福祉用具専門相談員 地域のスーパー営業マンに憧れていた話

福祉用具専門相談員 地域のスーパー営業マンに憧れていた話
kurumaisu_reclining.jpg
福祉用具レンタル・販売事業所にて
福祉用具専門相談員として勤務させて頂いた経験がある
ぼくですが
仕事の中で、
憧れていた福祉用具専門相談員の方がいらっしゃいました。
今回はその方について書いて行きたいと思います。
見出し
1.福祉用具専門相談員の営業の方法
2.ケアマネさんとの信頼関係には時間がかかる
3.営業成績No.1の福祉用具専門相談員
4.福祉用具専門相談員としての仕事への情熱
5.福祉用具専門相談員のスーパー営業マン
おすすめ記事

1.福祉用具専門相談員の営業の方法

福祉用具専門相談員の
ケアマネさんへの営業方法としては、
ケアマネさんとまめにコンタクトを取って信頼を得ること
仲間意識を持ってもらうことが最重要で
その為に、日頃から福祉用具の勉強をすること
利用者さんのことを考えること
ということは
前回までのブログでもお伝えした通りです。
スポンサーリンク

2.ケアマネさんとの信頼関係には時間がかかる

本来、ここを目指すべきではあるのですが
しかしながら、この方法だと
ある程度の時間がかかります。
なにせ福祉用具にはライバルが多いですし
ケアマネさんとの親密さも経験も
上には上が居ますので
どうしても勝てない部分があります。
実際に、ぼくの地域にも
「仕事の話だけしかせず、真面目で誠実な福祉用具専門相談員」
という有名な方がいらっしゃいました。
この方が今回のブログの主題です。

3.営業成績No.1の福祉用具専門相談員

この方は大手の企業に勤めていらっしゃり
営業成績はダントツでナンバーワン
地域での勤務経験も長く多方面に人脈もあり
というスーパー営業マンでした。
福祉用具専門相談員は
福祉用具の専門家ですので、
知識、経験、人脈
すべて自信が持てるのであればで
こういった営業スタイルが
すごくカッコいいと思います。
迅速に介護用ベッドを組み立てて
使い方の説明だけして
「それでは !また !」
という営業スタイル。
ぼくも数回この方とお会いしたことがありますが
会話も少なく
内容も仕事の話のみでした。
実際忙しいので
効率的に数をこなすため
そういった営業スタイルになったのかもしれませんが。
ただ、不愛想ということでは全くなく
目力があり
ケアマネさんだけではなく
他の福祉用具専門相談員からも
「仕事に対する姿勢」
に定評がある方でした。

4.福祉用具専門相談員としての仕事への情熱

ぼくは直接見たわけではないのですが、
その方は、
ご利用者様が福祉用具を間違って使用していると
たとえケアマネさんの前であっても
きちんと
「使い方が違います!!」
とやや強めの声で訂正したという
話を聞いたことがあります。
福祉用具専門相談員は
ケアマネさんに依頼されて初めて仕事につながる職種なので
なかなか
ケアマネさんの前では遠慮しがちになってしまうと思うのですが
ご利用者様の安全を第一に考えての
行動だったと思います

5.福祉用具専門相談員のスーパー営業マン

特に、福祉用具は使い方を間違えると
転倒や思わぬ事故につながる危険性もありますので。
こういったところからも
プロ意識、
仕事への情熱が感じられました。
経験も技能も知識も
この人には勝てない。。。
と痛感したのと同時に
ライバル会社の社員の方ではあったのですが、
いつしか憧れの存在になっていました。
残念ながら
もろもろの事情でぼくは転職をすることになり
その背中に追いつくことは出来ませんでしたが
今でも印象に残っている
福祉用具 スーパー営業マンです。
おすすめ記事
ということで、
福祉用具専門相談員 地域のスーパー営業マンに憧れていた話でした。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です