人と話すことが苦手な人ほど、価値を作って仕事を作り出すことが大切。その理由

人と話すことが苦手な人ほど、価値を作って仕事を作り出すことが大切です。
その理由をお伝えします。
見出し
1.企業はコミュニケーションが円滑に出来る人を採用する
2.無理して企業に所属する必要もない
3.仕事の本質は、誰かの役に立つこと
スポンサーリンク

1.企業はコミュニケーションが円滑に出来る人を採用する

人材を求めている企業は取り敢えずコミュニケーションが円滑に出来る人を採用する傾向があります。
特に、その分野で未経験だったり、業種が未経験だったり、新卒だったりする場合は顕著に現れます。

2.無理して企業に所属する必要もない

今の時代、企業に所属する生き方のみが幸せのロールモデルではありません。
終身雇用制度も終わり、1つの仕事だけやっていても生き残ることが難しい時代になっています。
人と話すことが苦手で、企業に所属するのが嫌であれば無理して企業に所属する必要もないです。
その代わり、自分で価値を作り出し人の役に立つ必要があります。

3.仕事の本質は、誰かの役に立つこと

仕事の本質は、誰かの役に立つことです。
話すことが苦手であれば、それ以外のことで誰かの役に立つことが大切です。
話すことが苦手なのに、無理して企業に所属することで得られるメリットは、1ヶ月先、2ヶ月先の決まった額の収入です。
その中で、誰かの役に立つことができれば、それは仕事と呼ぶことが出来ます。
残念ながら、何の仕事もしてないのに給料を貰っているだけの人というのも存在します。
くれぐれもそちら側にならないように、会社で誰かのためになることをするか、もしくは自分で価値を作り出して誰かの役に立つことをする必要があります。
人と話すことが苦手という自覚があれば、反対に自分の長所も見つけることは容易いはずです。
ということで、人と話すことが苦手な人ほど、価値を作って仕事を作り出すことが大切。その理由でした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
Facebookページあります。更新情報が届きます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。