IT営業は必要です。不要ではなく役割が変わっただけ。

IT営業マンは必要です。
どんなにITのテクノロジーが発達しようが、自動化が進もうが、IT営業マンは不要となることはありません。
その理由をお伝えします。
見出し
1.IT営業は笑える
2.IT営業は分かりやすい
3.IT営業は考える
スポンサーリンク

1.IT営業は笑える

IT営業マンは笑ったり、泣いたり、怒ったり、三大欲求に忠実だったり、人間味があります。
どんなにIT化が進んでも、それは手段が便利になるということに過ぎません。
仕事は人と人との繋がりが大前提であるということはこの先も変わりません。

2.IT営業は分かりやすい

IT営業マンは難しいことは苦手ですが、難しいことをシンプルに置き換えて伝えるという能力があります。
技術者、AI技術とユーザーの中間に立ち、ハブになって双方のコミュニケーションを円滑にします。

3.IT営業は考える

IT営業マンは考えることが得意です。
時には間違った判断をしたり、見きり発車をしてしまうこともあります。
でも、それが経験として残ります。
次の世代が同じようなことで失敗をしないようにシェアすることが出来ます。
IT営業マンはなくなりません。
ということで、IT営業は不要じゃない!役割が変わっただけ。でした。
この記事を読んで、もし営業という職種に興味を持たれた場合。
転職エージェントサービスに登録をして話を聞くという手もあります。
ぼくは実際に、下記のエージェントサービスを活用した経験があります。

またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
Facebookページあります。更新情報が届きます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です