図書室はぼっちにとってオアシス~図書館に住みたい~

無口なぼっちにとって図書館はオアシスです。
ぼくは、学校に居る頃は図書館に住みたいとすら思ったことがあります。
その理由をお伝えします。
見出し
1.膨大な本の数
2.しゃべらないのが肯定される
3.司書の方は臨時職員で優しい
スポンサーリンク

1.膨大な本の数

ぼっちにとって一番辛いのは居場所が無いことです。
また、誰かにぼっちだと悟られること。
図書館は膨大な本の数で自分の居場所を作ってくれます。
基本的に、図書館では誰もが一人ですし、一人で居ることが普通です。
周りの目を気にする必要もありません。
只、本を選んで読むということに没頭出来ます。
図書館にあるすべての本を、果して卒業までに読破することは出来るのだろうか?
という自己満足な挑戦も、図書館は受け入れてくれます。

2.しゃべらないのが肯定される

無口なぼっちはしゃべりません。
これは、クラスでは珍しいことですし、興味の対照になったりします。
場合によっては否定的にとらえられることもあります。
でも、ひとたび図書館に入ると、しゃべらないということが肯定されます。
逆にしゃべっている方が否定的にとらえられます。
無口なぼっちはしゃべらないということがニュートラルです。
知らず知らずのうちに図書館という場所に順応しています。

3.司書の方は臨時職員で優しい

図書館に居る司書の方は、優しいことが多いです。
図書館によく顔を出していると、同じ本好きだというシンパシーを感じてくれるように思います。
なかなか、無口なぼっちは人と会話をするのが苦手なので、こちらから話すことはありません。
言葉を交わすことはありませんが、司書の方も含めて、図書館というオアシスなんです。
ということで、図書室はぼっちにとってオアシス~図書館に住みたい~でした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
Facebookページあります。更新情報が届きます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です