睡眠で健康に。人それぞれ最適な睡眠時間が違うので自分を知ることが第一歩。やり方のヒント。

睡眠は人が生きていくために必要な要素です。

睡眠をじゅうぶんに取ってこそ、健康と言えます。

人それぞれ最適な睡眠時間が違うので、まずは自分の最適な睡眠時間を知ることが第一歩です。

やり方のヒントをお伝えします。

見出し
1.睡眠時間は人それぞれ
2.目覚ましなしで起きてみる
3.睡眠日記をつけてみる

スポンサーリンク

1.睡眠時間は人それぞれ

最適な睡眠時間は人によって違います。

これは遺伝子レベルで決定されている側面と、生活習慣で決められる部分があります。

生活習慣だと、例えば1日にどれくらい食べ物を食べるかによって、また運動を過度にしているか少しだけかでも、睡眠の必要量が変わります。

2.目覚ましなしで起きてみる

それでは具体的に、自分の最適な睡眠時間を計るにはどうしたらいいかお伝えします。
それは、目覚ましなしで起きてみるというのを続けることです。
予定がない日、特にいつもと変わった食事制限や過度な運動をしていない、通常な時にするのがおすすめです。

何日かやっていると、目覚ましなしで起きられる時間というのはぼんやりと見えてきます。

それが、その人にとって最適な睡眠時間です。

3.睡眠日記をつけてみる

いくら忙しいと言っても、睡眠は1日の生活の中に組み込まれています。

睡眠日記をつけるというのも1つの方法です。

あまり細かくつけ過ぎるとストレスになり、睡眠を妨害します。

あくまでゆるくつけていくことが大切です。

その睡眠の翌日、体調がどうだった等も記載しておくと、自分の体が欲している睡眠時間を大方推測できます。

ということで、睡眠で健康に。人それぞれ最適な睡眠時間が違うので自分を知ることが第一歩。でした。

またブログ書きます。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です