福祉用具専門相談員から転職!他業界の営業への転職と求人の見つけ方

このブログは、福祉用具専門相談員からの転職を考えられている方、介護業界以外の営業の求人を探されている方向けに書いています。
営業という業種にしぼってお伝えします。
見出し
1.営業は転職しやすい?
2.「即戦力」の高収入な営業には経験が必須
3.福祉用具専門相談員から他業種の営業へ
4.高収入な営業の求人の見つけ方
5.営業への転職と求人の見つけ方まとめ
スポンサーリンク

1.営業は転職しやすい?

営業への転職は、他の技術職や専門職と比べると比較的しやすいです。
なぜなら、
営業は競争率が比較的低いこと
営業は離職率が高いということ
営業未経験でも歓迎といった求人が多いこと
こういった背景があるからです。
必ずしもそうとは限らないのですが
営業は高収入ながら、仕事がきついと言った断片的なイメージがあります。
それにより、誰しもが好んでやりたい業種ではないということから、1つの求人に応募する人数も限られます。
そして、高収入をめざして営業をやってみたけれども
ノルマが達成出来なかったり、自分に合っていないと感じて離職する人も多いです。
ですので、営業という業種自体が常に人手不足になります。
また、
他の業種、例えば人事や総務、経理といった業種は
転職するにあたって、その業務経験があることが第一条件の求人がほとんどです。
営業の場合は、比較的
未経験でも可、フリーターでも可といった求人が多いです。
こういったことから、
営業は転職しやすい業種と言えます。

2.「即戦力」の高収入な営業には経験が必須

求人や企業の考え方によっても様々で、一概には言えませんが
営業の求人には、大きく分けて
「即戦力を求めるケース」か「自社で教育をして一人前に育てて活躍を期待するケース」に別れます。
前者の「即戦力を求めるケース」は
ほぼ、一定の営業経験を有していることが条件として上がってきます。
企業が営業の人手不足の状態であったり
利益の倍増を狙っている場合はこういった求人が出されます。
この求人は、
給与の交渉が出来ることにメリットがあります。
前職の給与、待遇等を考慮してもらえる場合もありますので
前職よりも高収入が狙えます。
後者の「自社で教育をして一人前に育てて活躍を期待するケース」は
営業と言っても、
その業界が専門知識を必要とする場合や
その業界ならではの営業方法等で
他の業界の営業経験がそれほど役に立たない場合などにこの求人が出されます。
ですので、待遇も給与もある程度
企業に任せる形になります。
「即戦力」な営業への転職には、やはり営業経験が必須です。

3.福祉用具専門相談員から他業種の営業へ

ぼくは実際に福祉用具レンタルの営業から、
他業種の営業に転職した経験があります。
介護業界全体の労働環境や賃金に関して
色々と改正をされたりして、年々良くなって来てはいますが、まだまだ給与水準は低いです。
即戦力の営業として、高収入の営業への転職を狙いたかったぼくは
他業種の営業に絞って転職活動をしていました。
そして、営業経験があるということを全面にアピールして自己PRをしていました。
その結果、他業種の営業へキャリアチェンジが出来ました。

4.高収入な営業の求人の見つけ方

高収入な営業の求人を見つけるのに
「営業経験」は必須です。
その上で、ぼくは求人を見つけるのに、
主にネットを活用していました。
各転職サイトで、
「営業」と業種を絞って求人を探していました。

5.営業への転職と求人の見つけ方まとめ

これまでお伝えしてきたとおり
営業は、他の職種よりも転職の敷居は低いです。
しかしながら、安定した高収入を目指すのであれば営業経験が必須となります。
今現在、福祉用具専門相談員といての営業や、その他の介護業界の営業をしていらっしゃる方で
給料が低いといった理由で転職を考えられている方は、
もう暫く介護業界で頑張って
ケアマネージャーや福祉住環境コーディネーター等の取るという選択肢の他にも
営業経験を活かして転職を考えることも出来ます。
自分で転職サイトで求人を探すという手もあります。
下記はぼくも利用したことがあり、心強かった思い出があります。
転職サービスまとめ
 ぼくも実際に活用させて頂いたサービスです。
 最初の面談で目から鱗の情報をもらえたり、じぶんの市場価値が分かったりました。

 登録して面談した後は、自動的にメールで求人情報をくれるので手間がかかりません。
 田村淳さんがイメージキャラクターをつとめるベンチャーセールス。
 20代営業転職に特化したサービスですねー。
 早いうちから転職を経験して適正な市場価値のもとで働きましょう。
また、介護業界での転職を考えられている方は、下記の記事を参考にしていただくといいと思います。
この記事が、少しでも
現在、福祉用具専門相談員として活躍しているけれども、
キャリアチェンジを図りたい方にとって参考になれば幸いです。
またブログ書きます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です