営業で世間話いらない?定期訪問意味がない?やること無くなる。

営業で世間話いらない?
やること無くなるッ!!
定期訪問意味がない?
やることなくなるッ!!
ただ売るのはAIがやってくれます。
ただ売るだけの営業はいりません。
見出し
1.ただ売るだけの営業ならAIに任せられる
2.世間話いらない?定期訪問意味がない?やることはニーズを聞くこと
スポンサーリンク

1.ただ売るだけの営業はAIに任せられる

営業に世間話いらない訳ないです!
営業には世間話も必要ですよー。
現代は情報が溢れているので、いい製品はお客さんが勝手に買います。
更に、ただ売るだけであれば営業職のAIがやってくれるようになります。
物を売るというのは、それなりのセールストークであったりクロージングのコツ等はあります。
でも、やることは非常にシンプルです。
膨大な顧客データベースを瞬時に解析できるAIはその能力に長けています。
この10年20年では実現しないかもしれませんが、AIがセールスマンになってくれる時代は来ると思います。
ただ売るだけの営業は営業職のAIがやってくれるようになります。
そうなった場合、ただ売るだけの営業職の人は職を失うことになります。
そこで大切なのは「人が得意なこと」にフォーカスすること。
データ処理、記憶はコンピュータの営業職の方が得意です。
でも、人の気持ちを想像したり、言葉の裏の意味を読んだりすることは人の営業職の方が優れています。

2.世間話いらない?定期訪問意味がない?やることはニーズを聞くこと

営業には世間話がいらないという意見も一部あります。
また、定期訪問は意味がないという意見も。。。
本当にそうでしょうか。
定期訪問をして世間話をすることこそ、人間の営業でしかできないこと。
人によりますが、ただセールスをされるより親近感がわくはずです。
大切なのは世間話そのものではありません。
売る以外に営業の仕事は沢山あります。
その一つが、お客さんのニーズを聞き出すこと。
世間話を皮切りに
「実は。。。」
と本音を話してくれるようになるのを目指すこと。
ニーズを聞き出してお客さんの問題を一緒に解決する営業マンが求められます。
お客さんの隠れたニーズを、言葉尻や仕草、表情から読み取る。
この能力は、AI、コンピュータよりも人の方が優れています。
さらに、単純接触回数が多ければ多いほど、人は、人に親近感を持つといわれています。
現段階でですが、営業マンは給料水準が高い。
給料が高いというのは素晴らしいですよー。
ゆくゆくは、じぶんのビジネスで生計を立てるとしても。
余剰金で自己投資が出来るッ!!
万が一、今の給料水準に納得していない方は、下記にお問合せ下さい。
特化しているので、的確な情報を貰えますよー。
転職サービスまとめ
 ぼくも実際に活用させて頂いたサービスです。
 最初の面談で目から鱗の情報をもらえたり、じぶんの市場価値が分かったりました。

 登録して面談した後は、自動的にメールで求人情報をくれるので手間がかかりません。
 営業職に特化した新サービスッ!!
 営業職特化なのでレアな求人、非公開求人も期待できますねー!
 ぼくとしては、残業がない営業職が一番コスパ良いと思うんですよ。
 自由度も高い、年収も高い、これに残業なしなら最高ですよね。
 ぼくも経験がありますが、正直、最高です。
ということで、営業で世間話いらない?定期訪問意味がない?やること無くなる。でした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です