ルート営業行きたくない!辞める!引き継ぎでやること。

ルート営業行きたくない!
もー辞める!
引き継ぎでやること。
見出し
1.ルート営業行きたくない!辞める時には営業の後任に感謝と激励
2.ルート営業行きたくない!辞める時には営業を周るスケジュール管理
3.ルート営業行きたくない!辞める時には引き継ぎの情報はすべて渡す

スポンサーリンク

1.ルート営業いきたくない!辞める時には営業の後任に感謝と激励

ルート営業行きたくない!
辞める!
行きたくないと思いながらルート営業していると、本来のパフォーマンス出ませんからね。
さくっと辞める!
でも、きちんと引継ぎをしてからやめましょう。
営業職の引き継ぎは他の仕事と比べて、引き継ぐ事がらが多いです。
また、机上だけでは完結出来ないので時間もかかります。
この記事は、営業職特有の引き継ぎで、「これだけはしておくと良いよ。」といった経験者からのアドバイスと捉えて頂けると幸いです。

営業を辞める際の引き継ぎでやること。会社を円滑に辞めるためには。

まずやること!

それは、自分がやっていた営業の仕事を引き継いでくれる後任の方に。
この方に、に感謝と激励をすることです。

自分が持っていた仕事をやってくれるわけですから、まずは感謝です。

そして、場合によりけりですが、後任が「なんだか自分が後任で自信がない。」と話す場合もあります。

こういった場合には「君なら出来る!ぼくが出来たんだから!」と激励をすることも大切かも知れません。

後任との信頼関係は重要です。
じぶんが行きたくなくて辞める。
その後を引き継いでくれるわけですから。
だってじぶんがルート営業行きたくないといって辞める後を継いでくれますからね!

2.ルート営業行きたくない!辞める時には営業を周るスケジュール管理

ルート営業行きたくない!
でも、引継ぎの際には行きましょう!
行きたくないと思っていたルート営業も、これで最後ですよ。
営業の引き継ぎはどうしても「人に会って後任を紹介する」という場面があります。

なかなかすべてはまわれないかも知れませんが、優先順位をつけて重要な方からアポイントの話をします。

この際のスケジュール管理は自分の仕事です。

綿密すぎるほど、スケジュールは立てておくッ!
これも最後の仕事になります。

3.ルート営業行きたくない!辞める時には引き継ぎの情報はすべて渡す

営業に限らず引き継ぎには必要なことだと思いますが、自分が持っている情報はすべて渡します。

それは、顧客情報であったり、エクセルデータやワード、パワーポイント等のデータです。

またデータにしていない情報、顧客情報、気をつけなければならないこと等も予めワードの簡素的なものでもいいのでデータにして渡すと、より丁寧です。

また、後任が引き継いだ仕事のことで、どうしても分からない場合には自分に聞けるよう連絡先の交換もしておくと良いです。

実体験から分かりますが、連絡先を交換したからと言っても後任は気を使ってくれます。

必要最小限の連絡ですませることが出来ます。

ルート営業を辞める前には、転職先を確保しておく必要があります。
下記のサービスは無料ですが、転職のプロが親身になって転職をサポートしてくれます。
営業経験があれば、新規開拓営業も出来ますし、興味がある業界のルート営業をすることも出来ますよー。
ぼくもお世話になった時期があります。
最初の面談で目から鱗の情報をもらえたり、じぶんの市場価値が分かったりました。
登録して面談した後は、自動的にメールで求人情報をくれるので手間がかかりません。
転職サービスまとめ
 ぼくも実際に活用させて頂いたサービスです。
 最初の面談で目から鱗の情報をもらえたり、じぶんの市場価値が分かったりました。

 登録して面談した後は、自動的にメールで求人情報をくれるので手間がかかりません。
 営業職に特化した新サービスッ!!
 営業職特化なのでレアな求人、非公開求人も期待できますねー!
 ぼくとしては、残業がない営業職が一番コスパ良いと思うんですよ。
 自由度も高い、年収も高い、これに残業なしなら最高ですよね。
 ぼくも経験がありますが、正直、最高です。

ということで【ルート営業行きたくない!辞める!引き継ぎでやること。でした。

またブログ書きます。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です