ビットコイン買うべきか?ビットコインETF承認前ブログ29日目

ビットコイン買うべきか?ビットコインETF承認前ブログ29日目

ビットコインの価値が上がっているけど、買うべきか?

それとも、ビットコインは買わないべきか?

こんな疑問にお答えします。

結論、2023年11月15日現在、ビットコインは買うべきだとぼくは思います。

その理由と、ぼく個人的なビットコイン運用についてお伝えします。

「何もしなくても」29日で10,000円の利益が出ています。

ぼくの自己紹介は下記です。

・2017年 仮想通貨取引所の口座開設(VALUやってました)
・2021年 NFTアートGiveAway企画開催
・2021年 NFTゲームAxie Infinityを体験し漫画を描く
・2022年 NFTゲームSweatCoin公式インフルエンサーになる
・2023年 円安、増税、物価の高騰で「円」に不安を抱えていた
・2023年 FP3級取得
・2023年 現在日本円で150万程の仮想通貨所持

見出し
1.ビットコイン買うべきか?結論、買うべき
1-1.ビットコイン買うべき理由①情報に敏感になれるから
1-2.ビットコイン買うべき理由②先端技術の体験ができるから
1-3.ビットコイン買うべき理由③未来を先取りできるから
1-4.ビットコイン買うべき理由④ビットコインETF承認前だから
1-5.ビットコイン買うべき理由⑤2024年の半減期の前だから
1-6.ビットコイン買うべき理由⑥大統領選の前だから
1-7.ビットコイン買うべき理由⑦先行者優位を得られるから
1-8.ビットコイン買うべき理由⑧年利10~12%という破格の案件があるから
1-9.ビットコイン買うべき理由⑨円安、物価高騰、増税、2025問題
1-10.ビットコイン買うべき理由⑩単純に楽しいから
2.ビットコインETF承認前ブログ29日目

スポンサーリンク

1.ビットコイン買うべきか?結論、買うべき

ビットコイン買うべきか?

結論、買うべきです。

その理由は10個あります。

目次をご覧になるとお分かりになるかと思いますが、プラス面でもマイナス面でも、今現在はビットコインを買うべきだとぼくは思います。

下記に深堀りしていきますね。

1-1.ビットコイン買うべき理由①情報に敏感になれるから

ビットコイン買うべき理由の1つ目は、情報に敏感になれるからです。

1円でも身銭を切って買ったものについては、やっぱり元を取ろうとしますよね。

図書館で借りた本は読まずに2週間で返すのに、じぶんでお金を出して買った本は読みこむという、そんなイメージです。

ビットコインは日々新しいニュースがあり、日々情報がアップデートされていっています。

でも、ビットコインを持っていなかったら、その情報は他人事です。

お金を払ってビットコインを買ったからこそ、新しい情報を能動的に取ろうとする。

そしてそれが知識となり、新しいアイディアのマテリアルになる可能性だってあります。

ビットコインは通貨に特化していますが、そのベースにはブロックチェーンがあります。

ブロックチェーンについても、なんとなーくですが理解が深まりますよ。

あまり知られていませんが、ビットコインはコインチェックで1,000円分から買うことができるんですよ。

更に、コンビニからの入金も可能。

ただ、手数料が800円近くするので、銀行口座からの入金がお勧めです。

ビットコインをたった1,000円分買うだけで最新の情報に敏感になれるなんて、一寸お得だと思いませんか。

コインチェックは下記からサクッと登録可能です。

コインチェック

10分程度で、誰でも簡単、無料で口座開設完了です。

事前に手順を知りたいという方は、下記をご参照ください。

コインチェックで口座開設する方法を簡単に解説ッ!

いずれにせよ、まずは仮想通貨取引所の口座開設です。

「ビットコインを買うのは、また別の機会にしよう」
「今度ビットコインが暴落したら、その時に買おう」

という方も、事前に口座を持っていればスムーズに始められます。

1-2.ビットコイン買うべき理由②先端技術の体験ができるから

先端技術の体験ができるというのも、ビットコインを買うべき理由です。

ビットコインのベースを支えているのはブロックチェーンですが、じぶんの1回の取引がブロックチェーン上に刻まれているのを想像できます。

ブロックチェーンは改ざんされにくいという特徴を持っており、取引の度にtxIDが発行されます。

長ったらしい文字の羅列ですが、これこそ、ブロックチェーンの一部です。

ビットコインはP2P型式といって、スマホを持った個人対個人でお金のやり取りができます。

例えばインドに住んでる友だちに送金するのも、10分もあれば出来てしまいます。

そこには、為替の影響とか、銀行とか機関の手数料とか面倒なものはありません。

似たようなものでは、LINE PayやWeChatがあります。

友だちにお金を送ったりすることが出来るのは同じです。

ただ、決定的に違うのは、LINEやWeChat等一つのサーバーで管理されているのではなく、複数の分散されたサーバーで管理されているということ。

ビットコインは通貨や送金に向いていますが、ビットコイン以外にも仮想通貨があるんですよ。

例えば、イーサリアム。

これを持っていると「x to Earn」の体験ができます。

「SNSで稼ぐ」「NFTアートで稼ぐ」「NFTゲームで稼ぐ」等です。

どの体験も革新的ですよ。

詳しくは下記をご覧下さい。

フレンドテック始め方

NFTアートの始め方を全力で解説ッ!

Axie Infinity始め方

1-3.ビットコイン買うべき理由③未来を先取りできるから

ビットコインを買うだけで、未来を先取りできます。

理由としては、今後世界に普及するであろうブロックチェーンを真っ先に体験しているから。

また、ビットコインを法定通貨にする国もあります。

エルサルバドルが最初ですが、この影響でアフリカの国も法定通貨に採用。

更に、ビットコインでの決済ができる企業も増えています。

今の法定通貨は、操作が可能です。

「円」は作り放題。

これによって、もし「円」を作りすぎちゃうと、円の価値が暴落してみんな貧乏になるといった問題に発展しかねません。

実際に、過去の別の国ではハイパーインフレはあったようです。

こういった問題を回避できるのがビットコインです。

あらかじめ発行数量が決まっているので、その価値は操作不可。

更に、日本でもアメリカでもインドでもアフリカでも、1BTCの価値は1BTCです。

先進国か発展途上国か関係なく平等です。

未来には、どこに生まれたかでは、人生は指し図れないものになっているはずです。

逆に、日本という恵まれた国に生まれたぼくらにとっては、脅威ではありますね。

これまではよかった。

でも、この先は日本に生まれたというメリットも、薄れていく可能性があります。

アフリカの優秀なスラム街出身の人とも、インドの頭の良い貧困層とも、対等に競っていかなければならないわけですから。

1-4.ビットコイン買うべき理由④ビットコインETF承認前だから

ビットコインは今買うべきです。

その理由は、ビットコインETF承認前だからというのもあります。

2023年10月下旬、ビットコインの価格が高騰しました。

これはビットコインETF承認の期待感によるもの。

ビットコインETF承認されると、従来の証券取引所でビットコインの取引ができるようになります。

ビットコインには懐疑的だった凄腕の株式トレーダーとかが参入して来ます。

それこそ、ウォーレン・バフェットとかも参入してくる可能性がある。

ビットコインはこれまで「怪しい」「資産とは言えない」とか言われてきましたが、一気に信頼度が上がります。

売買もより活発になるでしょう。

それによって、ビットコインの価格も上がっていくというのが、ぼくの予測です。

ビットコインETF承認は2024年1月初旬と言われています。

早い予測だと、2023年年末には承認されるのではないかと言う意見もあります。

ビットコインETF承認前の今だからこそ、ビットコインを買っておくのが吉だと思うんですよ。

ぼくも実際、ビットコインはすでに持っていて運用もしていますが、更なる買い増しと運用も考えています。

ビットコイン1,000円分だけ今買っておいて、それが1,500円とか、2,000円とかになったら、それはそれで嬉しいですよね。

勿論900円とか500円とかになるリスクはあります。

買うタイミングはお任せしますが、まずはビットコインを買える準備をしておくべきだと思います。

コインチェック

アフリカだと銀行口座を持っていない人がいます。

でも、そんな彼らでも仮想通貨取引所の口座は持っているんですよ。

なんだか、日本人がアフリカ人に2段飛ばしされちゃっているようで残念だなと言うのは、ぼくの独り言です。

1-5.ビットコイン買うべき理由⑤2024年の半減期の前だから

ビットコイン買うべきなのは今です。

正確に言うと、去年あたりが一番良かったんだと思います。

2023年11月15日現在、1BTCは536万円です。

2022年の安い時期は200万円程度、持っているだけで2.5倍ですからね。

このように、価値の変化が激しいのがビットコインの特徴ですね

更に、これを加速させるイベントがあります。

それが、半減期です。

簡単に言うと、ビットコインの供給が少なくなる時期です。

供給は少ないのに、需要は高まっている状態。

この状態だと、そのものの価値は上がりますね。

予測だと2024年4月頃に半減期が来るとのこと。

もう間もなくですねー。

おそらく、半減期の最中は価格の変わりやすさも、今の比じゃあないと思うんですよ。

そんな大混乱の中、ビットコインを初めて買うというのは、あまりにもリスキーです。

価値が比較的落ち着いている今、ビットコインを買うという経験をしておく。

余裕があれば、売り買いをして一寸したトレードスキルを身に着けておく。

こういった準備が必要だと思います。

ぼくのように、なるべく何もしないで稼ぎたいという方は、今のうちにビットコインを買って、半減期の恩恵を楽しみにするというのも良いかと思います。

1-6.ビットコイン買うべき理由⑥大統領選の前だから

大統領選の前ということも、ビットコインを今のうちに買う理由になります。

米国大統領選は2024年11月に予定されています。

ビットコインの法案を押し出した議員も出馬するんですよ。

世界中から注目が集まる米国大統領選で「ビットコイン」というワードが出ます。

当然これまでよりも広く知られるでしょうし、その人たちの中の一部は、ビットコインに興味を持つはずです。

更に、もし仮にビットコインを有利にする法案を持っている議員が当選した場合、ビットコインの需要は更に高まるとぼくは予測しています。

1-7.ビットコイン買うべき理由⑦先行者優位を得られるから

先行者優位は取っておくに越したことはありません。

ヒカキンさんも今では有名人ですが、成功の秘訣は、YouTubeの出始めの頃から発信をして先行者優位を得ていたからという側面もあるはずです。

青汁王子も、まだECサイトが普及していなかった頃に、ネットで物を売るということを始めたので、これまた先行者優位を得ています。

今でいえば、間違いなくビットコイン、NFT、メタバースの分野だとぼくは思います。

NFTやメタバースは、ある種クリエイティブな要素が必要になってきます。

ビットコインは通貨なので、他の人が持っていないうちから、持っているだけでいい。

より簡単に先行者優位を取れるのがビットコインと言えます。

1BTC=100円とかの、めちゃくちゃ初期の段階で持ち続けていたら、今頃億万長者ですね。

俗に言う、億り人です。

ビットコインはまだ500万円台ですから、この先もっと価値が増える未来はあると思うんですよ。

まだ遅くないと思います。

下記からサクッと登録できるので、ピンと来た方は是非登録をー。

コインチェック

1-8.ビットコイン買うべき理由⑧年利10~12%という破格の案件があるから

年利10~12%ってあると思いますか?

従来の投資案件、不動産、株式ではありえない金利だと思います。

ビットコイン市場であれば、あるんですよ。

ぼくも実際に0.29BTCを年利10%で運用していますが、29日目で10,000円分位の利息をもらえました。

使っているのは下記のサービスです。

PBRレンディング

何もしなくても、ビットコインが年利10%で増えて行っている状況です。

複利運用なので、時間が経てば経つほど増えていくんですねー。

年利高すぎて怪しくない?

本当に大丈夫なのか?

そんな疑問、ぼくも持っていました。

だから、個人的に調べた経験もあります。

より詳しく解説したのは下記の記事ですよー。

PBRレンディング怪しい?

こちらについては、また後で運用実績をお伝えしますね。

1-9.ビットコイン買うべき理由⑨円安、物価高騰、増税、2025問題

ここからは、一寸残念な事実に触れます。

日本円を必要以上に持っているのはリスクという話。

日本円を持つよりも、インデックスファンドやビットコインで持っていた方が価値は下がり辛いと、ぼくは思います。

円安で円の価値がどんどん下がっています。

円よりも低い価値の法定通貨は、世界に3つしか無いようですよ。

物価高騰で円が目減りしていきます。

増税で円が手元に残らない。

2025問題で高齢者の負担が、ぼくらにどかっとのしかかって来る。

円を持っていても、日本という国に依存していても、未来は明るくありません。

よりポータビリティであるために。

ぼくはインデックスファンドもやっていますが、とにかく増える速度が遅い。

それは20年30年やっていれば増えていくでしょうが、めちゃくちゃ遅い。

だからこそ、今、早く増やすという手段として、ビットコインを買って年利10%で運用もしています。

1-10.ビットコイン買うべき理由⑩単純に楽しいから

ビットコイン持っていると、単純に楽しいです。

入ってくる情報も違ってきます。

ビットコインから派生した仮想通貨での体験も楽しいです。

また、運用実績をデイリーで見るというのも、なかなか楽しいんですよ。

2.ビットコインETF承認前ブログ29日目

ビットコインETF承認前ブログ29日目です。

実績データは下記です。

BTC
貸借率  10%/年
貸出数量 0.297274BTC
利息合計 0.001947BTC
返還数量 0.299222BTC

1BTC=536万円換算だと、利息だけで10,400円です。

ゲームソフト2個くらい買えちゃいますね。

合計だと160万円程になっています。

ビットコインETF承認前で価格は高騰し続けていましたが、11月14日~15日にかけては一寸価格が落ち着きましたね。

静観します。

下記はデイリーでのデータですよー。

11月残高
2023/11/15 利息 0.00002120BTC + 0.08122717BTC
2023/11/15 利息 0.00005428BTC + 0.20791914BTC
2023/11/15 利息 0.00000263BTC + 0.01007586BTC
2023/11/14 利息 0.00000262BTC + 0.01007323BTC
2023/11/14 利息 0.00005426BTC + 0.20786486BTC
2023/11/14 利息 0.00002120BTC + 0.08120597BTC
2023/11/13 利息 0.00002119BTC + 0.08118477BTC
2023/11/13 利息 0.00005425BTC + 0.2078106BTC
2023/11/13 利息 0.00000262BTC + 0.01007061BTC
2023/11/12 利息 0.00000262BTC + 0.01006799BTC
2023/11/12 利息 0.00005424BTC + 0.20775635BTC
2023/11/12 利息 0.00002119BTC + 0.08116358BTC

以上、運用ブログでした。

ここで、もう一度ビットコイン買うべき理由10個を下記にお伝えします。

①情報に敏感になれるから
②先端技術の体験ができるから
③未来を先取りできるから
④ビットコインETF承認前だから
⑤2024年の半減期の前だから
⑥大統領選の前だから
⑦先行者優位を得られるから
⑧年利10~12%という破格の案件があるから
⑨円安、物価高騰、増税、2025問題
⑩単純に楽しいから

ぼくにとってはビットコイン買わない理由がないです。

年利10%は本当にあるんですよ!

下記、公式ページから確かめてみて下さい。

PBRレンディング

条件次第では、年利12%も可能です。

1年資産ロックされても問題ないのであれば、年利12%ですね。

また、まだビットコインを持っていない方は、是非コインチェックからビットコイン買ってみて下さい。

コインチェック

ぼくが初心者にコインチェックをお勧めする理由は2つあります。

それは、シンプルな操作性で分かりやすいこと。

そして、数年前の何の知識もなかったぼくでも初めてのビットコインを買うことが出来、VALUというサービスに参入できたからです。

ビットコイン買うべきか、否か。

ぼくの結論としては、買うべきです。

またブログ書きます。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました