歯の治療について、歯茎を人差し指でマッサージする。手当てする。歯は一日で治るからの学び

歯の治療について、「歯は一日で治る」という書籍があります。
歯は一生ものです。
歯を大切にするために書籍の内容をかいつまんでみました。
見出し
1.歯は一日で治るのは本当か
2.間違った歯の治療法から正しい歯のメンテナンス方法を学ぶ
スポンサーリンク

1.歯は一日で治るのは本当か

「歯は一日で治る」というインパクトがあるフレーズがタイトルの本があります。
これは本当かどうか。
どちらかというと、虫歯を治すということではなく、日頃のメンテナンスで歯を守ることが推奨されています。

2.間違った歯の治療法から正しい歯のメンテナンス方法を学ぶ

「🍀「歯は一日で治る」谷口清著
♦「歯は抜くな!削るな!かぶせるな!」
♣これまでの歯科医療をユーモアたっぷりに否定し、抜かない治療を推奨されてます。
🍜歯だけは歯医者に行った方がいい!と謂われてますが、ぼくは何年も行ってない。
📕じぶんで治せたり予防出来るんですねー。
🐼後で共有。」
歯を抜く、削る、被せるという従来の歯医者さんの仕事、これは全部間違っていると記載があります。
歯は絶対に抜かない。
例えば欠けたとしても、それはあるべき姿で生活に支障がなければわざわざ抜く必要もない。
そんな主旨のことが書かれています。
大切なのは、いかに歯医者に行かないかという意味にも取ることが出来ます。
その方法も書かれています。
それは、歯の治療について、歯茎を人差し指でマッサージする。
手当てする。
これだけ。
シンプルなので、誰でも出来てしまいそうな方法ですね。
この本で言っているのは、歯茎をマッサージすることの大切さです。
ぼくは昔、歯ブラシは歯を綺麗にするのと歯茎をマッサージするものと言われて来ました。
だから、歯磨きの際、歯茎も一緒にブラッシングしてます。
知らず知らずのうちに、歯に良いことが習慣になっていた気がします。
歯茎をマッサージするだけで歯医者に行かなくても良くなるなら、安いものですね。
定期的に歯医者には通った方が良いという意見もあるので、そこは個人の判断力だと、ぼくは思います。
絶妙な語り口が面白い「歯は一日で治る」は下記の本です。

ということで、歯の治療について、歯茎を人差し指でマッサージする。手当てする。歯は一日で治るからの学びでした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
Facebookページあります。更新情報が届きます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です