糖尿病予防にりんご、ブドウを食べると病気になるリスクが低下。

糖尿病予防にりんご、ブドウ、ブルーベリーを食べると病気になるリスクが低下するみたいです。
ぼくは糖尿病になったことはありませんし、ただ単にりんごが好きで食べていただけです。
りんごを食べることが糖尿病のリスク回避しているのかもと思い、調べてみました。
見出し
1.糖尿病へのりんごの効果
2.糖尿病に効果がある食べ方
3.糖尿病で辞めるべき習慣
スポンサーリンク

1.糖尿病へのりんごの効果

りんごやブルーベリー、ぶどうには、血糖値を下げるという効果と、食物繊維で健康維持するという効果があります。
この効果はどちらも糖尿病の予防に最適な効果です。

2.糖尿病に効果がある食べ方

りんごやブルーベリーは丸ごと食べることで更に効果があります。
皮と実の間に栄養素が凝縮されているからです。

3.糖尿病で辞めるべき習慣

糖尿病予防で辞めるべき習慣は、ジュースや清涼飲料水を飲むことです。
前述の通り、りんごやブルーベリーは予防としては最適ですが、あくまで丸かじりした時の話です。
代替えとしてりんごジュースやブルーベリージュースと言うことであれば、飲まないほうがいいです。
というのも、ジュースは砂糖とカロリーを人工的に増やして「旨み」を追求している製品です。
確かに美味しいですし、気分転換になります。
でも、糖分とカロリーの摂取という面では、糖尿病リスクを高めると言えます。
りんごを食べるなら、丸かじりがおすすめです。
ということで糖尿病予防にりんご、ブドウを食べると病気になるリスクが低下。でした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
Facebookページあります。更新情報が届きます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です