辞めたいは正解ィッ!福祉用具専門相談員(営業)辞めたい時の解決策2つ

福祉用具専門相談員を辞めたいという感情は、間違っていません。

実体験から福祉用具専門相談員(営業)を辞めたい時の解決策書いたッ!
福祉用具専門相談員、辞めたい時の解決策は2つです。
辞めたい時は、営業で別の仕事か、福祉業界で別の仕事。
辞めたいならどちらかッ!
営業も、福祉用具専門相談員も、仕事を辞めたい状況では全力のパフォーマンスが出ません。
福祉用具営業だけが仕事じゃないッ!
見出し
1.福祉用具専門相談員(営業)辞めたい暮らしが貧窮
2.福祉用具辞めたい営業は本来、給料高水準
3.営業を辞めたい?業界を辞めたい?
文章は長いので、業界内転職サクッとしたい方は下記に飛んでくださいねー。
スポンサーリンク

1.福祉用具専門相談員(営業)辞めたい!暮らしが貧窮

福祉用具専門相談員(営業)を辞めたい!
辞めたい理由は何でしょうか。
ひとつの辞めたい理由。
暮らしがすごく貧窮。
これではないでしょうか。
介護業界の平均年収、福祉用具専門相談員の平均年収は低いッ!
ぼくが福祉用具専門相談員を辞めたいと思った理由も、ここにありッ!
福祉用具専門相談員だった過去のぼくと同じように、暮らしが貧窮している方。
まずは生活を安定させましょう。
福祉用具専門相談員を辞めたいというのは、本能からの欲求です。
まず、生活安定させなあかん!
マズローの5段階欲求に例えるならば、一番最下層ですよ。
まずは生理的欲求を満足させることッ!!
介護業界に居るとしたら、少なくとも慈悲の気持ちが大切になります。
多少の自己犠牲のような。。。
それが美徳のような。。。
古き良き時代の日本であればその考え方も良かったかもしれません。
現代は様変わりしています。
更に、コロナによってその勢いが加速ッ!
フィールドは日本だけではビジネスなくなりますよ。
これからは、日本人というパスポートを持ったアジア人、日本人ブランドの地球人。
そんなグローバルな活動が必須となります。
特にビジネスにおいて。
能力がない日本人は、東南アジアに出稼ぎに行くようになる。
そんな仮説もあるようです。
日本だけに居るのやばみ。
当時のぼくは、生活が貧窮しているのにいい仕事が出来るとは思えませんでした。
じぶんが危機的な状況の時は、他の人のことは考えられないッ!
じぶんに余裕がないと人にやさしく出来ないのと同様。
ぼくは正社員でありながら、休日はバイト、疲れた体のまま仕事といった生活をしてきました。

寝不足だし、ストレスたまるし、辞めたいなと思いつつ、その時は生活のために必死でしたよ。

でも、今思い返してみると思うことが。
これでは福祉用具営業として、最高のパフォーマンスを発揮出来るはずがなかったと。
生活を安定させない限りは、自分のことを考える時間が多くなってしまいますからね。
現代であれば、本業の延長線上で、副業をすることも出来ます。
当時のぼくは知らなかったッ!
後述もしますが、福祉用具専門相談員として働きつつ、副業出来るアイディアをまとめてみました。
是非読んでみてくださいねー。
福祉用具の営業は残業がそこまで多いわけではありません。
平日の一寸した時間を使って、副業という手もありますよ。
勿論、福祉用具専門相談員を辞める前にも考えることがあります。
福祉用具専門相談員の営業はすごくやりがいがある仕事です。
福祉用具専門相談員は、感謝される仕事です。
「ありがとう」と言われる仕事です。
仕事の本質「他の誰かの役に立ったり助けたりすること」を体験できます。
ぼくも、福祉用具の営業だったから仕事の本質を学ぶことが出来ました。
ですから、このマインドを持って収入も高めていくッ!
そのためのヒントは下記です。

2.福祉用具営業辞めたい!営業ならもっと給料がいいから

福祉用具の営業を辞めたいという理由は、ぼくの場合、給料の低さでした。
介護業界は給料が低いです。

それは、他の業界と比べるとかなりの差になります。

介護業界じゃない別の業界で営業をした方がもっといい給料を貰うことが出来ます。

実際にぼくは他業界の営業に転職をして、給料が2倍以上になった経験があります。
それは、業界を変えたのと、その業界での立ち位置を変えたこと、ダブルで相乗効果があったからだと思います。
下記のエージェントサービスは無料で使うことが出来、非常に助かった思い出があります。
やはり、転職にもパートナーが居ると心強いです。
転職市場や、じぶんの市場価値、応募しようとしている企業の残業はどれくらいあるのかといったことが聞けます。
とくに「営業」=「残業ありき」と思っていたぼくは衝撃を受けましたよ。
営業でも残業が少ない会社、ほぼ定時の会社を紹介してもらえることもできます。
結構多いんですねー。
更に、給料も上がるチャンスがあるとなると行動しない手はないでしょう。
転職サービスまとめ
 ぼくも実際に活用させて頂いたサービスです。
 最初の面談で目から鱗の情報をもらえたり、じぶんの市場価値が分かったりました。

 登録して面談した後は、自動的にメールで求人情報をくれるので手間がかかりません。
 田村淳さんがイメージキャラクターをつとめるベンチャーセールス。
 20代営業転職に特化したサービスですねー。
 早いうちから転職を経験して適正な市場価値のもとで働きましょう。
転職ドラフト
 エンジニアに特価した転職サイトです。
この先、エンジニア不足が必ず起こります。
労働市場においてエンジニアの高待遇さを見てみるのも一つの手ですよ。
転職することは、自信にもつながります。
「じぶんであれば、どんな会社だって働くことが出来る。」
こう思えたなら、辞めたい時にさくっと辞めることも可能ッ!

3.営業を辞めたい?介護業界を辞めたい?

福祉用具の営業は、言っても営業です。
もしかしたら、介護業界とか、給料の低さとかそういう問題じゃあなく、辞めたい!と思っている場合もあります。
営業を辞めたい!
営業自体を辞めたい場合は、介護業界で別の職種を!
介護業界でずっとやりたいかということも考える必要がありますが、
営業は辞めてケアマネージャーを目指すという道もあります。
下記に福祉介護業界に特化した転職サイトをまとめてみました。
介護業界でスキルアップをして、給料を上げるというのも手段の一つです。
実際、福祉用具レンタルを辞めたいというよりも
「営業を辞めたい」と考えているのではないでしょうか。
参考にして頂けると幸いです。
(一番上で紹介したリンク先と同様ですよー。)
情報は多い方が良いですが、信頼性のある情報を集めなければなりません。

上記に紹介したのは、介護に特価したサイトなのでより幅広く詳細な情報を手に入れることが出来ます。

福祉用具の営業を辞めたい!

そう思いながらダラダラしているとチャンスを逃しかねない!!
思うよりも行動です。
何もしないリスクよりも失敗するほうが、ぼくは結果的に失敗した方がいいと思う人です。
少なくとも行動したから。
何もしないと時間がただただ過ぎてしまいますよー。
2020年~2021年コロナ以降、転職、求職のハードルが一気に上がることは明らかです。
新型肺炎の影響で日本の最後の頼み綱だったオリンピック。
開催も危ういです。。。
されど、やはり本業で効率よく稼ぐことが出来ると余裕が出来ます。
ボーナスとか、有給とか、メリットがたくさんありますからねー。
再度、転職エージェントのリンクはっときます。
本業+副業という収入を分散させることでリスクも分散出来ますね。
転職サービスまとめ
 ぼくも実際に活用させて頂いたサービスです。
 最初の面談で目から鱗の情報をもらえたり、じぶんの市場価値が分かったりました。

 登録して面談した後は、自動的にメールで求人情報をくれるので手間がかかりません。
 田村淳さんがイメージキャラクターをつとめるベンチャーセールス。
 20代営業転職に特化したサービスですねー。
 早いうちから転職を経験して適正な市場価値のもとで働きましょう。
転職ドラフト
 エンジニアに特価した転職サイトです。
この先、エンジニア不足が必ず起こります。
労働市場においてエンジニアの高待遇さを見てみるのも一つの手ですよ。
仕事はあくまで、生活のための手段。
さらに楽しむものです。
今、辞めたいと思っているのであれば正直になること!
じぶんの人生です。
ということで、辞めたいは正解!!福祉用具専門相談員(営業)辞めたい時の解決策2つでした。
またブログ書きます。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です