は健康を害する心配のない食品とされています。
人工甘味料が入った人工的なお菓子よりも、自然の食品を食べる。
これを習慣にしたいです。
お酒を飲まなくなったら考えたいと思います。

ということで、禁酒のデメリット?!甘いものが食べたくなる。結局食べちゃうけど!でした。
またブログ書きます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です