ダメ営業マンが上司の時の対処のコツ!苦労した実体験

ダメ営業マンが上司の時のコツ!!
苦労した実体験!
ぼくは、売れないダメ営業マンが上司で苦労した経験があります。
対処法、コツも合わせて共有します。
見出し
1.ダメ営業マンが上司の時のコツ!①真に受けない
2.ダメ営業マンが上司の時のコツ!②聞き流す
3.ダメ営業マンが上司の時のコツ!③環境が変わるのを待つか、環境を変える
スポンサーリンク

1.ダメ営業マンが上司の時のコツ!①真に受けない

ダメ営業マンが上司の時のコツ1つ目は、真に受けないことです。
売れない、仕事が出来ない営業の言うことを聞く必要はありません。
言われたことを真に受けない。
スルーする。
イラッとして反応してしまったら、じぶんもダメ営業として同じレベルになってしまいます。
仕事が出来ない人と同じ目線に立つことがないように。
真に受けず、スルーが一番です。
ダメ営業の人の相手をしているほど、時間はありません。
じぶんの仕事をするためにッ!

2.ダメ営業マンが上司の時のコツ!②聞き流す

ダメ営業マンが上司の時のコツ2つ目は、聞き流すこと。
仕事が出来ない人の言うことは聞き流す。
恐らく、上司自身も売れなくてストレスを抱えていると推測されます。
そのストレスによって、心にもないことを言ってしまったり、理不尽なことを言ってしまうというのも想像が出来ます。
だから、スルー。
対等に話していては、じぶんも仕事が出来ないダメ営業の一人になってしまいます。
ダメ営業は感染します。
思考や行動パターンを間違っても寄せないようにッ!

3.ダメ営業マンが上司の時のコツ!③環境が変わるのを待つか、環境を変える

ダメ営業マンが上司の時のコツ、3つ目です。
それは、環境が変わるのを待つか、環境を変えること。
ぼくの場合はラッキーでした。
というのも、売れない営業で仕事が出来ない上司は当然部署移動になりました。
その結果、仕事での関わりがなくなったッ!!
会社としても、仕事が出来ないというのを察知していたらしく部署移動されたんですねー。
ぼくとしてはラッキー!
すごく働きやすくなりましたよ。
でも、ぼくとしてはなぜダメ営業マンを、新人であるぼくの上司にしたのかというのは会社に対しての疑問です。
人足りてなかったんだな。
ぼくはたまたまラッキーでダメ営業マンの人がどこかへ行きました。
でも、みんながみんな、そうではないと思います。
仕事が出来ないダメ営業の上司と、この先ずっと一緒に仕事をしなければならないと察知した時は抜け出しましょう。
じぶんで環境を変える。
転職です。
仕事が出来ないダメ営業マンの上司の下についていては、じぶんの営業力も低下することになりかねません。
会社は1つではないッ!
更に、仕事の本質は誰かの役に立つことです。
ひとつの会社での評価ではなく、「何処に居ても通用する仕事力」がだいじ。
変化の時代でますます重要になってきます。
ぼくもこのサービスを活用したことがありますが、目から鱗の情報をもらった体験。
じぶんの市場価値を再確認できた体験があります。
売れない、仕事が出来ないダメ営業マンに振り回されるなら、ちゃちゃっと転職しちゃいましょう。
全然簡単ですよ。
転職サービスまとめ
 ぼくも実際に活用させて頂いたサービスです。
 最初の面談で目から鱗の情報をもらえたり、じぶんの市場価値が分かったりました。

 登録して面談した後は、自動的にメールで求人情報をくれるので手間がかかりません。
 営業職に特化した新サービスッ!!
 営業職特化なのでレアな求人、非公開求人も期待できますねー!
 ぼくとしては、残業がない営業職が一番コスパ良いと思うんですよ。
 自由度も高い、年収も高い、これに残業なしなら最高ですよね。
 ぼくも経験がありますが、正直、最高です。
ということで、ダメ営業マンが上司の時の対処のコツ!苦労した実体験でした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です