【路上ライブで使い続けたいアンプ】Roland CUBE Streetの魅力3つ~ボーカルとギター、マイク2本も可能~

路上ライブで使い続けたいアンプを紹介します。
ぼくは、実際にRoland CUBE Streetを使って路上ライブを経験しました。
ボーカルアンプ+ギターアンプ!
路上用機材を探している方ッ!
Roland CUBE Streetは路上ライブに、おすすめッ!
見出し
1.路上ライブの機材 アンプおすすめはRoland CUBE Street
2.おすすめ路上ライブ用アンプRoland CUBE Streetの特徴3つ
3.路上ライブ用アンプRoland CUBE Street特徴①電池駆動
4.路上ライブ用アンプRoland CUBE Street特徴②ギター+ボーカルマイク
5.路上ライブ用アンプRoland CUBE Street特徴③エフェクトが多彩
6.アンプとマイクセットで路上ライブ機材を揃えました
7.路上ライブのボーカルマイクは?
スポンサーリンク

1.路上ライブの機材 アンプおすすmはRoland CUBE Street

路上ライブでのアンプは、Roland CUBE Streetをおすすめします。
路上ライブをしているミュージシャンには、もはや「定番」と言っていいほどのアンプですよー。
ボーカルアンプとしても使えますし、楽器+マイクのアンプとしても使用可能ッ!!
路上ライブをするミュージシャンにとっては必須のアイテムと言えるでしょう。

2.おすすめ路上ライブ用アンプRoland CUBE Streetの魅力3つ

おすすめ路上ライブ用のアンプ Roland CUBE Streetの魅力についてです。
すぐに路上ライブを始めることが出来るッ!
これが最大の魅力ですねーッ!!
Roland CUBE Streetの魅力。
①電池駆動なので手軽
②マイク + ギター or AUX、これ一台で路上ライブが出来る
③エフェクトが多彩なので面白い
下記に詳しく魅力を紹介していきますねー。

3.路上ライブ用アンプRoland CUBE Street魅力①電池駆動なので手軽

まず、電池駆動についてです。
これが路上ライブ用アンプ CUBE Streetの最大の魅力です。
単3乾電池 6本で、最大15時間も稼働ッ!
めっちゃ持つやん!
路上ライブで通常のアンプを使うとなったとします。
その場合、どうしても電源が必要になり、でっかい発電機とか、他の機材も必要になってしまいます。
メッチャ重そーですよね。
発電機って。。。
よく屋台のテントの横にあるうるさいやーつ。
あれを持ち運ぶのってすごくつらそう。。。
CUBE Streetならこれ1つで音が出せます!
予備の電池を持っていくにしても、単3乾電池 6本なので全くかさばりませんよ。
手軽に路上ライブをやりたいミュージシャンにおすすめ!
機材のことを心配する時間を、楽曲やパフォーマンスを練る時間にしましょ!

4.路上ライブ用アンプRoland CUBE Street魅力②ギター+ボーカルマイクでこれ一つで路上ライブ可能

ボーカルマイク + ギター or AUX が出力出来ます。
ギターかiPhoneとかの音楽を流したりとか出来ます。
特筆すべきは、ボーカルマイクとギターもしくはAUXがそれぞれ独立している点です。
個々にヴォリューム、音質調整等が出来るのは嬉しいですねー。
マイク2本にも対応してます。
2人で路上ライブする際も使うことが出来ますねー。

5.路上ライブ用アンプRoland CUBE Street魅力③エフェクトが多彩で楽しい

エフェクトが多彩なところも魅力です。
音作りって楽しいッ!
マイクには、ディレイ、リバーブをかけられます。
ギターには、あらかじめエフェクト機能が付いています。
ぼく個人的な話ですが、ライブハウスで演奏する際はJC-120(JAZZ CHORUS)を使っています。
このCUBE Streetで馴染みのJC CLEANも再現できるのがすごく嬉しいポイントです。
(マニアックか。。。w)
この他にも、アコースティックシュミレーターもついています。
ギタリストとしても大満足のCUBE Streetッ!
何と言っても楽しいッ!

6.アンプとマイクセットで路上ライブ機材を揃えました

7.路上ライブのマイクは?

ボーカルマイクの定番はSHURE / SM58ではあります。
でも、実際に上記のボーカルセットマイクでも問題はありませんでした。
もしこだわりたいという方はド定番のSHURE / SM58を購入してもいいかも知れません。
Roland CUBE Streetはこの先もずっと使い続けたい路上ライブ用アンプです。
ということで、【路上ライブで使い続けたいアンプ】Roland CUBE Streetの魅力3つ~ボーカルとギター~でした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
路上ライブおすすめ記事
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です