朝起きれない原因は食べ過ぎ!睡眠時間で対策~関係性は密接にあります。~個人的な実験の結果~

朝起きれない原因は、食べ過ぎにあるとぼくは思います。
そして、睡眠時間との関係性は密接にあると確信しています。
それであれば、睡眠時間を短くすることで対策をする。
個人的な実験の結果と対策方法を共有します。
見出し
1.朝起きれないなら睡眠時間で対策をする
2.睡眠時間を短くする方法は食べないこと
3.睡眠時間と食べることの関係性
スポンサーリンク

1.朝起きれないなら睡眠時間で対策をする

朝起きれないなら睡眠時間で対策をするという考え方を共有します。
「🍀やっぱりそうだ!
♦前日食べた食べ物の量と、睡眠は密接に関係している。
♣一昨日は食べなさすぎて4時間しか眠れてなかったけど、昨日は二食でそのうちビールやラーメンも含む。
🍜そうすると、ぐっすり8時間眠れましたよー。
🐼毎日8時間は寝過ぎかなと思いきや、これはこれで良いのかな。」
実際にぼくは、前日あまり食べなかった日の翌日は4時間睡眠、普通に食べた日の翌日は8時間睡眠になった経験があります。
これは、朝起きれない対策に使えると思います。
朝早起きしたい日の前日は、その日一日食べる食事を控えめにしてみる。
そうすることで睡眠に必要な時間を短くすることが出来ます。
結果的に、朝起きられるようになるという対策です。

「🍀おはようございます。
♦昨日21時~24時寝たから、 もうこれは早起きとするか!
♣朝を先取り的な。
🍜一寸早く寝て目が覚めて、ジョジョ観たら眠れなくなってしまった。。。
🐼3時間睡眠なんてしたことあっただろか。
📕また寝よーか。」
ぼくは朝起きれないので、対策をしようというつもりではありませんでした。
ですので、二度寝も考えました。

「🍀リツイートありがとうございますー。
♦ふぁぼありがとうございますー。
♣ツイートに付き合って頂きありがとうございますー。
🍜やっぱ寝ます。
🐼おやすみなさい。」

途中で起きたり、Twitterしたりしたものの、結局この日は4時間睡眠になりました。

2.睡眠時間を短くする方法は食べないこと

睡眠時間を短くする方法は簡単です。
前日食べ過ぎないこと。
「🍀ぐっすり寝たければ、食べればいい。
♦朝早起きしたければ、食べなければいい。
♣そんな当たり前のことを実感してますよー。
🍜昨日はあまり食べなかったから、今日は超早起き!
📕久しぶりに、昼ご飯食べたら昼寝しちゃうパターンだな!
🐼ラーメン食べに行こう。」
上記は、久しぶりに4時間睡眠でめちゃくちゃ早起きした朝にしたツイートです。
普段は8時間寝てますが、食べないだけで睡眠時間が半分に。
絶食というわけではないです。
普段の食事を一寸だけ少なくした結果です。

3.睡眠時間と食べることの関係性

「🍀今まで8時間睡眠でした。
♦今日は4時間睡眠。(ただし6時間は布団の中)
♣原因は、前日あまり食べても呑んでもなかったからと、早く寝過ぎたから。
🍜何かすっきりしてるし、食べる量の割りに8時間は寝過ぎかなと。
🐼寝過ぎも体によくない。
📕今日過ごしてみて発見があったら共有しますね。」
これも、4時間睡眠明けの朝にしたツイートです。
この日はすごく眠くなるのかなーと思っていましたが、さほど眠くはなりませんでした。
でも眠くなった時には下記のようにしていました。
効果的だったのは、座って目を閉じて3分位、睡眠時と似たような呼吸をする。
目を休める、呼吸をする。
これだけで意識がしっかりして「仮眠」がとれたように思います。

ということで、朝起きれない原因は食べ過ぎ!睡眠時間で対策~関係性は密接にあります。~個人的な実験の結果~でした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
Facebookページあります。更新情報が届きます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。