営業の新入社員がまずやること【実体験ッッ!!】

営業の新入社員がまずやることッ!!
ぼくも営業マンでの新入社員の経験があります。
その時の実体験をもとにこの記事を書いています。
中でも重要な3つだけ紹介したいと思います。
共有しますね。
見出し
1.営業新入社員がやることを3つあげます
2.営業新入社員がやること①目的の明確化
3.営業新入社員がやること②社内で気に入られる
4.営業新入社員がやること③手伝い、勉強、質問
5.営業新入社員がやることのまとめ
スポンサーリンク

1.営業新入社員がまずやることを3つあげます

営業で新入社員になった時、まずやることを3つあげます。
営業は、会社に利益を持ってくることが仕事です。
それは「売り上げ」であったり「ノルマ」「目標金額」といった言葉で表されます。
最終的には、これが営業マンのやるべきことです。
でも、入ったばかりの営業の新入社員にはそれを考える以前にやることがあります。
これだけは、という3つを下記にあげます。

2.営業の新入社員がやること①目的の明確化

営業の新入社員がやること一つ目は、目的の明確化です。
自分が何故、営業をやろうと思ったのか。
これを営業の新入社員はまず考えるべきです。
「お金が欲しい」
「コミュニケーション力をつけたい」
「人と話すことが好き」
「苦手を克服したい」
「出世して偉くなりたい」
様々な動機があると思います。
これが、自分の核となる部分です。
忘れないようにしましょう。
と言うのも、営業の仕事は決して楽ではありません。
くじけそうになる時もこの先、あると思います。
そんな時に、営業をやりたいと思った動機を思い出すことができればモチベーションを取り戻すことが出来ます。

3.営業の新入社員がやること②社内で気に入られる

新人営業マンは何と言っても、社内で気に入られることが営業活動の第一歩です。
営業は、様々な人と直接接する機会が多い職種です。
人に好かれてなんぼといったケースもあります。
社内で好かれていない人が、お客さんに好かれるかというと、疑問が湧きます。
一概には言えませんが。
お客さんよりも、一緒に過ごすことが長いのが社内の人たちです。
自分を売り込むこと。
まずは、社内の人たちと仲良くなること。
これが大切です。

4.営業の新入社員がやること③手伝い、勉強、質問

営業の新入社員は、経験者でない限りは「営業の仕事」はまだまだ出来ません。
数字を持ってくるなんてもってのほか。
その代わりに、上司や先輩の仕事を積極的に手伝ったり、研修がある場合は研修に打ち込みましょう。
新入社員のうちは分からないことだらけだと思うので、質問もガンガンした方がいいです。
新入社員のうちにわからないことを解消しないまま、ある程度年数がたってしまうと分からなくても聞くに聞けない。
今更そんなこと聞くの?なんて後々になって言われないためにも、新人のうちに質問しときましょう。

5.営業の新入社員がやることのまとめ

営業の新入社員がやるべきことを、自分の中、社内で、実務でと3つの場面から紹介してきました。
どれも新入社員にとっては必要なことです。
参考にしてもらえたら幸いです。
ということで、営業の新入社員がまずやること【実体験ッッ!!】でした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒、宜しくお願い申し上げます。
facebook k2777.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。