声のトーンや抑揚のつけ方、優れた朗読を聞いて取り入れる。

声のトーンや抑揚のつけ方ッ!
優れた朗読を聞いて取り入れる。
共有しますね。
見出し
1.声のトーンや抑揚のつけ方
2.優れた朗読から学ぶという方法!!
スポンサーリンク

1.声のトーンや抑揚のつけ方

朗読やナレーションをする際、声のトーンや抑揚のつけ方に苦労する方もいらっしゃると思います。
ぼくも、プレゼン等で苦労した経験があります。
今回は、プレゼンではなく朗読やナレーションの際のコツをお伝えします。

2.優れた朗読から学ぶという方法!!

声のトーンや抑揚の付け方で、一番勉強になるのが
「優れた朗読を聞く」
これに限ると思います。
やはり、お手本がないと、最終的な目的地も分かりません。
また、朗読における自分の位置と、目指すべき位置との違いを把握することも必要不可欠ですね。
声のトーンや抑揚のつけ方に悩まれている方は、「本を聴く」という体験が出来るオーディブルというアプリがおすすめです。
このオーディブルは、キャッチコピー通り朗読によって「本を聴く」ことが出来ます。
朗読をしてくれる方々もバリエーションに富んでいるのが特徴ッ!
優れた朗読のお手本で、声のトーン、抑揚のつけ方を参考にしてみてください。
今なら、30日間の無料体験のキャンペーンをやっています。
このキャンペーン、いつまで続くのか分かりませんので、気になる方はお早めに。
優れた朗読によって、朗読を学ぶ。
すごく利にかなった学習方法だとぼくは思います。
ぼくの体験談は下記に記載しています。
ということで、声のトーンや抑揚のつけ方、優れた朗読を聞いて取り入れる。でした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です