ニセ医学に騙されないために〜内科医NATROM著を読んだ感想〜内科医が、事例とネットの情報を駆使してアドバイス!

「ニセ医学に騙されないために」NATROM著(@NATROM)
♦読みました。
♣良本!
🍜後で感想を共有しますね。」
ということで感想を共有します。
見出し
1.日本人は薬漬け?で引き込まれる!!
2.「抗がん剤で殺される」を内科医の立場から否定
3.まんべんなく色々な食物を食べること!これ真理
4.事例とネットの情報を駆使して騙されるのを防ぐ
スポンサーリンク

1.日本人は薬漬け?で引き込まれる!!

ぼくは薬をまったく飲まない人なのですが「日本人は薬漬け」というのは聞いたことがあります。
現に、ぼくの周りで薬を10種類以上飲んでいる方はいつも体調が悪そう。
だけど、実際にはデマだということが、世界各国との比較、統計をもとに証明されています。
薬は必要であれば悪ではない。
そういったことを思いました。
それにしても、このキーワードのパワーはすごい。
一瞬でこの書籍に引き込まれてしまいました。

2.「抗がん剤で殺される」を内科医の立場から否定

抗がん剤で殺されるというのも聞いたことがあります。
がん細胞を細かくするだけで、治療をしているとは言えない。
抗がん剤ではなく、砂風呂とりんごキャロットジュースのみのデトックスで完治する。
そんな事例も聞いたことがあります。
これについては、ぼくはがんは身近ではないので分かりませんが、無条件に抗がん剤はダメ!と決めつけるのも良くないと感じました。

3.まんべんなく色々な食物を食べること!これ真理

がんになりにくい食生活は、まんべんなく色々な食物を食べることと紹介されています。
Great !!
ぼくはこれについては超賛成。
糖質制限とか、カロリー制限とかではなく、主食とか副菜とか区別しない。
バランス良く色々な物を食べる。
そして、酵素サプリのコマーシャルに騙されないという節も印象的でした。
ぼくはサプリもまったく飲みません。
酵素を補うとしたらスロージューサーで作った野菜くだものジュースです。

4.事例とネットの情報を駆使して騙されるのを防ぐ

この書籍には、上記の他にも
・血を抜いてもデトックスにならない
・オーリングテストは非科学的
・水素水、アルカリイオン水は根拠がない
・フードファディズム(何なにが体に良いと言われてそればかり食べる、体に悪いと言われてそれを過剰に避ける)の虚無さ
・マクロビオティックは成長を遅れさせる
・血液型ダイエットは根拠がない
・健康食品にはリスクがある
・健康グッズは効果なし
上記のような「知っておいて損はないこと」を知ることが出来ます。
やるかやらないかは、結局はじぶん次第。
ぼくも、ここに書かれたすべてを鵜呑みにはしません。
情報は参考として、自分に合いそうなものだけ試していきます。
書籍はこちら

ということで、ニセ医学に騙されないために〜内科医NATROM著を読んだ感想〜内科医が、事例とネットの情報を駆使してアドバイス!でした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
Facebookページあります。更新情報が届きます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です