【自己流】デトックスのやり方は簡単。食べ物を少なく。一日一食と一日三食の食べ物の比較から

体の毒素を出す方法がデトックスと言われる行動です。

ぼくは一日一食と一日三食を両方やってみたことがあります。

そこで見えてきた、自己流のデトックスのやり方を共有します。

必ずしもすべての人に当てはまる訳ではありませんので、参考程度にして下さい。

ぼくはこの方法が自分にあっていると思います。

ちなみにぼくは、176cm、58kgの成人男性です。

見出し
1.自己流デトックスのやり方
2.一日三食満腹の食べ物
3.一日二食か一食の食べ物
4.簡単に体の毒素を出す方法
5.デトックスの効果

スポンサーリンク

1.自己流デトックスのやり方

ぼくなりに、体の毒素を出す、デトックスのやり方を共有します。

それは、一日に食べる食べ物の量を少なくし、飲み物を一寸だけ多くする。

簡単に言うとこれだけです。

上記のツイートに集約されているのですが、食べる量が少ないほど、排出される量が多くなります。

先週、一日三食で腹一杯というのを3日間続けました。

これは、旅行で豪華な料理をお腹いっぱい頂いたためです。

旅行中は排出されませんでした。

今週、旅行で食べ過ぎたなと感じたので、調整のため一日二食か一食にしてみました。

そうすると、かなりの量が排出されることに気がつきました。

消化と排出は同じ酵素を使うと聞いたことがありますが、まさしくこれを実感しました。

つまり、消化に酵素が使われてしまうと、排出するための酵素が残っていない状況というイメージです。

あくまで勝手なイメージですが。

2.一日三食満腹の食べ物

一日三食と一日二食、一食の比較をするために、食べ物を比較してみます。

朝、朝食バイキング、朝食コース料理

昼、こってりラーメン、揚げ物、海鮮丼

夜、コース料理、和食、洋食

ぼくは普段一日二食の人なので、かなり満腹でお腹も珍しく出ていることに気がつきました。

すごく美味しい食べ物でしたし、一緒に旅行した人たちともコミュニケーションもとれて楽しかったです。

食事は栄養素をとる以上に、こういった「楽しくなる」ということの方が重要な気がします。
しかしながら、腹が満腹な状態が続くのは、なかなか慣れませんでした。

3.一日二食か一食の食べ物

次に一日二食か一食の時の食べ物を明記します。

朝、食べない

間食、ブラックコーヒー、チョコ

昼、普通にラーメンとか肉とか食べる、食べそびれた時は食べない

夜、腹が減っていたら食べる、減ってなかったら野菜か海苔、スナック菓子(酒のつまみ)

基本的にぼくは日中、腹を空かせています。

そして、翌日の昼ごはんに何を食べようかと想像しながら眠るのが好きです。

かなり少食と言われることもあります。

4.簡単に体の毒素を出す方法

簡単に体の毒素を出す方法は、やはり排出だとぼくは思います。

よく、デトックスで汗をかくのが良いと言われています。

でも、ぼくは排出、つまり大便こそ、簡単に体の毒素を出す方法だと思います。

イメージですけど、汗なんかよりもズドンと体の不要物を出してくれる気がするじゃないですか。
何となくのイメージですけど。
あと、ぼくはコーヒーとブラックチョコが好きなのですが、朝の時間帯に採ると、朝の時間帯にかなり排出されます。

これも、体質によるのでしょうけど、ぼくにはこの習慣があっていると思います。

5.デトックスの効果

デトックスの一番の効果は、やはり「不要なものをすてて軽くなる」といったイメージでしょうか。

何か自分が健康になったような気になる。

科学的な根拠とかは何もないのですが、気分だけでも自分は健康だと思うと、何か何でも出来る気がしてきます。

また、ぼくは初対面の方にお会いする機会が多いのですが、決まって年齢が若く見られます。

もしかしたら、これもデトックスの効果なのかも知れません。

ということで【自己流】デトックスのやり方は簡単。食べ物を少なく。一日一食と一日三食の食べ物の比較からでした。

またブログ書きます。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

Facebookページあります。更新情報が届きます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です