展示会ブースでの営業のコツ「呼び込みはパクる」「名刺交換はゲーム」営業マンがやること

展示会の営業方法は、様々なパターンがあります。
この文章では、展示会ブースでの営業のコツ
「呼び込みはパクる」
「名刺交換はゲーム」
といった、実用性があり営業マンがすぐに実践できる内容をまとめました。
見出し
1.展示会をちょい経験した営業マンがやること
2.展示会ちょい経験 営業方法のコツ①先輩の行動をパクる
3.展示会ちょい経験 営業方法のコツ②呼び込みとセールスの練習してみる
4.展示会ちょい経験 営業方法のコツ③名刺集めゲーム
5.展示会ちょい経験した営業マンがやることまとめ
おすすめ記事
スポンサーリンク

1.展示会をちょい経験した営業マンがやること

新人の営業マンとして、はじめての展示会はなんとか乗りきった。
何回か展示会も経験したけれど、まだまだ経験不足を感じる。
そういった状況の営業マンの方に、レベルアップのちょっとしたコツをお伝えします。

2.展示会ちょい経験 営業方法のコツ①先輩の行動をパクる

これは、効果的です。
営業にはノウハウがなく、個人のやり方に任されていることが多いです。
それは、展示会開催中も同じです。
マニュアルがないのであれば、参考になりそうで、こうなりたいと思う先輩の真似をしましょう。
幸運なことに複数いらっしゃる場合は、それぞれの良いところをミックスすると更に良いです。
それは、お客さんに話す内容であったり、話し方であったり、動きでもあります。
分かりやすいのは、話の内容やフレーズでしょうか。
どういう風にお客さんに話しかけているのか?といったところも、参考になります。

3.展示会ちょい経験 営業方法のコツ②呼び込みとセールスの練習してみる

はじめての展示会では終えて何度目かの展示会になると、裏方の仕事だけではなく徐々ににお客さんと話す機会も増えてきます。
このタイミングで思いきって、呼び込みとセールスの練習をしてみましょう。
展示会の場を借りて、思い切りセールスのコツを習得させてもらう気持ちで。
展示会におけるセールス、通常の営業活動との違いはすぐそばに経験がある先輩が居てくれることです。
お客さんからの思いもよらない質問や突込みがあった場合はすぐに先輩に助けてもらうことが出来ます。
もし、展示会で自分で成約が出来れば、その後の大きなモチベーションにも繋がります。
通常の展示会ブースの呼び込み、自社製品PR、企業PRの他に、セールスをしてみるというのも、展示会ちょい経験したタイミングが良いです。
理由は、まだ新人ということで多少の失敗は許して貰えますし、周りに助けて貰えるからです。

4.展示会ちょい経験 営業方法のコツ③名刺集めゲーム

展示会をちょい経験すると、自分のやるべきことが見えてきます。
それは、カタログを運んだり、ブース内を綺麗にしたり、はたまたPRをしているのが合っていたり。
展示会の運営で必要なことは様々ありますが、展示会のもうひとつの目標は名刺を集めることです。
その名刺の中から、どれだけ新規顧客に結びつけられるかといったところも展示会の仕事に含まれています。
ある程度展示会の経験を積んだら、新規顧客に結び付きそうな名刺を集めることを意識してみましょう。
有益な話に結び付きそうかというのは、お客さんの雰囲気や話の内容などで判断しますので、そこまで簡単ではないです。
でも、成約に結び付きそうなお客さんと話すことができ、名刺を貰えると小さな達成感を感じられます。
意識するかしないかです。

5.展示会ちょい経験した営業マンがやることまとめ

今回は、展示会は参加したけれども経験が浅い営業マンの方向けに紹介してきました。
自分に余裕ができて、上記のことが出来るようになったら、今度は自分が後輩に目をかけてあげるということもしてあげると良いです。
ちょい経験だけでも、はじめて展示会に参加する子たちの、立派な「先輩」です。
ということで、展示会ブースでの営業のコツ「呼び込みはパクる」「名刺交換はゲーム」営業マンがやることでした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。
おすすめ記事
Facebookページあります。更新情報が届きます。
facebook k2777.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。