お金とは何か?アダム・スミス「国富論」が説く「お金」の実践経済学から学ぶ!!

お金とは何か?
アダム・スミス「国富論」が説く「お金」の実践経済学から学びました。
共有します。
見出し
1.お金とは何か?国富論から学ぶ
2.金まみれの時代は終わるのか
スポンサーリンク

1.お金とは何か?国富論から学ぶ

お金とは何か?
お金は便宜的に物の価値を数字で表せるもので、非常に便利です。
でも大切なことが。
ものの価値はお金が決めているのではなく、市場が決めていること
そして、余っているものは、需要のあるところへ。
この本の中でことわざが紹介されています。
「ある人のごみが、別の人の宝になる」
ほんそれ!と納得出来ることわざですねー。
更に、お金はお金を生む。
投資や賭け事なんかでも、お金をより多く持っている人の方が圧倒的優位に立ちます。
そして、少しの余分な収入が大きな違いを生むという記載もあります。
余分な収入をどう使うかが、この先大切になってくると容易に予測出来ます。
この本には、発明のことにも言及しています。
発明とは観察し、つながりを見つけること。
お金に対することだけではなくて、心がけたい姿勢ですね。

2.金まみれの時代は終わるのか

「俺たちが知ってる金まみれの時代が終われば、たぶんみんな、すっかり元気になるよ」
アメリカのロックバンド、R.E.Mの歌詞でこの本はしめくくられます。
お金まみれの時代は終わるのかどうか。
ぼくは、そろそろ終わりに近づいているのではないかと思います。
年収よりも、どれだけの人に信頼されているか。
クラウドファンディング等で、個人でもお金を集めることが出来る時代です。
今までは、潤沢な資本を持った大企業でしかなし得なかったことも、個人で出来る可能性が広がっています。
勿論、お金は人生を豊かにする上であったら良いものです。
でも、お金にこだわり続けると言う生き方は、すでに時代遅れなのではないかとぼくは思います。
「🍀「俺たちが知ってる金まみれの時代が終われば、たぶんみんな、すっかり元気になるよ」(ロックバンド R.E.Mの歌詞)
♦上記で締めくくられています。
♣「アダム・スミス「国富論」が説く「お金」の実践経済学」
📕お金それ自体には価値はない!!
🍜ちんぴょろすぽーん!!」

ということで、お金とは何か?アダム・スミス「国富論」が説く「お金」の実践経済学から学ぶ!!でした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です