減塩は危険!デメリット!塩分を取らないとどうなるか歴史から学ぶ

減塩は危険!
デメリット!
塩分を取らないとどうなるか歴史から学ぶ。
見出し
1.減塩は危険!デメリットありすぎ!リスキーですよ!!
2.塩分を取らないとどうなるか歴史から学ぶ
スポンサーリンク

1.減塩は危険!デメリットありすぎ!リスキーですよ!!

減塩は危険!
デメリットありすぎ!
リスキーですよ!!
高血圧とか、病気じゃあない人以外は減塩やめるべき!
ぼくはそう思います。
減塩って、そもそも不自然。
これは、アセスルファムKと理論は似ています。
アセスルファムKは、カロリー糖質ゼロなのに甘い。
塩を減らしてるのにしょっぱいって、おかしいじゃあないですか。
不自然なものはとらない。
自然な塩をとる。
更に、減塩によって味が変わる?
ぼくは食べたことないので分からないのでイメージです。
味が薄くなるんじゃあないかなー。
それ故、満足度が低くなる。
結果、減塩のものを大量に食べてしまい、効果なし。
そんなことも起こり得るのかと。
大食いの人がダイエット食品を食べても、絶対量がそもそも多いので効果ないのと同様。
塩は取りすぎると、確かにこれもまずいですねー。
でも、塩も採る!
その他、野菜、肉、タンパク質、糖質も同等に採るッ!
これかと。
バランスですね。
バランスだいじ!!
ぼくが大好きなソクラテスの言葉に、
食べるために生きるな、生きるために食べろ。
というのがあります。
そんなことを思い出しましたよ。
ぼくは減塩もせずすこぶる健康です。
何かしらの参考になればと思い、下記にぼくが食べないものをまとめてます。
是非ご覧下さいねー。

2.塩分を取らないとどうなるか歴史から学ぶ

塩分を取らないとどうなるか歴史から学ぶ。
塩分を取らないとどうなるか。
ヤバイ!
危険ですよ!
歴史から学びます。
歴史なんて一説によるので、鵜呑みにはしないでくださいね。
「塩抜きの刑」
日本の江戸時代、罪人へ一切塩を与えないという刑。
・数日で目の力がなくなる
・活力がなくなる
「減塩政策」
マッカーサーがいた頃のアメリカが、日本人を操りやすくするためにした政策。
・生きていく活力がなくなる
・眠くなるので自動車事故が多発
アメリカには、「3S政策」とか、結構日本へのあつかいひどい時もありますよねー。
本当かどうかは、ぼくはその時代に生きていないのでわかりませんが。
とにかくッ!!
塩分を取らないとどうなるか、ヤバイ!!
塩をとろう!!
ということで、減塩は危険!デメリット!塩分を取らないとどうなるか歴史から学ぶでした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です