月曜日憂鬱なのはなぜか?対処法もあわせて共有ッ!

ぼくもかつて、月曜日が憂鬱でした。
なぜ月曜日が憂鬱なのか、それは大きく2つあげられます。
・生活リズムが崩れてるから
・学校や職場に行くのが辛い
ぼくは現在では、月曜日は憂鬱ではありません。
月曜日憂鬱な理由の詳細と、ぼくがとった対処法を紹介します。
共有しますね。
見出し
1.月曜日憂鬱な理由と対処法①生活リズムが崩れてる
2.月曜日憂鬱な理由と対処法②学校や職場に行くのが辛い
スポンサーリンク

1.月曜日憂鬱な理由と対処法①生活リズムが崩れてる

月曜日が憂鬱な理由は、生活リズムが崩れてるからです。
多くの人は、月曜日から金曜日まで働いて土日休みという一週間のサイクルで活動しています。
平日は朝早く起きて仕事を夜遅くまでする。
土日は昼に起きてダラダラして好きなことをして夜更しして寝る。
ぼくも以前はこのようなライフスタイルでした。
これだと、めちゃくちゃ月曜日が憂鬱になるんですねー。
日曜日の夕方頃からすでに憂鬱になってます。
あ、あ明日は月曜日かと。
俗に言う「サザエさん症候群」ですね。
月曜日が憂鬱な理由は生活リズムが崩れてるからとお伝えしました。
人って本来は曜日で区切って行動したりするものじゃあありません。
唯一あるとすれば、一日の区切りです。
日が上ったら起きて、日が落ちたら眠るという区切りですね。
それが、仕事という理由で一週間のサイクルに区切られてしまう。
これは不自然ッ!
人として不自然ですよッ!
月曜日が憂鬱なことへの対処法は、土日も平日とあまり変わらない生活リズムで生活をすることです。
平日と休日で、仕事がある・ない、といった明白な違いはあるかもしれません。
でもそれ以外は平日と休日であまり変えない。
睡眠、食事、運動量。
一番効果的なのは睡眠です。
休日でも起きる時間を平日と同じにすれば、睡眠時間や睡眠の質が極端にぶれることはありません。
次に食事。
休日だから、平日には食べられない美味しいものが食べたいという気持ちは分かります。
でも、食事の量を多くすればするほど、体力と睡眠時間が必要になってきます。
日曜日はついつい食べ過ぎてしまう。
その結果、翌朝の月曜日に胃もたれ等で憂鬱になる。
これに関する対処法は、やはり平日と同じような量の食事を採ることです。
そして運動量。
休みの日だと、どうしても体を休めたいと思ってダラダラしてしまいがちです。
体を動かさないので楽は楽です。
でも、翌日の月曜日、体の気だるさが残ります。
これは、食事などで一日に必要なエネルギーを採っているのに関わらず消費されないからです。
エネルギーが残っているので、逆に翌朝疲れてしまう。
運動量もやはり、平日と休日であまり変えない。
そうすることで、体からくる月曜日の憂鬱な気分は解消されます。

2.月曜日憂鬱な理由と対処法②学校や職場に行くのが辛い

ぼくが考える月曜日憂鬱な理由二つ目は、学校や職場に行くのが辛いことです。
土日は学校や職場に行かなくても良いので、元気。
平日は、もともと嫌な場所に行かなくてはならないので憂鬱になる。
誰しも嫌いな場所、辛いと感じる場所には行きたくありません。
月曜日を乗り越えさえすれば、あとは平気という方も中には居ます。
惰性で一週間を乗りきることが出来るんですねー。
ただし、その次の週、さらにその次の週の月曜日はまた憂鬱な気分になります。
これの繰り返し。。。
ずっと月曜日が憂鬱なまま一生を負えることになりかねません。
もちろん、それで良いという方は良いかもしれませんが、対処法はあります。
月曜日に辛い学校や職場に行かなければならないので憂鬱になる。
対処法は、変えることです。
学校、職場、特に職場は自由に変えることが可能です。
一度就職したら定年までその会社で働くといった「終身雇用」
会社に居さえして、若い頃我慢をすれば、ある程度の年齢になった時に給料が増えるといった「年功序列」
先日のトヨタの発言もありましたが、これらは、すでに崩壊しています。
大切なのは、変化の時代に乗り遅れないこと。
日本ではまだまだ転職が不利と言うような風潮がありますが、アメリカではむしろ転職回数が多いほど評価されるといった場面もあります。
東京も、移民を受け入れて数年後にはニューヨークのような多民族国家になることは間違いありません。
そんな中で、1つの会社しか勤めていないというのはデメリットしかないです。
もし、月曜日が憂鬱な気分になってしまい、その原因が平日行く場所であれば、ただちに変えることです。
現代は、転職にも、プロの転職アドバイザーという方々がいらっしゃいます。
登録や利用には、利用者には一切料金が請求されないサービスです。
では、プロの転職アドバイザーはどこから報酬を得るのかというと、一人採用される毎に企業から数百万円前後の報酬を得ます。
ぼくも実際に利用したことがありますが、完全無料で力強いサポートをしてもらうことが出来ました。
ちなみに、登録していたのは下記のサービスです。
話を聞くと、じぶんの市場価値とか分かりますよー。
登録、活用は無料です。
今では転職に成功し、平日と休日の生活リズムをあまり変えないことで、月曜日の憂鬱さから解放されています。
ぼくは一寸、変わった考えを持っていて、仕事にたいしても生活の一部にすぎないと思ってます。
あまり気負わず、仕事の本質は誰かの役に立つことと理解していますので、仕事は楽しいです。
月曜日憂鬱な方々が、少しでも解放されますように。
ということで、月曜日憂鬱なのはなぜか?対処法もあわせて共有ッ!でした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。