営業の話し方のちょっとしたコツ5個!!

本当にちょっとしたコツですが、営業の話し方のコツをお伝えしたいと思います。
ぼくは正社員の営業マンとして勤務させて頂いたことがあります。
内気で人見知りな営業マンでした。
その中でも工夫をしながら、なんとかやってきました。
このブログが現職でぼくと同じく内気な営業マンや、営業の職種に興味を持っている、または営業への転職を考えていらっしゃる方に少しでも何かの参考になれたら幸いです。
あくまで、個人的な意見です。
見出し
1.営業の話し方にはコツがあります
2.営業の話し方コツ①話すより聞く
3.営業の話し方コツ②内容より表情
4.営業の話し方コツ③相手のテンション、スピード
5.営業の話し方コツ④相手のメリット・デメリットを伝える
6.営業の話し方コツ⑤演じる
7.営業の話し方コツまとめ
スポンサーリンク

1.営業の話し方にはコツがあります

営業の話し方にはコツがあります。
営業は先天的な性格で、向き不向きがあるという考え方もあるようです。それは、否定は出来ません。
しかしながら、営業も他の職種と同様、技術やノツハウ、ちょっとしたコツを知ることによって営業の技術を向上させ成長することは出来ます。
営業は、人とのコミュニケーションの中で仕事をします。
日常的に話すことをしているので、話すことは営業にとって切っても切れない関係にあります。
日頃から人と話すことが苦手と感じている方でも、ちょっとした心がけやコツで営業が楽しく感じる場面はあるはずです。
もともとぼくも話すことが苦手でしたが、営業マンとしてコツややり方を学びながら何とかやって来れました。
ぼくが内気な営業マンとして実践してきた、話し方のちょっとしたコツを5個に別けて紹介します。
営業は、正解がその状況や相手によって全く違ってきます。
そして、営業のいいところは、必ずしも100点じゃなくても、いいところです。

2.営業の話し方コツ①話すより聞く

話し方のコツと言っておいて、のっけから「聞く」という真逆のことを言ってます。
でも、これってちょっとした営業のコツなんです。
営業の仕事は、「売るために製品PRをバリバリする」と思われがちですが、その製品のことはお客さんの方でもネットを調べればいくらでも知ることが出来ます。
お客さんの方が、営業マンよりも製品に詳しいという場面も珍しくありません。
ぼくが実践していたのは、事前の準備です。
あらかじめ、必用最小限の伝えること、聞くこと、質問を考えておきます。
覚えきれない場合は、それをメモ帳に書いていました。
それさえ話すことが出来ればいいので、余計なことはしゃべらないようにしていました。
相手に話してもらう。
それに、適度な相槌やリアクションを取ることで、相手のニーズを聞き出すことに注力していました。

3.営業の話し方コツ②内容より表情

話すことが苦手っていうのは、生活の中では支障をきたす場面もあります。
ですが、こと営業においてはそれは関係ありません。
話している内容よりも、表情やしぐさだったり、そういったボディランゲージの方がわかりやすく伝わるからです。
ですので、ぼくは話の内容よりも
「相手にとってメリットがあると思ったら明るい調子で」
「謝る時は、本当にテンションを落として」
という風にしてきました。
出来る限り、見た目で相手に理解してもらうように努めていました。

4.営業の話し方コツ③相手のテンション、スピード

これは、自分が話すテンションや、話すスピードを相手に合わせるという方法です。
例えば、相手が落ち込んでいて話すスピードがゆっくりな時は、自分も声のテンションを落として話すスピードも遅くする。
相手が明るい調子で話しかけてきた時は、自分も声のテンションを上げて出来るだけ明るくふるまう。
という風にです。
これによって、相手は「自分と同じあるいは近い人」が話しかけてくれていると感じます。
人には、自分と「近い人」は無条件で好きになってしまう傾向があります。
日常生活でも、ちょっとしたコツとして使えますね。

5.営業の話し方コツ④相手のメリット・デメリットを伝える

営業マンですので、製品の特徴やその製品の解説は必要以上はいらないです。
前述もしましたが、お客さんの方が製品に詳しい場合もありますから。
お客さんが知りたいのは、
「自分あるいは会社にどんなメリットがあるか」
「この製品を買って、自分あるいは会社に損はないか?」
ということです。
製品の解説をつらつらと話すより、お客さんがこれを使ってどんないいことがあるか?損することはないか?という話したほうが良いです。

6.営業の話し方コツ⑤演じる

営業の話し方のコツとこれまで書いてきましたが、もう、これにつきます。
「自分はうまく話すことが出来ている」
「自分はスーパー営業マンだ!!」
という自己暗示と、そういうふるまいを心がけること。
それによって、話し方がわからないとか、話すのが苦手とか、案外なんとかなっちゃいます。
これが最大のコツかも知れません。

7.営業の話し方コツまとめ

営業の話し方のコツとして書いてきました。
ぼく自身、内気な営業マンとして会社で勤務させて頂いたので分かるのことがあります。
冒頭でもお伝えしましたが
営業は、必ずしも100点じゃなくて、良いんです。
また、営業の話し方上記のコツは、ぼくだからこそ出来ただけで他の人がしたら全然ダメっていう場合も全然あると思います。
自分なりにやりながら、営業のコツを見つけていくことが大切です。
ということで、ぼくなりの営業の話し方のコツでした。少しでも何かの参考になれば。
転職エージェントサービスに登録をして話を聞くという手もあります。
ぼくは実際に、下記のエージェントサービスを活用した経験があります。
またブログ書きます。
今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。