福祉用具専門相談員の一日~仕事の実態と流れ。過去の手帳を共有~

福祉用具専門相談員の一日~仕事の実態と流れ【過去の手帳より】
ぼくは福祉用具専門相談員として仕事をした経験があります。
今回は、福祉用具専門相談員の一日の仕事の流れはどういったものなのか、昔の手帳が出てきたのでそれをもとにお伝えしたいと思います。
この記事を読むと、一人の福祉用具専門相談員の実態を知ることが出来ます。
共有しますね。
見出し
1.忙しい?!福祉用具専門相談員の1日から見る実態
2.福祉用具専門相談員の1日~午前中~
3.福祉用具専門相談員の1日~ 昼 ~
4.福祉用具専門相談員の1日~午 後~
5.福祉用具専門相談員の1日~夕 方~
6.福祉用具専門相談員の1日まとめ
スポンサーリンク

1.忙しい?!福祉用具専門相談員の1日から見る実態

福祉用具専門相談員の1日ですが
実態は、かなり忙しいです。
担当しているご利用者様の数や会社の状況によっても違うかも知れませんが、やることが多く急な対応もあります。
忙しい分、1日があっという間に過ぎてしまうという場合もあります。
福祉用具専門相談員は営業も兼ねているので、通常の営業くらいの忙しさと言ってもいいかもしれません。
忙しいことは忙しいですが
自分次第で、コツを掴んで効率よく仕事をすることも出来ます。
(これは介護業界、福祉用具専門相談員に限らず、営業と言う職種であれば可能です。)
これから、ぼくが福祉用具専門相談員だった頃の手帳をもとに、福祉用具専門相談員のとある1日の行動を紹介していきます。
実際には、ぼくは福祉用具専門相談員と他商材の営業を兼ねていました。
今回は、福祉用具専門相談員の仕事だけに絞って紹介します。

2.福祉用具専門相談員の1日~午前中~

medical_hokouki.jpg
朝8時前 会社に出社
その日のスケジュールを確認して、行動計画を立てる
その日訪問するご利用者様の記録を揃える
集金袋を持つ
ご利用者様のリストを確認して、手帳に挟む
自作の地図を持つ、もしくは住宅の詳細地図をスマホに入れておく
白紙の点検・モニタリング報告書を持つ
  ※上記3つについて詳しくはこちらを参照ください。
福祉用具レンタルの納品が2件あるので、営業車に積み込み
福祉用具販売の納品が1件あるので、営業車に積み込み
紙おむつの納品が3件あるので、営業車に積み込み
朝9時に朝礼、1日のスケジュールの報告等
朝礼後、営業車に乗り込み
居宅訪問、ケアマネージャーにこれから行く予定のご利用者様の事前報告
新製品の案内等
他のケアマネージャーとも交流
ご利用者様宅訪問、歩行器と紙おむつを届ける
ご利用者様宅訪問、紙おむつを届ける
レンタルしている電動ベッドのモニタリングも同時に行う
ケアマネージャーから電話にて、車いすのタイヤの空気圧の調整依頼
ご利用者様宅訪問、車いすの空気圧調整

3.福祉用具専門相談員の1日~ 昼 ~

会社に戻ってお弁当を食べる
午前中の進捗等、情報交換

4.福祉用具専門相談員の1日~午 後~

サービス担当者会議に出席
思ったよりも早く終わる
次の予定まで時間が空いたので、近隣のご利用者様にアポイントを取る
ご利用者様宅訪問、車いすと電動ベッドのモニタリングをする
ご利用者様宅、入浴用いすと紙おむつの納品
実際に風呂場に置き問題ないか確認
ケアマネージャーから電話で新規歩行器のレンタル依頼
急ぎではないので明日、納品予定とする
ご利用者様宅、車いすのレンタル搬入
使い方を説明

5.福祉用具専門相談員の1日~夕 方~

居宅に寄って、ケアマネージャーに今日お伺いしたご利用者様の報告
18時頃帰社
経理に集金したお金を渡す
今日お伺いしたご利用者様の記録を書く
日報の作成と報告
明日の準備
退社

6.福祉用具専門相談員の1日まとめ

本当に、1日だけのざっくりとした流れです。
福祉用具専門相談員の特定の1日だけの内容です。
福祉用具専門相談員といっても営業なので、電話が多い日だったり思わぬトラブルがあったりといった日もあります。
営業なので、自分に裁量は任せてもらっている部分が多いです。
効率よく動くのも、そうでないのも自分次第です。
福祉用具専門相談員は給料が低く、生活がきついという方も多いッ!!
かくいうぼくも、生活がきつかった!
当時、副業してましたよ。
下記に共有してます。
ということで、福祉用具専門相談員の1日の仕事の流れでした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です