路上ライブの機材持ち運びのキャリーカート1選ッ!ズバリこれッ

路上ライブの機材といえば、アンプや楽器だと思います。
機材持ち運びのキャリーカートも慎重に選びたいですよねー。
 
路上ライブの機材運び1選をご紹介します。
 
ズバリこれ1択
ぼくが実際に使った路上ライブ用機材の持ち運び用のキャリーカートッ!
 
見出し
1.路上ライブ機材持ち運びのキャリーカート1選
2.路上ライブ機材持ち運びに使ってみて
3.路上ライブ機材持ち運びでのメリット
4.路上ライブにおける注意点
5.路上ライブ機材持ち運びにおすすめキャリーカート
スポンサーリンク

1.路上ライブ機材持ち運び用キャリーカート1選ッ!

路上ライブ機材持ち運びには、ズバリこれッ!!
 
 
山善/YAMAZEN
ガーデンマスター 折りたたみ式ハンドキャリー GT-50W
シルバー キャリーカート キャリンググッズ
ホームキャリー 台車
 
 
ぼくが路上ライブをしていた時、機材持ち運びで実際に使っていたキャリーカートです。
重宝していましたよー。
 
 
 
とにかく機材運びに便利ッ!
 
下記には、実際に機材を運んだ際の感想を展開しています。

2.路上ライブ機材持ち運びに使ってみて

このキャリーカートは、路上ライブ機材運び用とは謳っていません。
主に、アウトドア、バーベキュー等に使われることを前提として制作されたようです。
このYAMAZEN ガーデンマスター GT-50W
路上ライブの機材の持ち運びにちょうどいいんです。
実際に購入し、路上ライブの機材持ち運びに使ってみた感想を下記に共有しますね。

3.路上ライブ機材持ち運びにおけるメリット

◆とにかく丈夫で安定している
 キャリーカートって、安価なものは結構あると思うのですが
 ちゃちいのはすぐ壊れて、
 実際に、キャリーカートが壊れてしまって機材を苦労しながら手で持って帰ってる。
 そんな惨劇も目撃したことあります。。。
 このYAMAZEN ガーデンマスター GT-50Wは丈夫なのでその心配はありません。
  
◆底板が幅40×奥行41なので広々
 CUBE STREET + 物販や楽譜を入れたバッグ + 折り畳み譜面台(MS-1AL/BK)をまとめて運べる 
◆コンパクトに折りたためる
 折りたたむと 幅38×奥行6 高さ64
 路上ライブ中にもすっきりと見せられるし
 部屋に置く際にも邪魔になりません。

4.ガーデンマスターの路上ライブにおける注意点

◆止まった状態から歩き出すのにちょっとしたコツがいる
 これは、YAMAZEN ガーデンマスター GT-50Wに限らず、
 キャリーカートだと同じようなデメリットだと思うのですが
 ほんの一寸、コツがいります。
 といっても、そこまで難しくなく2、3回練習すれば大丈夫です。
 混んでいる電車の乗り降りの際、
 慣れていないと周りの人に迷惑をかけてしまう可能性が。。。
 ぼくはいきなりYAMAZEN ガーデンマスター GT-50Wで電車に乗って、
 しかもその電車が結構混んでたので
 邪魔になってしまい、失敗しました。
 自宅や近所で2、3回は練習してから街に繰り出すのがいいと思います。

5.路上ライブ機材持ち運び用におすすめキャリー

今回ご紹介した
YAMAZEN ガーデンマスター GT-50Wは、Amazonでも楽天でも買うことが出来ます。
 
 
 
Amazonプライムに登録してから買うと、さらに便利に買うことができますよー。
機材運びのやーつ、今日ほしいッ!
というわがままな要望もAmazonプライムならかなえてくれます。
また、キャリー以外にも路上ライブで必要になる機材ってあると思います。
下記にも、今回と同じく実体験をもとにまとめています。
是非、ご覧いただけますと幸いです。
 
 
 
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
 
あと、実際に使ってみて「路上ライブで使い続けたいな」と思ったアンプは下記です。
 
 
 
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です