【失敗】歌うたいのバラッド祭り Twitterでやってみた。その結果!自身の歌声だけ!

失敗しました。

歌うたいのバラッド祭り Twitterでやってみたのですが、その結果!

自身の歌声だけが鳴り響きました!

見出し
1.歌うたいのバラッド祭り開催!
2.思いつきで見切り発車
3.結果!自身の歌声だけ!反省点と今後

スポンサーリンク

1.歌うたいのバラッド祭り開催!

誰もが知っている斉藤和義さんの名曲「歌うたいのバラッド」を祭りにしようと思い立ちました。

理由としては、Twitterで歌うたいのバラッドを歌ってみてる動画を上げている方が予想以上に多かったからです。

歌うたいのバラッドをカバーしてる人が集まって、それぞれの解釈で歌を披露したら面白そうだなーと。

そう考えて1人でTwitter上ではじめました。

2.思いつきで見切り発車

かなりの思いつきで見切り発車!

そんな中でもふぁぼをくれる方はちらほら、コメントをくれた方もいらっしゃいました。

歌うたいのバラッド祭りに賛同してくれる、演者側の方にも届くだろうと、そしてこの祭は成功すると思っていました。

そして更に、祭として盛り上げるためには歌だけじゃないだろーと。

総勢100組の歌うたいが、歌うたいのバラッドを各自の解釈で歌う。

更に、歌うたいのバラッドをBGMにしての

・大道芸
・ダンスパフォーマンス
・詩の朗読
・仮想通貨講座
・サロンの宣伝

もあり!!

という構想も練っていました。

3.結果!自身の歌声だけ!反省点と今後

歌うたいのバラッド祭りを開催した、その結果!

ぼく自身の歌声だけが鳴り響いておりました。

結構ねばって4箇所の歌声をアップしたんですけどね。。。

ここでぼくは、失敗に気づきました!

だって1人だけなら、それは祭とは言えませんので。。。

この祭の最大の失敗の原因は、人が集められなかったことにあります。

反省点

・演者へのアプローチが足りなかった
・演者へ出演依頼してない
・共同で祭を成功させるためのコミュニティがない
・独りよがり

よっぽど企画が良くないと、宣伝したり誰かに頼んだりしないと浸透しないものですね。

次回、何かしらの祭を企画する際には、計画性と人を集める努力をしなきゃなと実感しました。

ということで、【失敗】歌うたいのバラッド祭り Twitterでやってみた。その結果!自身の歌声だけ!でした。

人生という名の実験による散歩は続きます。

またブログ書きます。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

Facebookページあります。更新情報が届きます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。