【例文よッ!】福祉用具専門相談員の志望動機と例文自己PR~面接で聞かれたことと

ぼくは、福祉用具専門相談員の営業経験あります。
面接で合格!
福祉用具専門相談員の面接の最重要視は、志望動機と自己PRッ!
福祉用具専門相談員の面接の実体験から。
福祉用具専門相談員の志望動機と自己PR。
例文も記載ッ!
見出し
1.福祉用具専門相談員の志望動機と自己PR例文
2.福祉用具専門相談員 営業面接で聞かれたこと①高齢者は好きか
3.福祉用具 営業面接で聞かれたこと②体力はあるか
4.福祉用具 営業面接で聞かれたこと③何をしたいか
5.福祉用具 営業の志望動機と自己PRからの面接突破のまとめ
スポンサーリンク

1.福祉用具専門相談員の志望動機と自己PR例文ッ!

福祉用具専門相談員の志望動機と自己PRの例文ッ!
未経験の場合、重要視されるのは志望動機です。
なぜ、福祉用具専門相談員として勤務したいのかを明確にして、志望動機に盛り込むこと。
ぼくは、下記3つの志望動機と自己PRを話しました。
志望動機、自己PRの例文として参考にしてください。
・過去の接客経験(飲食店アルバイト)から、「ありがとう」と言われることにやりがいを感じる
・人と接するのが好きだし、人の役に立ちたい
・介護福祉業界は今後需要が高まっていくのは確実だし、伸びしろが十分にあるから
上記、志望動機と自己PRの例文は、あくまで一例です。
実体験からのエピソード + 業種のこと(営業) + 業界全体のこと
上記を志望動機とするとまとまりやすいですよー。
この他にも下記の例文あります。
・身近で介護を見ていて福祉用具が役立っているのを見た
・自分もそういう仕事がしたい
・将来ケアマネージャーになりたい、そのために勉強しながら勤務したい。
未経験からでも、こういった志望動機と自己PRがあるともっといいですねー!
志望動機には、前向きさだいじ!
面接の短時間で個人の能力を図ることなんて不可能ですから。
志望動機と自己PRをしっかり持つ。
そしていざ、面接に臨みます。
次から、ぼくが実際に面接で聞かれた質問と回答の例文を3つ紹介します。
ちなみに、後述もしますが、登録必須の福祉介護系のエージェントは下記にまとめていますよー。
情報は多い方がいいです。
情報を浴びて、その中で取捨選択をすると良いかと。

2.福祉用具 営業面接で聞かれたこと①高齢者は好きか

roujinIMGL8365_TP_V.jpg
・実家でおじいちゃんおばあちゃんと一緒に住んでいたか
・介護の現場を身近で見たことはあるか
これは業界柄、高齢者の方と触れ合う機会が多いことからだと思います。
これに関しての回答は正直に答えるがいいかと思います。
例文としては「高齢者は好きです!」と言っておく。
「好き」に勝る「努力」はないと、誰かが言っていました。
大きな自己PRになることは確実です。
そもそも、高齢者が嫌いであれば、福祉の業界はやめておいた方がいいですよー。

3.福祉用具 営業面接で聞かれたこと②体力はあるか

・体力に自信はあるか
・腰に何か持病をもっていないか
この質問の意図は、福祉用具専門相談員は体力仕事があるから耐えられるかということです。
電動ベッドの搬入組み立て撤去等です。
体力があるにこしたことはありません。
業界柄、腰を悪くする方が多いっぽいのでそれも懸念しての質問です。
どちらかというと介護士の方は腰を酷使するというのは想像できますが、意外と福祉用具専門相談員も体力仕事があります。
例文としては、「学生時代にスポーツをやってました!体力には自信があります!」
「昔から大病をしたことがなく健康です!」
ここぞとばかりに自己PRですねー。
ここで体力のアピールが出来ます。

4.福祉用具 営業面接で聞かれたこと③何をしたいか

・福祉用具専門相談員として、何がしたいか
先々のビジョン、例えば、住環境コーディネーターの資格をとって、ケアマネージャーになって。。。
というものがある場合はここでも自己PR出来ます。
志望動機とリンクしている質問です。
面接官が、自身の志望動機からイメージしやすいヴィジョンを話すこと。
この質問が一番大切かもしれませんね。
例文としては、
「将来、ケアマネージャーになって高齢者の方々の身近で役に立ちたいです!」というのがいいでしょうか。
先々のイメージがわかない場合は、下記のサイトを参考にしてください。
下記のサイトでは介護業界での今後のキャリアを一寸イメージすることが出来ます。
ケアマネや介護の資格取得を支援してくれたり。
将来的に営業以外の職種を考えられている方は登録すると情報を事前に取れますよ。
「なんとなーく営業職が求人多いから応募してみたけど、なんか違うな。」という方。
同じ業界内であれば、転職も有利です!
豊富に情報があるので、登録は必須ですねー。
職種「営業」での志望動機の他に、「介護業界で働きたい」という志望動機があると強いです。
福祉、介護業界でキャリアを積みたい。
その為に、いろいろな資格や職種も調べています。
こういった回答は面接してる方は喜ぶと思いますよー。
面接している方も、人なので感情はあります。
その感情は、いい方がいい!!

5.福祉用具 営業の志望動機と自己PRからの面接突破のまとめ

このブログに書いたことはあくまで一例です。
でも、業界も業種も未経験であれば、志望動機と面接が重要ということだけは言えます。
情報は多ければ多いほどいい。
志望動機に迷った際に、相談に乗ってくれるのが下記の転職エージェントサービスです。
登録、利用は無料なので登録しておくのがおすすめ!
ぼくはエージェントサービスで職務経歴書の書き方を教えてもらった経験があります。
その後の転職活動に活用できたので、ラッキーでした。
転職サービスまとめ
 ぼくも実際に活用させて頂いたサービスです。
 最初の面談で目から鱗の情報をもらえたり、じぶんの市場価値が分かったりました。
 登録して面談した後は、自動的にメールで求人情報をくれるので手間がかかりません。
 田村淳さんがイメージキャラクターをつとめるベンチャーセールス。
 20代営業転職に特化したサービスですねー。
 早いうちから転職を経験して適正な市場価値のもとで働きましょう。
上記は完全無料で活用することが出来ますので登録だけでもしておきましょう。
転職を見据えての、介護業界への就職という戦略もありですよー。
実際にぼくは、フリーターから介護業界で正社員になり、そこから別業界へ転職しました。
年収は2倍になり、ステップアップ出来ましたよ。
その後も、動き続けて、現在も動いている最中です。
仕事は楽しいッ!!
ということで、【実録よッ!】福祉用具専門相談員(営業)の志望動機面接で聞かれたことと例文でした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

なのふら カバー画像.jpg

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です