超マインドコントロール日本人はいつまで騙され続けるのか!/池田整治著で印象的だった言葉

池田整治さんの著書
超マインドコントロール日本人はいつまで騙され続けるのか!
はタイトルからしてインパクト大です。
ぼくが読んで、印象的だった言葉を紹介します。
共有しますね。
見出し
1.自分の体は自分で守る
2.アメリカに騙され続けるのはやめましょう
3.外国にモデルはない!21世紀の日本は「江戸」を目指せ
スポンサーリンク

1.自分の体は自分で守る

超マインドコントロールの中で、
「政府や国の発表を鵜呑みにしない。
どう行動するかは、自己責任の時代。」
とあります。
現代はより一層、こういった考え方が必要になっているとぼくは思います。
これまでは、情報は中央集権的な一部の限られたメディアから一方的に与えられるのが一般的でした。
でも今は、ITの発達のおかげで情報網がぐんと増え、誰でも発信が可能になっています。
更に、情報は多種多様でその量も膨大です。
そんな中で、テレビやマスメディアと同列に、ネットや、実際に体験した方の話などを総合的に考えて「自分の情報」として精査する。
そして、それに基づいて行動する。
今後はますますそういった行動の仕方が重要になるとぼくは思います。

2.アメリカに騙され続けるのはやめましょう

「戦後、アメリカは余った家畜飼料用の脱脂粉乳と雑穀類を日本に送った。
パンを食べて育った日本人は洋食が当たり前になり、生活習慣病国家に。
更にアメリカは医薬品を日本に販売して大儲け。」
かなり衝撃的ですが、ぼくはこれも一理あるなと思います。
アメリカは嫌いではないですが、好きでもないので俯瞰して見ています。

3.外国にモデルはない!21世紀の日本は「江戸」を目指せ

超マインドコントロールは日本人を肯定してくれています。
なかでも
「江戸を再発見し学びましょう。」
という記載は特に印象的。
古き良き時代を知り、そこから現代風にアレンジをして活かす。
これからを見据えて、そんな前向きな気持ちになれる良著です。
タイトルで誤解されがちですが、洗脳の手引きをする本ではありませんよー。
洗脳を解こうとする、作者の熱い思いを感じられる本です。
「🍀超マインドコントロール 日本人はいつまで騙され続けるのか/池田整治著
♦タイトルのインパクト大きすぎ!w
♣鵜呑みにはしませんが、知っておいても良いかも。
🍜後で感想を共有しますねー。」

ということで、超マインドコントロール日本人はいつまで騙され続けるのか!/池田整治著で印象的だった言葉でした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です