甘いものと酒、どっちが太る?結論、両方。コスパは甘いもののがいい。

甘いものと酒、どっちが太る?

結論、両方。

酒に比べて甘いものはコスパはいいですね。

見出し
1.甘いものと酒、どっちが太る?結論、甘いもの。
2.甘いものが太る理由はこれッ!コスパはいい
3.酒飲みが太る理由はこれッ!コスパが悪い

スポンサーリンク

1.甘いものと酒、どっちが太る?結論、甘いもの。

甘いものと酒、どっちが太る?

結論、どっちかっていうわけではなく、両方太ります。

甘いものはダイレクトにカロリーを摂取します。

更に、糖分が太ることに拍車をかけますねー。

その点、酒は甘いものと比べて太りにくいと言われていますね。

酒自体と甘いもの自体で、どっちが太りやすいかと言うと、甘いものです。

でも実は、酒の方が太るという場合もあります。

だから、甘いものと酒どっちが太るというのは、両方と言う結論です。

この文章の中で解説していきます。

2.甘いものが太る理由はこれッ!コスパはいい

甘いものが太る理由はこれッ!

それは、甘いものはそれ自体でダイレクトにカロリーを摂取してしまうから。

コスパはいいです。

ぼくは実際に、酒と甘いものの満足度を計ってみたことがあります。

下記2つの満足度は、同じくらいです。

①缶ビール(生)500ml×5缶
②たけのこの里の箱番×1箱

金額にすると下記。

286円×5= 1,430円
210円×1=  210円

その差、1,220円です。

さらに、酒は一日で足りない位だけど、甘いお菓子は三分の一で満足出来ます。

甘いものはコスパよすぎッ!

ただし、この甘いものを摂取する量が多ければ多いほど、太りやすくなるのも事実。

ついつい食べ過ぎてしまいますね。

ぼくは大の酒好きで、甘いものは苦手な人でした。

そんなぼくが断酒をしたら、発見がありましたよ。

それは、甘いものって美味しいッ!

甘いもので、美味しいと気付いたものです。

・暑い日のガリガリ君
・メロンパン
・マックシェイク(ストロベリー味)

どれもお酒飲んでた頃は選択肢には無かったし、目にも入りませんでした。

お酒をやめた状態で食べてみたり、飲んでみたりしたら、めちゃくちゃ美味しかったですよッ!

更に、下記も美味しかった。

・久しぶりのマクドナルド(サムライマック)

少量で満足できるのであればカロリーはそこまで接種しませんね。

ぼくは176cm,58kgでしたが、甘いものを食べても変わらなかったです。

でも、酒よりも甘いものが太るというのは変わりませんね。

数か月後が楽しみです。

3.酒飲みが太る理由はこれッ!コスパが悪い

甘いものはそれ自体で太ります。

その点、酒はそれ自体では太りません。

酒飲みの人は痩せている人が多いですね。

塩で酒を飲むというのが本当の酒飲みといいますが、総じて、痩せています。

でも、酒飲みの中でも太っている人も居ます。

それはなぜか?

それは、酒を飲んで酔っ払って食欲が増長されるからです。

酒それ自体は太る要素はありません。

ウィスキーとかなんて、糖質もないし、カロリーめちゃめちゃ低いですからね。

ただし、酒は酔って脳を麻痺させるという機能があります。

脳が麻痺しているから、必要以上に食べちゃう。

普段ならお腹いっぱいでやめるところを、制御できず食べすぎちゃう。

だから、酒飲みの中でも太っている人がいます。

酒をやめたら痩せたというのは、食欲が抑制出来ているからだと、ぼくは思います。

自然な食欲に戻っていると言うことですね。

甘いものと酒、どっちが太る?という疑問への回答は、両方です。

またブログ書きます。

今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。

スポンサーリンク