営業スタイルの種類~枕営業、御用聞き営業から提案営業、ソリューション営業、スマート営業(仮)まで~

営業スタイルの種類を、分かりやすく解説し、そのメリットとデメリットをお伝えします。
一口に営業と言っても色々あるんですね。
ここではぼくが経験したことがある営業やこれからの営業のことを5つに絞ってみました。
本当は、営業スタイルはこれ以上にいっぱいあります。
現役営業マンの方々の、営業スタイルのヒントになれると幸いです。
見出し
1.御用聞き営業
2.提案営業
3.枕営業
4.ソリューション営業
5.スマート営業(仮)
スポンサーリンク

1.御用聞き営業

お客さんの所に行って「こんにちはー。何か注文ないすかー?」っていう営業スタイルをご用聞き営業と言います。
メリットは、取り合えず営業頑張ってる風に見えること。
デメリットは、使いパシり感半端ないこと。

2.提案営業

「これをこういう風に使ってもらえたら他社よりメリットあります。」と言う営業スタイルを提案営業と言います。
メリットは、企画力が鍛えられること。
デメリットは、他社との競争に巻き込まれること。

3.枕営業

「一晩相手するから仕事や契約ちょーだい」というのが枕営業です。
メリットは楽なこと。
デメリットは病むこと。

4.ソリューション営業

お客さんに「問題解決のために一緒に考えて、少しでも問題を減らしましょー」という営業スタイルをソリューション営業と言います。
メリットは、お客さんに感謝されること。
デメリットは、要する時間や手間がすごくかかること。

5.スマート営業(仮)

ソリューション営業の発展型で、最新の技術や発明を利用して課題を解決していく営業スタイルをスマート営業と名付けました。
たった今!!
ですので(仮)です。
スマホやクラウド、AI、ロボットを活用してスマートに営業だけをするスタイルです。
メリットは楽しいこと。
デメリットは上の世代に理解されない可能性があること。
ということで、営業スタイルの種類~枕営業、御用聞き営業から提案営業、ソリューション営業、スマート営業(仮)まで~でした。
この記事を読んで、もし営業という職種に興味を持たれた方へ。
転職エージェントサービスに登録をして話を聞くという手もあります。
ぼくは実際に、下記のエージェントサービスを活用した経験があります。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
Facebookページあります。更新情報が届きます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。