福祉用具専門相談員の営業で「営業楽しいッ!」と実感した話だよォォォォオオオッ!!

福祉用具専門相談員の営業で「営業楽しいッ!」と実感した話。
ぼくは営業マンの経験あります。
営業楽しいッ!
福祉用具の営業は本質をつかむことができるッ!
営業楽しいを実感した話だよォォォォオッ!!
見出し
1.福祉用具専門相談員も正社員の営業!楽しいッ!
2.福祉用具 営業の求人について
3.福祉用具 営業の仕事は楽しい!
4.福祉用具 営業のその後、楽しい営業は続ける
5.福祉用具 営業楽しいッ!!
スポンサーリンク

1.福祉用具専門相談員も正社員の営業!楽しいッ!

ぼくは福祉用具専門相談員の営業マンとして、営業経験あります。
「営業楽しいッ!」
営業の楽しさとは、ダイレクトにお客さんの「ありがとう」を聞くことが出来ることですね。
これってすごく楽しいです。
仕事は誰かの役に立つことをすること。
そのレスポンスを直で受けることが出来るって、やっぱり楽しいですよ。
面倒なことも一寸ありますが、その分「ありがとう」に救われるよーな感じ。
これまでぼくは、アルバイトしかしたことがないのに採用して頂いた経験があります。
正社員という肩書きと社会人としての経験の機会を頂きました。
ぼくがフリーターから正社員になれたのは業界のチョイスが良かったからかと。
介護業界は、慢性的な人手不足と言われています。
フリーターからの就職の間口も広いんですねー。
営業という職種は、なかなか好んでやりたいという職種ではないのかも知れません。
そういった背景も大いにあります。
ぼくみたいな社会人経験、営業経験がまったくないフリーター。
そんなぼくでも、営業の正社員としてスタートを切れたんですねー。
現代もフリーターから正社員を支援してくれるサービスは充実していますよ。
それにつきましては下記にまとめています。
今後、営業マンは不要な未来も訪れるという意見もあります。
でも、現状は(まだ)営業マンの求人は多いですし給料水準も高い。
「とりあえず」営業で正社員になってみるということも出来る時代ですよ。
その後、エンジニアになるのもよし、フリーランスになるのもよし。
とりあえず目先のお金を稼ぐというのに集中してみても良いかも。
しかも、お金を稼ぐのって結構楽しいんですよ。
経験にも、勉強にもなるッ!

2.福祉用具 営業の求人について

営業という職種は楽しいッ!
その理由の一つに、営業は技術職ということがあります。
「営業」にもきちんとしたやり方があって、正しいやり方を繰り返すことによって技術も上がっていく。
これは、介護の現場であったり、事務や総務の仕事、その他の仕事とかわりはありません。
新卒採用でない限り、営業の正社員の求人は「即戦力」を求めている場合が多いです。
福祉用具専門相談員の営業の求人でも例外ではありません。
もし、営業の技術や経験は無くても「のびしろ」があるかどうか。
介護業界で他の職種で活躍してたかどうかが見られます。
介護業界に勤めていて介護士やデイサービス職員だった。
でも営業という職種にキャリアチェンジをしたい。
そんな時、まずは福祉用具専門相談員という方向性がいいです。
なかなか、福祉用具専門相談員としての求人は少ないのが現状です。
でも、今勤めている企業に相談したり転職サイト等を活用することは今の仕事をしながらでも出来ます。
また、介護業界で転職をしたい方は、的を絞った下記のサイトを見てみてください。
ぼくは経験はありませんが、特化型なので求人も無駄なく探せると思いますよ。
まず介護業界に入る→福祉用具専門相談員(営業)になる→他業界の営業に転職
キャリアチェンジとして、こういった方法も可能です。
ぼくは、営業職で別業界に転職しました。
スポンサーリンク

3.福祉用具 営業は楽しいッ!

福祉用具営業楽しいッ!!
営業が楽しい一番の大きな理由は「ありがとう」の数です。
多方面から「ありがとう」と感謝される機会が多い。
それが、働く上での楽しみであり、やりがいだとぼくは思います。
仕事の本質は、誰かを助けたり、役に立ったり、はたを楽にすること。
ぼくは福祉用具の営業で学びましたよ。
当時の会社には「お給料は我慢料」と真面目に言っている方もいらっしゃいました。
苦痛な時間を切り売りして、わずかばかりの生活費を会社からもらう。
それは、違うッ!!
断じて違うッ!
奴隷じゃあないんだからッ!
どれだけ世の中の役に立っているか?
たとえば、どれだけそのたった一人の経営者の役に立っているか。
更に、その会社の仕事を通じて、じぶんがどれだけの人に役に立っているか。
これです。
そして、これを楽しいと思えたなら素晴らしいッ!
会社からの評価が上がるにつれて、給料に反映してくれるでしょう。
(企業によって方針があり、現在日本はゆるやかな衰退期なので、必ずしもとは言えません)
介護士でも事務でも営業でも、技術職といったことにはかわりはありませんよ。
営業は、その技術力を数字で判断が出来ます。
会社にとっても営業にとっても、分かりやすく評価が出来ます。
更に、評価もされやすいんですねぇ。
分かりやすいッ!

4.福祉用具 営業のその後、楽しい営業は続けるッ!

福祉用具レンタルの営業のその後!大きく分けて2つあります。
それは、
介護業界で更なるステップアップをする方法
もしくは、
営業経験を活かして他業界で活躍する方法
です。
前者は、介護業界でずっとやっていきたいという方が選ぶ道だと思います。
一番近い目標は、ケアマネージャーだったり住環境コーディネーターの資格を取ることになると思います。
福祉用具専門相談員の営業としても、介護業界で従事した経験とみなされます。
また、後者につきまして。
業界というよりは、営業という職種に魅力を感じた方が選ぶ道だと思います。
ぼくはこちらでした。
営業楽しいッ!!
と思う機会が多かったからです。
ダイレクトにお客様の「ありがとう」を聞けるのは営業ならではッ!!
これは楽しいッ!
たまたま、未経験で採用されたのが介護業界だった場合、何となく業界を知ることが出来ていると思います。
自分の営業力に自信がついたので、他の業界でも通用するのか試してみたい。
といった動機での転職もありです。

5.福祉用具 営業は楽しい

福祉用具専門相談員は、介護業界の営業として正社員で働くことが出来ます。
その後のキャリアにも活かせる経験も積むことも出来ます。
福祉用具の営業は楽しいです。
でも、給料が安かったので生活が貧窮していましたよ。
そこでぼくがとった行動は転職です。
下記のエージェントサービスに登録して給料が高い企業を紹介してもらいましたよ。
転職サービスまとめ
 ぼくも実際に活用させて頂いたサービスです。
 最初の面談で目から鱗の情報をもらえたり、じぶんの市場価値が分かったりました。

 登録して面談した後は、自動的にメールで求人情報をくれるので手間がかかりません。
 田村淳さんがイメージキャラクターをつとめるベンチャーセールス。
 20代営業転職に特化したサービスですねー。
 早いうちから転職を経験して適正な市場価値のもとで働きましょう。
生活の心配なく、誰かの役にたつことが出来る。
そんな営業職は楽しいッ!!
多少めんどうなことはあります。
でも、楽しさの方が大きいッ!!
ぼくは更にじぶんのサービスも展開しています。
得意なことを誰かの役に立てるように変換する作業が仕事です。
ぼくの得意なことの1つ、似顔絵描きますよー。
他にもサービス展開していますのでTwitterで声かけてくださいね。
主にTwitterに居ます。
ということで、福祉用具の営業で「営業楽しい!」と実感した話でした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒、宜しくお願い申し上げます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です