福祉用具専門相談員の営業を辞めたい!月給と将来性

「福祉用具専門相談員の営業を辞めたい!」
その理由は月給と将来性でした。
ぼくは福祉用具専門相談員として、福祉用具の営業をしたことがあります。
やりがいはある仕事でしたが、ある時期から辞めたくなり転職をした経験があります。
その理由は3つあります。
・月給の額
・個人の将来性
・他の業界も見たいという気持ち

福祉用具レンタル営業を辞めたいと思った理由です。

共有します。

見出し
1.福祉用具専門相談員を辞めたい!別の業界も見てみたかったから
2.福祉用具専門相談員を辞めたい!労力の割に月給が安すぎたから
3.福祉用具専門相談員を辞めたい!将来性が無いと感じたから

スポンサーリンク

1.福祉用具専門相談員を辞めたい!別の業界も見てみたかったから

ぼくは、別の業界も見てみたかったから福祉用具専門相談員を辞めたい!と思いました。
ぼくは福祉用具レンタル業界に居ました。
介護業界の中の、福祉用具専門相談員という肩書きです。
とは言っても、やっていることは営業職です。
営業スキルを活かして、他の業界も見てみたかったのが福祉用具レンタル営業を辞めた大きな理由です。

介護業界は当時人手不足と言われており、ぼくの他の福祉用具専門相談員は高齢の方もいらっしゃいました。

これから言うことは、やってみてないので分かりません。

でも、別の業界で転職を失敗しても、また介護業界に、福祉用具専門相談員に戻ってこれるという自信もありました。
そして、当時の福祉用具専門相談員の先輩の「若いうちは色々な業界を見たほうがいい。介護業界は50代でも60代でも出来る仕事。」
こういった助言を頂いたのも大きかったです。
今後、福祉業界、介護業界は将来性があります。
なぜなら、日本は高齢社会で、福祉業界、介護業界は慢性的な人出不足だから。
需要と供給のバランスは、明らかに需要の方が多い。
この先、年を重ねたとしても福祉、介護に関わる仕事の敷居は低いです。

2.福祉用具専門相談員を辞めたい!労力の割に月給が安すぎたから

福祉用具専門相談員は月給が安すぎるというのも、辞めたい理由でした。

これは結構死活問題でした。

驚愕だったのは、就職する前のフリーターの時の方が時間も自由だし月給も高かった点です。

ぼくは、フリーターから初就職で介護業界、福祉用具レンタル業界の営業になりました。

フリーターと比べて責任もありますし、結構時間もそちらに取られました。

急な対応とかには行かなければならないです。

そんな活動をしているにも関わらず

月給これだけ?!
という疑問が湧きました。
これも福祉用具レンタル営業を辞めた理由のひとつです。

3.福祉用具専門相談員を辞めたい!将来性が無いと感じたから

福祉用具専門相談員を辞めたいと思った理由はもう一つあります。
前述したとおり、介護業界、福祉業界の将来性はまだまだあります。
伸びしろだらけです。
福祉用具専門相談員 福祉用具レンタル業界全般は将来性がある。
でも、辞めたかった理由のもう一つは、ぼくの人生にとっての将来性が無いと感じたからです。

福祉用具レンタル業界の今後は明るいと思います。
日本は、ほとんどがおじいちゃん、おばあちゃんといった超高齢社会ですから。
今後はますます需要が高まる業種だと思いますよ。
将来生がないというのはぼく個人の将来性です。
勤めている企業で自分が勤めてても、自分自身に将来性が無いなと感じました。
今は我慢できても、いつか辞めることになるだろうと。
だったら早い方が良いだろうと考えました。
我慢は長くは続きません。
この記事とは逆に、介護業界に熱い思いがある方は、下記のサイトたちに登録してステップアップをするという手もあります。
営業で介護業界に入ったけれども、やってみて違うなと感じたら行動をすること。
介護業界を離れなければ、営業以外の仕事を見つけるチャンスもあります。
数字を追いかけたり、社内外の調整をするのが苦手だと気付いた際には、行動を。
苦手なことは長続きしませんから。
ぼくはというと、別の業界で営業職に転職をしました。
あくまで、営業がきつくない場合に限ります。
実際にぼくは、福祉用具専門相談員から他業界の営業に転職して、初任給で月給3万円あがった経験があります。
月3万円はでかいッ!!
その後も給料が上がっていって、最終的には年収が2倍以上になりましたよ。
今のうちに情報をとるため、上記のエージェントサービスに登録、初回面談を済ませることをお勧めします。
実際にぼくも利用した経験が何度もありますよ。
直近で収入を上げたい方はこちらがおすすめ!
実体験もありますので、即効性がありますよー。
ということで、福祉用具相談員の営業を辞めた理由は手取り給料と将来性でした。

またブログ書きます。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です