資産運用年利10%!30日目のブログ!

資産運用で早く資産を増やしたい。

年利10%で運用できる方法を探している。

利回り10パーセント経験者からのアドバイスが聞きたい。

こんなご要望にお答えします。

資産運用年利10%!

30日目のブログ!

ぼくは実際に資産運用で年利10%を得ています。

このブログを読むと、資産運用年利10%の実績を知ることができます。

また、ぼくが資産運用年利10%をしている理由についてもお伝えします。

最後に、資産運用年利10%を実現する方法についてお伝えしますので、年利10%運用を始めることができます。

ぼくの自己紹介は下記です。

・2017年 仮想通貨取引所の口座開設(VALUやってました)
・2021年 NFTアートGiveAway企画開催
・2021年 NFTゲームAxie Infinityを体験し漫画を描く
・2022年 NFTゲームSweatCoin公式インフルエンサーになる
・2023年 円安、増税、物価の高騰で「円」に不安を抱えていた
・2023年 FP3級取得
・2023年 現在資産運用年利10%で運用中

見出し
1.資産運用年利10%!30日目のブログ!
2.ぼくが資産運用年利10%運用をしている理由
2-1.ぼくが資産運用年利10%運用をしている理由①リスクはあるけど早い
2-2.ぼくが資産運用年利10%運用をしている理由②情報に敏感になれる
2-3.ぼくが資産運用年利10%運用をしている理由③単純に楽しい
3.イチから資産運用年利10%運用をする方法
3-1.イチから資産運用年利10%運用をする方法①仮想通貨取引所の口座開設
3-2.イチから資産運用年利10%運用をする方法②仮想通貨を買う
3-3.イチから資産運用年利10%運用をする方法③仮想通貨を貸し出す

スポンサーリンク

1.資産運用年利10%!30日目のブログ!

資産運用年利10%!

30日目のブログ!

ぼくが実際に年利10%運用している方法は、ビットコインのレンディングです。

ビットコインは危険だから絶対に買いたくない。

レンディングの意味が分からないし、胡散臭い。

こういった意見をお持ちの方は、今すぐこのページを閉じて下さい。

行動するつもりがないのであれば、読むだけ時間の無駄です。

他に、年利10%運用を実現できる方法を探す時間にあてましょ。

もしあなたが、ビットコインは触ったことがないけど興味はある。

もしくは、年利10%の方法を是非知りたい。

実践してみたいという考えをお持ちであれば、このまま読み進めて下さいね。

全力で、資産運用年利10%が実現できるビットコインのレンディングについてお伝えしますッ!

あなたはどちらを選びますか?

①この記事を読んで年利10%運用をやってみる
②今すぐこのページを閉じて他の年利10%運用を探す

①を選んだあなたには、まずぼくの30日目の実績をお伝えします。

そして、何故ぼくがこの方法で運用しているのかという理由をお伝え。

最後に、年利10%運用のやり方をお伝えしますね。

初心者でも、誰でも出来るよう、出来る限りシンプルにお伝えしていきます。

まずは、ぼくの年利10%の運用実績をお伝えします。

運用30日目の記録です。

BTC
貸借率  10%/年
貸出数量 0.297274BTC
利息合計 0.002025BTC
返還数量 0.299300BTC

もともと0.297BTCだったのが、30日後には0.299BTCに増えています。

下記にデイリーの利息の記録を載せておきます。

複利運用になっているので、利息も徐々に増えて行っているのがお分かりになるかと思います。

一寸見辛いですが、ぼくは3回に分けて運用しているから、3段に分かれているんです。

最初は最低貸出数量から始めて、信頼できると判断、その後2回に分けて運用開始したのでした。

11月残高
2023/11/16 利息 0.00002121BTC + 0.08124838BTC
2023/11/16 利息 0.00005429BTC + 0.20797343BTC
2023/11/16 利息 0.00000263BTC + 0.01007849BTC
2023/11/15 利息 0.00000263BTC + 0.01007586BTC
2023/11/15 利息 0.00005428BTC + 0.20791914BTC
2023/11/15 利息 0.00002120BTC + 0.08122717BTC
2023/11/14 利息 0.00002120BTC + 0.08120597BTC
2023/11/14 利息 0.00005426BTC + 0.20786486BTC
2023/11/14 利息 0.00000262BTC + 0.01007323BTC

ぼくが運用しているサービスは下記です。

PBRレンディング

口座開設、運用は無料です。

取引の時にだけ手数料がかかります。

これって、銀行や証券取引所と一緒ですね。

後で順を追ってやり方をご紹介しますが、ピンと来た方は、是非この段階で公式サイト見てみて下さい。

ぼくが言っていた年利10%が嘘ではないことが分かるはずです。

条件次第で年利12%も可能です。

2.ぼくが資産運用年利10%運用をしている理由

ここからは、ぼくが資産運用年利10%運用をしている理由をお伝えします。

もし「そんなことは良いから、早くやり方が知りたい!」と思ったら、次の項へ飛んでも構いませんよ。

ぼくが資産運用で年利10%運用をしている理由は下記3つです。

①リスクはあるけど早い
②情報に敏感になれる
③単純に楽しい

下記に深堀しますね。

2-1.ぼくが資産運用年利10%運用をしている理由①リスクはあるけど早い

ぼくが資産運用年利10%運用をしている理由の一つ目は、リスクはあるけど早いからです。

ビットコインは価格の変動が激しいです。

2017年には高騰しましたが、その後価値は急降下しています。

更に、2022年は冬の時代と言って価格は下がったままでしたね。

そして、2023年11月現在は、1BTC=560万円と徐々に価格が上がっています。

価格の変動が激しいので、大きく資産が増える場合もあれば、損をする可能性だってあります。

ここはリスクです。

そして、更にレンディングで運用するとなると、第三者に貸し出しているのですから、すぐには引き出すことが出来ません。

ここもリスクです。

ただし、この2つのリスクを加味しても、資産が増えるスピードの速さの方が魅力的なんですよ。

ポイントは、ビットコイン市場が好調ということと、やはり、高い年利の複利運用ということ。

たとえビットコインの価値が一時的に下がっても、また上がる可能性がある。

年利10%で増やし続けていれば、減ることはない。

こんな思考で今後も年利10%複利運用を継続していくつもりです。

ぼくは、インデックスファンドにドルコスト平均法で運用もしています。

安全です。

ただ、時間がかかりすぎる。

50年後とかに億万長者人なっても、それでは遅すぎるんですよね。

目標は、早く金持ちになること。

だからぼくは、リスクを取って、価値の変動が激しいビットコイン、そして、そのビットコインを年利10%で運用するということをやっています。

2-2.ぼくが資産運用年利10%運用をしている理由②情報に敏感になれる

情報に敏感になれるというのも、資産運用していく中でのメリットだと思います。

ぼくだって損はしたくありません。

だからこそ、いろいろ情報を調べたり、能動的にニュースを見たりしています。

ぼくは、ただ年利10%が魅力的だからという理由だけで運用をしているわけではありません。

ビットコイン自体も、これから成長する可能性が高いので、絶好の投資対象だと思っています。

まだまだ、怪しい、危険だという意見が大多数ですね。

でも、多くの人がやっていない今こそチャンスだと思うのです。

更に、現にビットコインには明るいイベントが盛りだくさんです。

2024年1月のビットコインETF承認。

ビットコインが証券取引所で取引できるようになります。

これによって、価格が上がるでしょう。

2024年春頃の半減期。

半減期とは、ビットコインの発行数が制限される時期のことを言います。

需要は高まるのに、供給は少なくなる。

ビットコインは「レアもの」みたいな扱いになって、価値が上がるとぼくは思います。

そして、2024年11月の米国大統領選。

ビットコインが優位になる法案を持つ議員も出馬するようです。

世界中に「ビットコイン」というワードが知れ渡り、一部の人はビットコインを欲しいと思うはずです。

更に、ビットコインが優位になるのであれば欲しいという人も現れてくるはず。

少なくとも、2025年初めまでは価値は上がるというのがぼくの予測です。

2-3.ぼくが資産運用年利10%運用をしている理由③単純に楽しい

単純に楽しいというのもあります。

日々、利息の確認ができます。

毎日の楽しみの1つになっていますよ。

また、情報を収集していく過程も楽しいです。

ビットコインの基盤には、ブロックチェーンという最新技術があります。

ブロックチェーンは、インターネット到来依頼の衝撃という意見もあります。

将来的に、ブロックチェーンは世界的に普及すると言われています。

未来を一寸だけ先取りできているような気がします。

わくわくしますね。

3.イチから資産運用年利10%運用をする方法

イチから資産運用年利10%運用をする方法は下記の3ステップです。

①仮想通貨取引所の口座開設
②仮想通貨を買う
③仮想通貨を貸し出す

順を追って説明させて頂きますね。

3-1.イチから資産運用年利10%運用をする方法①仮想通貨取引所の口座開設

まずは仮想通貨取引所の口座開設です。

ビットコインを手に入れるために必須です。

初心者にも分かりやすいのは、コインチェックです。

コインチェックはシンプルな操作画面が特徴。

更に、ぼくも一番最初にビットコインを買ったのはコインチェックでした。

何の知識もないぼくでしたが、難なくビットコインを購入できました。

現在4つの口座を持っていますが、一番分かりやすいのはコインチェックです。

コインチェック

上記からサクッと登録です。

10分もあれば登録できますので、登録を済ませておきましょ。

あまり知られていませんが、ビットコインは1,000円から買うことが出来るんですよ。

コンビニからも入金可能ですが、手数料が800円近く高すぎるので銀行振り込みをお勧めします。

3-2.イチから資産運用年利10%運用をする方法②仮想通貨を買う

コインチェックの口座開設が終わったら、仮想通貨を買います。

様々な種類がありますが、初心者であればまずビットコインでいいと思います。

ビットコインを貸し出すには最低0.01BTCが必要になります。

送金手数料も必要なので、余裕をもって購入です。

不安と言う方は、まず1,000円分を買ってみるというのも良いかも知れません。

ぼくも最初、1,000円位買ってみて、大丈夫そうだったので次は20万円分買ってみたりとかしました。

何事も、まず小さくやってみるというのが大切ですね。

コインチェックで口座開設する方法を簡単に解説ッ!

3-3.イチから資産運用年利10%運用をする方法③仮想通貨を貸し出す

ビットコインを買ったら、次は仮想通貨を貸し出すことです。

貸し出し口座を開設です。

PBRレンディング

上記、公式サイトから、こちらもサクッと登録可能です。

こちらも登録、運用は無料です。

その後、下記のブログをご参考にして貸し出しを完了させて下さい。

コインチェックからPBRレンディング始め方

ここまで来たら、資産運用年利10%生活のスタートです。

お勧めなのが、利息の確認を日課にすること。

日々、資産が増えていることが確認できるので楽しくなりますよ。

ビットコインそれ自体は価値が上がったり下がったりします。

でも、持っているビットコインの数は確実に増えていますから。

ここまで読まれて、もし年利10%は高すぎて不安というあなたへ。

年利8%の案件もあるんですよ。

それがこちら。

ビットレンディング公式HP

ぼくはビットレンディングでは0.01BTCを15日間運用しています。

利息だけで、半月で200円位でした。

ビットレンディングをコインチェックから始める方法

どちらもやっているので、比較ができて楽しいですよ。

この先、ビットコインには明るいニュースが多いです。

ぼくは30日前に始めて、すでに1BTC=536万円の場合、約1万円分の不労所得を得ています。

これから複利運用で更に増やしていく予定です。

始めるタイミングは、まだ遅くないと思いますよ。

ぼくが資産運用年利10%運用をしている理由は下記3つです。

①リスクはあるけど早い
②情報に敏感になれる
③単純に楽しい

今は2023年11月16日ですが、ぼくはいいタイミングで始められたと思っています。

まだ遅くはありません。

また、イチから資産運用年利10%運用をする方法は下記の3ステップです。

①仮想通貨取引所の口座開設
②仮想通貨を買う
③仮想通貨を貸し出す

仮想通貨の口座開設は下記からサクッとできます。

コインチェック

また、レンディングの先にも選択肢があります。

どちらも登録だけしておくというのでもお勧めですよ。

PBRレンディング

ビットレンディング公式HP

ぼくはどちらでも運用をしていますが、一長一短があり、日々勉強になっています。

「あの時、行動しておけばよかった!」

なーんて後悔しないためにも、今、サクッと行動してしまうことをお勧めします。

まだビットコインを買うのも、運用10%も不安というあなたへ。

ぼくの実践ブログをここに置いておきます。

少しでも参考になれれば幸いです。

PBRレンディングブログまとめ

PBRレンディングとビットレンディング比較!両方やってみた体験談から

またブログ書きます。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました