缶コーヒーは3杯で老ける?毎日飲んだら?デメリット共有!

本ブログ「なのふら」にはプロモーションが含まれています
本ブログ「なのふら」はプロモーションが含まれています

本ブログ「なのふら」はプロモーションが含まれています

缶コーヒーは老ける?

3杯は老ける?

毎日飲んだら?

デメリット共有!

見出し
1.缶コーヒー3杯は老ける?いや、老けないのではないか?!
2.缶コーヒーを毎日飲んで糖尿病になるのは、コーヒーではなく砂糖のせいでは?
3.コーヒーを飲んでるけど老ける様子はありません。
4.缶コーヒーもいいけど紙パックのコーヒーも美味しいです!

スポンサーリンク

1.缶コーヒーは老ける?いや、老けないのではないか?!

缶コーヒー毎日3杯は老ける?

いや、老けないのではないか?!

缶コーヒーが老けると言うのであれば、それは大きなデメリットですね。

ぼくの持論ですが、無糖の缶コーヒーは老けることは無いと思います。

理由は、ぼく自身無糖のコーヒーはよく飲んでいますが至って健康、老けるというよりむしろ若く見られるという実体験からです。

では、なぜ缶コーヒーが老けると言われるのか。

理由を考えてみました。

2.缶コーヒーを毎日飲んで糖尿病になるのは、コーヒーではなく砂糖のせいでは?

缶コーヒーを毎日飲んで糖尿病になるのは、コーヒーではなく砂糖のせいでは?

ぼくの仮説です。

缶コーヒー、コーヒーそれ自体にはさほど害は無いかと思うんですよ。

それよりも、老ける要素というのは、砂糖かと。

砂糖を取りすぎると、体が炎症を起こして老ける要素になるという一説もあります。

断糖高脂質ダイエットと言うのがあります。

金森さんが痩せたという実体験を通して、広まっていますね。

断糖高脂質ダイエットは、糖分を断って脂質を積極的に摂るというもの。

簡単に言うと、甘いのやビール、白米やデンプンと言った糖質が含まれるものを取らず、肉や卵、魚と言った脂質が多く含まれるものを食べるというものです。

お酒はハイボールならOKということ。

ハイボールはビールやワインと違って糖質が少ないです。

糖質を採っていない。

実践されている方々は若々しいことに気づくはずです。

ここに当てはめてみると、コーヒーそれ自体はOK。

缶コーヒーの微糖、甘いカフェオレ等の砂糖が入っているコーヒーは飲まないということですね。

更に、ぼくの周りに居た人の傾向を思い出してみます。

毎日のように缶コーヒーの甘いカフェオレを飲んでいる人は、肥満。

炭酸水でも甘い味の炭酸水を毎日飲んでいる人も、肥満。

肥満だと老けて見えます。

缶コーヒーとひとくくりにせず、缶コーヒーの種類で考える必要があります。

無糖の缶コーヒーであればOK。

砂糖が入っているコーヒーはリスクあり。

そんな風に分けることで、ますます健康への理解は深まって行きそうです。

3.コーヒーのデメリットを体験として共有

コーヒーはメリットがあります。

リラックス出来たり、気分を変えたり。

でも、コーヒーにもデメリットありッ!

コーヒー好きのぼくが感じたデメリットは下記2つです。

・コーヒーのデメリット①空腹時頭が冴えすぎる
・コーヒーのデメリット②頻尿

コーヒーのデメリット1つめは、空腹時頭が冴えすぎることッ!

すごくお腹が空いている時のコーヒーは、頭が冴えすぎますし、時々頭痛もします。

空腹だと、口に入れたものを全力で吸収しようとします。

だから、カフェインが過剰に体内に吸収されてしまう。

カフェインの過剰摂取ですね。

体内のバランスが崩れると、やはり体は危険信号を出すようになります。

空腹の時にはせめて、コーヒーは1杯にとどめるようにしています。

コーヒーのデメリット2つ目は、頻尿です。

コーヒーは利尿作用があるので、適度にならOKかと思います。

脱水症状にならないため水分も一緒に補給するのが良いかと。

あと、これは気のせいかもしれませんが、大きい方も出やすくなるかと。

コーヒーは、デトックス効果があるというのを聞いたことがあります。

便秘にはコーヒーかんしょうというのも、聞いたことがあります。

かんちょうとは行かないまでも、飲むことでも便秘は解消されるかもですねー。

4.缶コーヒーもいいけど紙パックのコーヒーも美味しいです!

缶コーヒーのメリットとデメリットを理解した上で、コーヒーを飲むというのは良いかも。

缶コーヒーもいいけど、紙パックのコーヒーも美味しいですよー。

ホテルに宿泊した翌日。

朝早くホテルのコーヒーを飲むと頭がスッキリします。

そんなイメージを思い出させてくれるのが下記です。

まるでホテルの早朝です。

他にも美味しいコーヒーを見つけたら共有しますねー。

またブログ書きます。

何卒、宜しくお願い申し上げます。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました