【要約と感想】革命のファンファーレ現代のお金と広告~西野亮廣

革命のファンファーレ現代のお金と広告
西野亮廣さんの書籍です。
要約と感想。
共有します。
見出し
1.革命のファンファーレ現代のお金と広告の要約
2.革命のファンファーレ現代のお金と広告の感想
スポンサーリンク

1.革命のファンファーレ現代のお金と広告の要約

革命のファンファーレ現代のお金と広告の要約です。
「革命のファンファーレは情報革命のこと。お金よりも信用が大切になり、広告は誰かにさせるもの。」
上記だとぼくは思います。
実際に西野さんがえんとつ町のプペルを通した体験が元になっており、手の内を明かしてくれている書籍です。
下記は本文からのポイントの抜粋です。
肩書きは1つではない
好きなことを仕事化するしか道が残されていない時代
頑張るのではなく、変化をする
他人と競わずに、じぶんだけの競技を作る
お金は信用を見える化したもの
クラウドファンディングとは、信用を現金化すること
金持ちではなく信用持ちになる
入り口でお金をとるな。マネタイズのタイミングを後ろにずらして可能性を増やせ
お客さんの手に届くまでの導線作りも作品製作のひとつ
インターネットによる物理的制約の破壊は、あらゆるものを無料化した。本屋の土地代ですら
無料公開の効能
分母を増やす
ネタバレ推奨、確認作業でしか人は動かない
お客さんを増やすのではなく、作り手を増やす
体験×おみやげ
広告は誰かにさせるもの
誰かの時間を使って届ける
ニュースを出すな。ニュースになれ。自分の時間を使うな。他人の時間を使え。
死ぬまで働くためには「老人力」を!
許され力=愛され力
需要を事前に知って、売れる作品を作れば売れないことはない

2.革命のファンファーレ現代のお金と広告の感想

「🍀幻冬舎から出ている西野亮廣さんの書籍「革命のファンファーレ」
♦本人が映る赤いカバーを外すと「えんとつ町のプペル」のデザインがッ!
♣考え方の参考にもなるし、デザインが綺麗だし、単純に本棚に置いておきたい書籍です。
📕ネタバレと貯信ですな!!」
ぼくの革命のファンファーレ現代のお金と広告を読んだ感想です。
「キミの革命のファンファーレを鳴らすのは、キミしかいない。」「応援しています。」というのが一番印象に残っています。
背中をそっと押してくれるような言葉にはげまされます。
また、書籍自体も気に入ってます。
理由は、カバーを外すとえんとつ町のプペルのデザインが出てくるからです。
この本は、本棚に置いておきたい本です。

ということで、【要約と感想】革命のファンファーレ現代のお金と広告~西野亮廣でした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です