福祉用具専門相談員は大変なのか?!求められるもの5つ

福祉用具専門相談員は大変なのか?!
大変じゃないのか?!
福祉用具専門相談員は、求められるものが多いというのは事実です。
ぼくは実際に福祉用具レンタル・販売事業所で福祉用具専門相談員の営業として勤務させて頂いたことがあります。
この時の経験をもとに、主に5つの項目に分けて自分なりにまとめたいと思います
見出し
1.福祉用具専門相談員は大変!営業でもあります。
2.福祉用具専門相談員は大変!求められるもの①ヒアリング力
3.福祉用具専門相談員は大変!求められるもの②迅速な対応
4.福祉用具専門相談員は大変!求められるもの③体力
5.福祉用具専門相談員は大変!求められるもの④協調性
6.福祉用具専門相談員は大変!求められるもの⑤福祉の心
7.福祉用具専門相談員は大変!求められるものまとめ
スポンサーリンク

1.福祉用具専門相談員は大変!営業でもあります。

福祉用具専門相談員は大変!
福祉用具の営業でもあるからです。
ということはつまり、会社の利益も追及するということです。
通常のいわゆる「営業力」も求められます。そして、どの業界でもそうですが知識も求められるのが営業です。
ただ、福祉用具専門相談員は福祉の分野の営業です。
「営業力」や「知識」ももちろん求められますが、それよりも以下に上げさせていただく5つのことの方が重要です。
大変ですが、営業としてはスキルアップ出来ますよ。
これから、ぼくが考える福祉用具専門相談員に求められるもの5つをひとつずつ紹介していきます。

2.福祉用具専門相談員は大変!求められるもの①ヒアリング力

福祉用具専門相談員は大変です。
第一に求められるのは、ヒアリング力です。
ご利用者様やご家族が福祉用具を使ってどういた生活を目指しているのか。
ご利用者様が福祉用具を実際に使ってみてどう感じたのか。
ケアマネージャーがどういった意図で、ご利用者様にその福祉用具が必要と判断したのか。
ご利用者様の介護をしている介護職員の意見。
こういった様々な立場の人の意図を、的確にヒアリングするという力が求められます。
大変だーッ!
ヒアリングをして、最適な福祉用具をご提案するというのが福祉用具専門相談員の仕事です。

3.福祉用具専門相談員は大変!求められるもの②迅速な対応

ケアマネージャーから福祉用具の相談や依頼をもらったら、いかに早い対応をすることが出来るかも求められます。
大変さは、早い対応をするといった行動にもあります。
その速さがゆっくりである場合もありますし早い場合もありますが、ご利用者様の体の状況は日々変化します。
その変化に対応して「必要なものを必要なだけ」福祉用具をご利用いただくといった姿勢が大切です。

4.福祉用具専門相談員は大変!求められるもの③体力

福祉用具は歩行器や杖と言った軽くて小柄なものもあれば、電動ベッドといった大きいものまであります。
とくに電動ベッドは重いです。
日々の仕事の中で力を使うことも求められるのが福祉用具専門相談員です。
体力的には大変です。

5.福祉用具専門相談員は大変!求められるもの④協調性

福祉用具専門相談員は、自分で仕事を取ってきてご利用者様に提供するわけではありません。
特に介護保険を使ったサービスの場合には、一人のご利用者様に対して「サービス担当者」というチームで動きます。
そのリーダーはケアマネージャーです。
リーダーの意図していることをくみ取りながら、福祉用具の専門家としてサービスにあたります。
そして、そのご利用者様にサービスを提供している、他の介護職員であったり作業療法士であったりと連携を取る協調性が求められます。

6.福祉用具専門相談員は大変!求められるもの⑤福祉の心

福祉用具専門相談員は、数字を追いかけてバリバリ目標を達成するというやりがいももちろんあります。
でも、ご利用者様が目標とする生活が実現できていると感じた時や「ありがとう」と言われた時の方が大きな達成感があります。
「誰かの役にたっている」と感じることで仕事のやりがいを見出すことが出来るというのも、福祉用具専門相談員に求められるものです。

7.福祉用具専門相談員は大変!求められるものまとめ

冒頭で、福祉用具専門相談員は大変!とお伝えしました。
一般的ないわゆる営業に求められるもの、プラスアルファの部分が求められます。
むしろこの5つの方か求められる機会が多いです。
ということで、福祉用具専門相談員に求められるもの5つでした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です