失敗したら。失敗に対する考え方を変えると人生が生きやすくなるのでおすすめ!!

ぼくは様々な失敗をしでかしています。

でも、人生はまだ終わってないですし、こうして文章を書くことも出来ます。

こうやって、文章を見てもらうことも出来ています。

ぼくなりの失敗の捉え方を共有します。

スポンサーリンク

ぼくは大前提として「人生は壮大な実験をしながらの散歩にすぎない」と思っています。

人生とは実験の連続、成功することもあれば失敗することもある。

人より多く失敗しているということは、それだけ人より多く実験や挑戦を繰り返しているということになります。

誰かの言葉で

「世の中には二種類の人が居る、成功も失敗も両方する人と、成功も失敗も両方しない人」
というのがありますが、初めて聞いたときはすごく感銘を受けたのを覚えています。
ぼくはそれまで、人を2種類に分けるとすると、「成功している人」と「失敗した人」の2種類だと思い込んでいたからです。

成功している人は、旗から見ると成功している姿だけがクローズアップされます。

成功する以前の失敗や努力や地味な部分はあまり強調されません。

成功している人ほど新しいことを常にやってみて、試行錯誤を繰り返しているでしょうし、逆に何もしないで現状に満足している人は成功するはずもないと、今なら思えます。

ぼくはまだ人生の途中ですし、実験もまだまだ続きますし、散歩も続きます。

失敗も通過点だと思うようにしてます。

過去の失敗から起こる問題というのは、少からずあり、時にはheavyだったりします。

だけどラッキーなことに、ぼくの問題はありふれた、どこにでもある、たわいもないたったひとつのことだけです。

ぼくは、失敗を繰り返していますが、次こそは!という反骨精神があります。

だから、乗り越えられないはずはない。

そう思って武者震い!!

ということで、失敗したら。失敗に対する考え方を変えると人生が生きやすくなるのでおすすめ!!でした。

またブログ書きます。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

Facebookページあります。更新情報が届きます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。