ルート営業ネタがない話すことがない!セールスきつい理由と対策

ぼくはルート営業をやったことがあります。
 
ルートセールスをやっていて話のネタがない時、話すことがない時、訪問理由ないなーなんて思った時もあります。
 
実体験から、話のネタがない等「ルート営業きつい理由」お伝えッ!
 
訪問理由、ネタ、ルート営業のコツッ!
 
 
見出し
1.ルート営業できつい理由と対策、コツを5コあげてみる
2.ルート営業きつい理由①お客さんを選べないし訪問頻度はそれぞれ
3.ルート営業きつい理由②話すことがない、訪問理由がない
4.ルート営業きつい理由③訪問するのに飽きてくる
5.ルート営業きつい理由④上司や同僚とも面識がある
6.ルート営業きつい理由⑤作成書類が多い
7.ルート営業きつい理由と対策まとめ
スポンサーリンク

1.ルート営業のきつい理由と対策、コツを5コあげてみる

ルート営業きつい!
 
ルートセールスきつい!
 
そう思っている方へ。
 
ルート営業は、訪問頻度、効率よく周る等、営業のコツはあります。
 
訪問頻度や効率的に周れるようになると、ルート営業も楽しくなってきますよ。
 
ルート営業の市場価値については、そこまで高くはないかと。
 
でも、ルート営業はノルマきついということもありません。
 
 
時間の余裕も出来て、収入を増やすことも可能ッ!
 
 
あと、ルート営業がつまらなかったらサクッと転職するという手もありますよー。
 
 
 
ルート営業だけが営業の仕事じゃあないッ!
 
 
 
営業としてのじぶんの市場価値を上げるには、新規営業もやってみると良いかもです。
 
ルート営業きついなら、出来ることを増やしましょ。
 
まずはルート営業の派生で、新規営業とか狙い目です。
 
ぼくは実際に、下記の一番上のやつを活用したことがあります。
 
ぼく個人的には営業は楽しいので、よりいい条件の営業職を見つけ出すことが出来ましたよ。
 
営業は、日本ではまだまだコスパも良く給料水準は高いです。
 
(10年先は分かりませんが。。。)
 
何処でも生きていけるっていう自信をつけるため、別会社への転職もありですねー。
 
 
 
転職サービスまとめ
 ぼくも実際に活用させて頂いたサービスです。
 最初の面談で目から鱗の情報をもらえたり、じぶんの市場価値が分かったりました。
 登録して面談した後は、自動的にメールで求人情報をくれるので手間がかかりません。
 
 田村淳さんがイメージキャラクターをつとめるベンチャーセールス。
 20代営業転職に特化したサービスですねー。
 早いうちから転職を経験して適正な市場価値のもとで働きましょう。
 
 
 
下記から、ルート営業のきつい理由と対策、コツを5コ上げてみます。
 
 
 
ルート営業きつい理由①お客さんを選べないし訪問頻度はそれぞれ
ルート営業きつい理由②話すことがない
ルート営業きつい理由③飽きてくる
ルート営業きつい理由④上司や同僚とも面識がある
ルート営業きつい理由⑤作成書類が多い
 
 
詳しくお伝えしますね。
 
ここで、そもそものルート営業とはということについて説明しておきます。
 
ルート営業は、既存顧客に、新しい製品やサービスをご購入頂いて、売り上げをあげるという営業スタイルです。
 

2.ルート営業きつい理由①お客さんを選べないし訪問頻度はそれぞれ

ルート営業は、既存顧客への営業活動になります。
 
つまり、既にお客さんが決まってしまっていて選べない状況。
 
人ですから、自分がどうしても合わないっていうタイプのお客さんも居ると思います。
 
 
合わない人にも、継続的に訪問や商談をしなければなりません。
 
 
更に、訪問頻度についても、お客さんは色々なタイプの人が居らっしゃる。
 
一概に「この訪問頻度がいい!!」とは言えません。
 
訪問頻度は人それぞれです。
 
訪問頻度を上げたからと言って、必ずしも相手が心地よいとは限りません。
 
 
また、こちらのテンションも重要ッ!
 
 
「行きたくない」のに無理して訪問頻度を上げていたりすると、モチベーション下がりますよね。
 
それが表情とかに現れちゃってたりすると目も当てられません。
 
相手に「こいつ来たくもないのに顔を出しているな。何しに来てるんだ?!」
 
とも思われかねません。
 
 
どうしても合わない人がルートの中に居る場合の対策は、極力会わないようにする。
もしくは、自分を好きになってもらうようにゲーム感覚で接すること。
 
 
極力会わないようにするコツは色々あると思います。
 
仕事に支障が出ない程度に、極力訪問頻度を減らすとか。
 
その人が確実に居ない時間帯に訪問して、会社内に居る別の方に伝えてもらうとか。
 
しかしながら、その合わない人もお客さんなので定期的には会わなければなりません。
 
自分が「合わない」と感じているということは、相手からも「合わない」と感じられている場合が多いです。
 
「自分を好きになってもらうゲーム」みたいな感じで、ゲーム感覚にしてしまうと一寸だけ気が楽になります。
 
訪問頻度についても同じで、
 
 
「訪問頻度を探るゲーム」みたいに、ギリギリまで訪問しないで会社に電話がかかってくるのを待つという。。。
 
 
スリル満点で試すのも面白いかもしれません。
 
営業の話し方のコツは下記に共有していますよー。
 
 

3.ルート営業きつい理由②話すことがない、訪問理由がない

客先で話すことがないというのは、ルート営業のきつい点の定番です。
 
ルートセールスの場合、定期的に決まった顧客をまわらなきゃいけないので、話すことがないっていう状況にも陥りがちです。
 
また、訪問理由もないのに行かなければならない時。
 
これはきついッ!!
 
 
対策としては、日ごろから話のネタをストックしておくということがあります。
 
 
今はスマホで簡単にニュースをチェックできますので、その時の時事ネタ収集には便利です。
 
新聞の電子版等からその業界の話題をさっと見ておくことも出来ます。
 
そして読書をするというのも、会話の話題が広がります。
 
本を読む時間がない場合は、下記のようなアプリで「本を聴く。」という手もありますよ。
 
 
上記、audibleは、従来の目で読む読書を、耳で聞く読書にしようというアプリケーションです。
 
満員電車の中でも、立ちながらでも、暗闇でも読書をすることが可能ッ!!
 
ぼくも体験しましたが、革新的な体験でしたよ。
 
 
2021年現在は無料体験が出来るッ!!
 
 
ちなみにぼくは満員電車に乗ることはなくなったので、本は紙で読んでいます。
 
読書にも耳派、目派があるようです。
(これ、ルート営業時の話のネタにも使っていいですよ。)
 
また、個人で名刺を作ってみるという手もッ!
 
似顔絵付きの名刺にすることでインパクト大ッ!
 
会社員でありながら複数の仕事をこなす人は、この日本で徐々に増えてくることが予想されます。
 
来る時に乗り遅れないように、準備しとく。
 
名刺の準備だけしとく。
 
あと、自分の得意分野の話でお客さんも興味がある話を調査しておくこと。
 
また、「いや~。こんなに会ってると話すことないですね~。何か話題ふってください。」
 
と冗談で話して、お客さんもそれに乗っかって来てくれることが出来るような、そんな関係性が作れていたら理想ですね。

4.ルート営業きつい理由③訪問するのに飽きてくる

いつもと同じ道順、いつもと同じ順番、いつもと同じ顧客。。。
 
となると飽きてくるのは当たり前です。
 
対策としては、その日の自分なりの目標を立てることをおすすめします。
 
パンフレットを20枚配るとか、最低5本は受注に結び付けるとか、自分なりの目標です。
 
これは、営業に限ったことではありません。
 
 
自分が昨日思いついた面白ネタを多くの人に話すとか、今日は最低5人はこの話で笑わせようとか。
 
 
絶対に今日は、あの町中華に入るとか。
 
今日だけのちょっとした目標があるだけで、昨日とは違った営業の一日になります。
 
あまりにも時間が余ってしまう場合、そんな時は副業ですね。
 
これから日本は税金がどんどん上がっていきますし、年金もあてにならない。
 
死ぬまで働くことになる国ですので、じぶんで稼ぐ力を身につけておく。
 
会社にぶら下がってればいい時代はとうに終わっています。
 
以前のフィリピンがそうであったように、日本から東南アジアに出稼ぎに行くようになるという予想もあります。
 
 
ちんぴょろすぽーんッ!!
 
 
営業時のグッズを揃えておくという手もありですねー。
 
 
 
 
下記には、ぼくの極貧時代 福祉用具の営業だった時にやっていた給料を上げるためにしたことを共有しています。
 
プラスアルファで現在のネットで副業をするという切り口も追記していますよー。
 
 
当時のぼくが知っていればッ!
 
もれなく全て登録していましたよ。

5.ルート営業きつい理由④上司や同僚とも面識がある

ルート営業は既存顧客に定期的に訪問する営業方法です。
 
会社がお客さんを持っているイメージですね。
 
ですので、一人の顧客に対して自分の前の担当、自分の前の前の担当・・・っていうのが社内に居たりします。
 
その顧客と面識があるのは自分だけじゃないんです。
 
きついシチュエーションをあげます。
 
自分が今担当している一人の顧客と合わなくて、自分がミスをしてしまった。
 
そのミスの告げ口を、お客さんから直接自分の上司にされたりすると結構きついですよね。
 
そういった時の対策としては、ミスをしてしまったら上司に報告しておくというのは日常的にしておきましょう。
 
その上で、「あの顧客が苦手」っていうのも伝えておくと良いです。
 
苦手っていうことがミスの直接の原因ではなかったとしても。
 
上司の理解は得られますし、「自分もあの顧客は苦手」という風なこともあり得ます。

6.ルート営業きつい理由⑤作成書類が多い

傾向として、バリバリ契約を取る新規開拓営業は専属営業アシスタントが居て、書類作成はそのアシスタントがやってくれるというパターンが多いみたいです。
 
ルート営業には、営業全体をサポートしてくれる事務は居ても、専属の営業アシスタントは居ません。
 
この違いがあるため、どうしてもルート営業は作成書類が多くなります。
 
これが、ルート営業のきついひとつの理由です。
 
見積り、納品書、依頼書、業務連絡などなど。。。
 
対策としては、ひとつは自分で書類を作る効率を上げるという方法。
 
何も、書類の作成は社内でやる必要はありません。
 
営業中の外回りの際に、スマホやノートPCを使ってちょこっと文章だけ書いておくという方法でも効率は上がります。
 
ふたつ目は、専属とまではいかないまでも「困った時に頼める事務」という人との関係性の構築。
 
一人でも良いですし、複数いたら心強いですね。

7.ルート営業きつい理由と対策、コツまとめ

ルート営業のきつい理由、対策、コツを5コあげました。
 
きつい理由だけではなく、対策も紹介しました。
 
あくまで、いち内気な営業マンが体験したり実践してきたことです。
 
必ずしも全員に当てはまることだけでは無いと思いますが、このブログが少しでも誰かの役に立てると幸いです。
 
本当にルート営業がきついと思ったら、転職をするというのも一つの手ですよ!
 
ほんとーにッ!
 
 
 
日本が停滞、衰退するのは火を見るより明らかですね。
 
新型肺炎の影響で、オリンピックも。。。
 
職も人口もどんどん減っていく。。。
 
転職のハードルがガクンと上がることが予想されます。
 
 
今のうちに行動!ということですね。
 
登録しても、その日に職が決まるわけではありませんから。
 
下記のサービスはすべて無料ですが、転職のプロが親身になってサポートしてくれます。
 
営業経験があれば、新規開拓営業も出来ますし、興味がある業界のルート営業をすることも出来ますよー。
 
最近出てきたサービスも載せておきますね。
 
新しいサービスはそれだけ競争率が低いのは明らかですねー。
 
 
転職サービスまとめ
 ぼくも実際に活用させて頂いたサービスです。
 最初の面談で目から鱗の情報をもらえたり、じぶんの市場価値が分かったりました。

 

 登録して面談した後は、自動的にメールで求人情報をくれるので手間がかかりません。
 
 田村淳さんがイメージキャラクターをつとめるベンチャーセールス。
 20代営業転職に特化したサービスですねー。
 早いうちから転職を経験して適正な市場価値のもとで働きましょう。
 
 
ルート営業自体、きつくて辞めたい場合。
 
今の会社でルート営業をしていても年収が上がる気配すらない場合。
 
じぶんのスキルを他でも試してみたい場合。
 
 
上記に登録してステップアップしましょう。
 
 
また、営業という職種を最大限に活かして副業をしてみるという手もあります。
 
ぼくは福祉関係のルート営業をしたことがあります。
 
実体験をもとに下記の記事を書きました。
 
 
福祉関係でなくても、応用できる内容になっています。
 
今のうちに動いておくと、アフターコロナ、ニューノーマルが到来しても、今と変わらない生活が出来ますねー。
 
 
逆に、今後、日本はどんどん税金も高くなっていき、国全体の経済はゆるやかに衰退していきます。
 
今までと同じ生活は困難になりますよッ!
 
 
ということで、ルート営業ネタがない、話すことがない!営業きつい理由と対策【コツを5コあげてみる】でした。
 
またブログ書きます。
 
今後とも、宜しくお願い申し上げます。
 
 
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です