福祉用具専門相談員からケアマネージャーに俺はなるッ!!~受験資格から手順まで~

本ブログ「なのふら」にはプロモーションが含まれています
本ブログ「なのふら」はプロモーションが含まれています

本ブログ「なのふら」はプロモーションが含まれています

現職、福祉用具専門相談員のあなたに向けてブログを書きます。

そもそも、福祉用具専門相談員の営業はケアマネ受験資格があるのか?
将来的にケアマネージャー(介護支援専門員)になることが出来るのか?
そんな疑問から、福祉用具専門相談員からケアマネージャーになる条件、なり方までを紹介していきます。
見出し
1.福祉用具専門相談員はケアマネ受験資格あり?過去はあったけど今はない!
2.福祉用具専門相談員からケアマネージャー受験資格の手順と注意点
3.福祉用具専門相談員からケアマネージャーになる!
4.福祉用具専門相談員からケアマネージャーまとめ
スポンサーリンク

1.福祉用具専門相談員はケアマネ受験資格あり?過去はあったけど今はない!

福祉用具専門相談員から、ダイレクトにケアマネージャーになることは出来ません。
介護福祉士になって実務経験を積んでからです。
その後、ケアマネージャーになるという道ですねー。
将来的に介護業界でステップアップをしたい場合。
福祉用具専門相談員の営業からケアマネージャーに転職をしたい場合。
動機は色々とあると思います。
以前は、福祉用具専門相談員は一定の条件を満たした場合、ケアマネージャー(介護支援専門員)受験資格が認められていた時期もありました。
お茶の水ケアサービス学院の「福祉用具供給事業従事者現任研修」についての過去の記述。
福祉用具供給事業従事者現任研修を終了した方で5年以上(900日以上)の相談援助業務の実務経験を有するものについては、都道府県知事の確認により、介護支援専門員(ケアマネジャー)実務研修受講試験の受験資格者になります。
これによって、現場における「相談援助業務」を 5年以上行っている従事者の方は、「介護支援専門員実務研修受講試験」の受験資格を得ることができていた時期もあったんですよ。
残念ながら現在は、ダイレクトに福祉用具専門相談員からケアマネになるという道は無くなってしまいました。
でも、福祉用具専門相談員の営業でも、きちんとした条件と手順を踏めばケアマネージャーの試験を受験する資格が認められるんです。

2.福祉用具専門相談員からケアマネージャー受験資格の手順と注意点

それでは、福祉用具専門相談員がケアマネージャーの試験を受験をしたい場合に必要な条件と手順を紹介します。
上記の内容を簡素化して2ステップにしました。

~福祉用具専門相談員がケアマネの受験資格を得るまでの手順2ステップ~

①福祉用具供給事業従事者現任研修会(45時間) 修了し試験合格

②現場における「介護福祉士」での経験

この手順を踏めば、ケアマネ受験資格が認められます。

3.福祉用具専門相談員からケアマネージャーになる!

福祉用具専門相談員からダイレクトにケアマネになるのは、出来なくなってしまいました。
福祉用具専門相談員が資格をとった5年以内に福祉用具供給事業従事者現任研修会修了し、かつ介護レンタル・販売事業所などの現場で福祉用具専門相談員として5年以上勤務すると晴れて、ケアマネの試験の受験資格が認められていたのも過去の話。。。
介護福祉士での実務経験を経て、いざケアマネ試験にッ!
この時点では、受験資格が認められただけなので、ケアマネージャーになるには「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格する必要があります。
合格した後、「介護支援専門員実務研修」の全日程を休まず全て受講、そしてレポートを提出する必要があります。
ここまで来ると「介護支援専門員証」が交付され、ケアマネージャーになることが出来ます。
以降、5年ごとに更新が必要な資格となりますよー。

4.福祉用具専門相談員からケアマネージャーまとめ

将来的に、福祉用具専門相談員からケアマネージャーになることは出来ます。

~福祉用具専門相談員がケアマネの受験資格を得るまでの手順2ステップ~

①福祉用具供給事業従事者現任研修会(45時間) 修了し試験合格

②現場における「介護福祉士」での経験

この手順を踏めば、ひとまずケアマネ受験資格が認められます。
福祉用具専門相談員のうちに、他の職種も経験してからだと更に希少な人材になることができます。
資格を取っておいた方がキャリアは明るいですよ。
下記にまとめたエージェントでは、働きながら無料で介護の資格が取れる制度もありますのでチェックしてみて下さいねー。
上記の記事もよく読まれています。
資格を持っていない福祉用具専門相談員よりも、介護の資格を持っている福祉用具専門相談員の方が介護業界への熱意が感じられますね。
更にケアマネージャーになる熱意にも火が付くかも知れませんよ。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました