荒木飛呂彦先生はイケメンで若い!【男50代】その理由は?

漫画家の荒木飛呂彦先生の年齢は50代。

その若さは定評があり、一部では「石仮面を被り既に吸血鬼なのでは?」と言われたのは記憶に新しいところ。

若いことに、再現性があるのか?

更にイケメンなんですよ。
荒木飛呂彦先生がイケメンで若い理由を考えてみました。

共有しますね。

見出し
1.荒木飛呂彦先生がイケメンで若い理由①あたたかい家族がある
2.荒木飛呂彦先生がイケメンで若い理由②やりがいがある仕事
3.荒木飛呂彦先生がイケメンで若い理由③「波紋」の呼吸法

スポンサーリンク

1.荒木飛呂彦先生がイケメンで若い理由①あたたかい家族がある

荒木飛呂彦先生がイケメンで若い理由を探っていきますよー。

荒木先生には、妻と娘がいらっしゃいます。

あまり家族のことに関しては言及がありません。

ぼくの想像に過ぎないかも知れませんが、荒木家は温かい家庭なのだと思います。

家族がいるからこそ、将来への不安やストレスがないのではないかと思います。

家族がいるからこそ、イケメンで居られる。
そして若い。
理想的なダディじゃあないですかッ!!

2.荒木飛呂彦先生がイケメンで若い理由②やりがいがある仕事

荒木飛呂彦先生のイケメンで若い理由をまだまだ深堀りしていきますよー。
やりがいがある仕事をしているということも、荒木飛呂彦先生が若い秘訣だと思います。
やはり、やらされている仕事だと、自分自身が消耗するだけですしストレスも溜ります。

逆にやりがいの無い仕事をしている人、仕事をしない老害と言われる人たちで、若々しい人をぼくは見たことがありません。

主に、週刊少年ジャンプ、ウルトラジャンプで荒木飛呂彦先生は漫画を描く仕事をしています。

描いた漫画によって子どもたちや青年に夢を与えられる。

非常にやりがいがある仕事だと思います。

更に、メジャー誌の連載でありながら王道ではない。
パクリとかなんやかんや言われた時期もありますが、様々なマンガのテイストを自分なりにミックスしているッ!!
最低限の義務を果たしながらやりたいことをやっていらっしゃいますねー。

3.荒木飛呂彦先生がイケメンで若い理由③「波紋」の呼吸法

ジョジョの奇妙な冒険にはもう一つ若さのキーワードがあります。
それが「波紋」です。
波紋は、呼吸法を身につける事によって、パワーが増大したり、若さを保ったり出来る能力です。

この呼吸を整えるという部分に関しては、誰でも再現性があるものではないでしょうか。

気づいたら深呼吸をする。

吸うよりもはく方が重要なので、はく方により多くの時間をかける。

こういった健康法は昔から既に言われています。

じつはぼくは荒木飛呂彦先生の「ジョジョの奇妙な冒険」の大ファンです。
とくに第五部は一番好きなストーリーですよ。
「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」は毎週録画して見ていたほどです。
漫画は文庫版で揃えてますよー。
ぼくと同じくジョジョ好きの方は、是非Twitterで繋がれたら嬉しいです。
ぼくのアカウントは(@nanofura)です。
何卒ッ!!
またブログ書きます。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です