ニートでもルート営業が出来れば、どんな仕事も出来る。

ニートでも、ルート営業の経験があればどんな仕事だって出来ます。
まずは、ルート営業を!!
正社員の敷居が低い職種こそ、ルート営業ですよー。
ひとつの意見としてお聞きいただけると幸いです。
共有しますね。
見出し
1.ニートでも、仕事の本質は誰かへの貢献と心がける
2.どんな仕事も向こう側には人が居る!ルート営業で体験
3.ルート営業は、自分を売り込むスキルも身に付く
おすすめ記事
スポンサーリンク

1.ニートでも、仕事の本質は誰かへの貢献と心がける

ニートでも心がけたいこと。
仕事の本質は他の誰かへの貢献です。
その誰かとは、直接お客さんというパターンもありますし、勤めている会社や、自分の上司や後輩という場合もあります。
これが実感として理解出来ているかどうかで、仕事の質は変わってきます。
ルート営業は毎日、人と接する機会があります。
色々な人が居ますし、様々な考え方や様々な立場の人と直接向き合うことが出来るので、仕事の本質を身近に感じることが出来ます。
そして、人とのコミュニケーションも経験により次第に自分なりのコツを掴めるようになります。
ニートで人とコミュニケーションをとっていなかったとしても、わずかながらコミュニケーション能力は向上します。
営業は技術力です。
経験と正しい知識があれば誰でも営業力は向上します。
仕事の本質を理解していれば、どんな仕事だってやりがいを持って出来ます。

2.どんな仕事も向こう側には人が居る!ルート営業を通して体験!

直接人と向き合う機会が多い営業マンだからこそ、人の繋がりの大切さが分かります。
どの業種、どの業界を選んだとしても、仕事には必ず人との繋がりがあります。
例えば、営業から事務やSEになったとしても、PCの画面の向こう側には人が居るというイメージがつきやすくなります。

3.ルート営業は、自分を売り込むスキルも身に付く

営業マンは販売する製品のことを知り、強みを理解し、提案が出来るようにします。
この一連の流れ。
実は、何にでも応用が可能なんです。
自分に置き換えることも出来ます。
自分のことを知り、強みを理解し、プレゼンをするという「自分を売り込むスキル」も養うことが出来るようになります。
これからますます力を持つのが、大企業よりも、個人の時代になります。
これからの時代、自分の強みと弱みを理解する能力、そして自分を売り込むスキルは必要不可欠です。
生き延びるためにッ!

ニートでもルート営業が出来れば、どんな仕事も出来る。まとめ

ルート営業が出来るようになると、大抵の仕事は出来ます。
何故なら、どんな仕事でもそこに人とのコミュニケーションや繋がりが必ずあるからです。
それを身近に感じることが出来、個人のスキルも伸ばせるのは営業です。
ぼくは実際に、限りなくニートに近いフリーターから、正社員になった経験があります。
現代は様々な働き方があります。
YOUTUBER、TikToker、ブロガー、アフィリエイター、フリーランス、仮想通貨トレーダー、FXトレーダー、起業等々。
どれも、敷居は高いかと。
ルート営業が一番敷居が低いですよ。
時間は限られているので、敷居が低いものから「とりあえずやってみる」というのが必要です。
向いてたら続ければいいし、向いてなかったら辞める。
時代は急速に変わるので変化に対応出来るだけの余裕をもって!!
転職エージェントサービスに登録をして話を聞くのが近道ですねー。
ぼくは実際に、下記のエージェントサービスを活用した経験があります。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。