禁酒したいけどできない!禁酒の方法①ぼくが実践した考え方のコツ〜一寸した5つのこと

禁酒したいけどできない!と思われてる方々へ、ぼくなりの禁酒の方法をお伝えいたします。

ぼくは禁酒を少なからず3日、14日は実現したことがあります。

その際にしていた考え方5コを共有します。

これは独自の禁酒の一寸したコツです。

見出し
1.我慢ではなく健康のためと考える
2.もしかしたら精神が成人未満の頃になるかも
3.やらないことを決めているので時間が増えるかも
4.時代におけるタバコを思い出す
5.禁酒を願かけに使う

スポンサーリンク

1.我慢ではなく健康のためと考える

禁酒したいけどできないという心理の裏には、我慢したくないという気持ちがあると思います。
禁酒に限らず、人生において我慢は辛いです。

ですので、禁酒を我慢と捉えることはひとまずやめます。

そのかわりに禁酒を健康のためと考えます。
それか、お酒を飲まないゲーム、お酒をどれだけ辞められるかの実験と言う風に、自分がワクワクすることに変換します。
人が一生のうちに摂取出来るアルコールの量は人それぞれ決まっています。

更に、アルコールは体内に蓄積されて外に出ることはありません。

一生のうちに摂取出来る量は決まっているのに、外に出ない。

飲み過ぎは良くないに決まっています。

長くお酒を楽しむためにも程々に、かつ何でもない時や、習慣で飲むようなことは避けたほうが無難です。

2.もしかしたら精神が成人未満の頃になるかも

前の項でもお話しましたが、禁酒を成功させるには、禁酒したいという気持ちに変換することが必要です。

ぼくなりのコツとしては禁酒をしたら「もしかしたら成人未満の頃の気持ちに戻れるかもしれない」と思い込みます。

若返りですね。

大人になり毎日お酒を飲むのが当たり前になってしまったぼくにとっては、これは効果的でした。

お酒を飲まなかった小学生の頃、中学生の頃はどうだったか、思い出すことが出来ます。
そういえば、夕飯を食べた後は本屋に寄ってたなーとか、映画見てたなーとか、ギター弾いてたなーとか、色々過去の自分を思い出すことが出来ます。

気持ちだけ、若返ったような気がします。

あの時の感性に戻るとしたら、もう少し禁酒の期間を長くする必要がありそうですが。。。

3.やらないことを決めているので時間が増えるかも

禁酒をすると、出来ることが増える可能性が広がります。

これも1つのコツです。

お酒を飲むと、時間が早く過ぎますし集中力もなくなります。

時間を浪費してる可能性があります。

お酒を飲むという行為をやめると、かなりの時間が空き時間として残ることが分かるはずです。

お酒は飲み始めて約1時間後に酔いがまわっていい気分になると言われています。

呑兵衛ならおわかりかと思いますが、こうなってからがスタートです。

すでに助走で1時間という時間を使ってしまってるんですね。

それが、2時間になり、3時間になり、、、、。

お酒をやめることで、間違いなく使える時間は増えます。

4.時代におけるタバコを思い出す

時代におけるタバコを思い出すのも、禁酒の1つのコツです。

というのも、タバコはかつて趣向品として「タバコはステータス」「タバコは吸って当り前」「タバコはかっこいい」というイメージが蔓延していました。

時代は変わり、今ではタバコは小さく区切られた、狭い空間の中でしか吸えません。

こういった現象は、アルコールにも訪れる可能性があります。

「ビールは不健康で飲めたもんじゃない」「飲酒する人は、別の席へどうぞ」なんていう時代が来ないとも限りません。

そう考えると、今から禁酒する術を持つというのも1つの手段だとぼくは思います。

5.禁酒を願かけに使う

ぼくが実践していたコツには、禁酒を願かけに使うというものもあります。

真剣に物事を成し遂げたい時、何か大きな問題がある時その解決に向けて。

何かしらの目的があると、禁酒も出来るようになります。

ということで、禁酒したいけどできない!禁酒の方法①ぼくが実践した考え方のコツ〜一寸した5つのことでした。

またブログ書きます。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

Facebookページあります。更新情報が届きます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です