禁酒するとどうなる?!ぼくが3日間で実感した禁酒のメリットをまとめました

禁酒すると、メリットが3つあることに気付けました。

ぼくはもともと酒好きなのですが禁酒をしてみました。

3日間の禁酒だけでもメリットを実感することが出来ました。

ぼくが個人的に感じた禁酒のメリットを共有します。

見出し
1.禁酒すると時間が増える
2.禁酒すると感情の起伏が穏やかに
3.禁酒すると健康になった気がする

スポンサーリンク

1.禁酒すると時間が増える

禁酒のメリットは、まず有効に使える時間が増えることです。

酒を飲むと時間が早く過ぎてしまいます。

酒を飲んでいる方であれば経験はあると思うのですが。

「あれ?もうこんな時間。

でも、飲み足りないから飲もう。」

「楽しくなってきたので、もう少しだけこの気分に浸っていたい。」

という風に時間は過ぎていきます。

また、酒の酔いがまわるのはだいたい1時間後と言われています。

この時間も考えると、酒を飲むという行動にかなりの時間が費やされています。

禁酒をするとこの時間を確保することが出来ます。

酒をやめると、有効に使える時間が増えるのは確実です。

頭の回転も損なわれないままッ!

2.禁酒すると感情の起伏が穏やかに

禁酒のメリットとして、感情の起伏が穏やかになるというのがあります。

酒を飲んでいる時はいい気分でも、酒が切れた時気分が落ち込んだり、翌朝二日酔いでテンションが上がらなかったり。

禁酒をすると、酒が原因による感情の起伏が起きません。

フラットな感情で冷静にものごとを判断することも出来ます。

3.禁酒すると健康になった気がする

禁酒のメリットとして、健康になった気になれます。

これは気分的なものですが。

アルコールは体内に死ぬまで蓄積されると言われています。

一人の人が飲めるアルコールの量には上限があるという説ですね。

限りがあるとしたら、なんとなく、惰性で飲むというのはあまりおすすめしません。

おめでたい席や、交流会の際、美味しい料理が出ている時、オフ会やイベントの時等、ここぞというお酒の場で飲めないのは寂し過ぎます。

一生に飲めるお酒の上限は可視化が出来ませんが、飲める分を残しておく。

こういった考え方も必要です。

酒は飲んだ数時間はいい気分になり、リラックス出来ます。

ただ、時間や感情に影響してきますし、飲める量には上限があると言われています。

3日間限定の禁酒でしたが、ぼくなりに感じた禁酒のメリットを共有しました。
さ、飲むか。(結局飲む!w)
ということで、禁酒するとどうなる?!ぼくが実感した禁酒のメリットをまとめましたでした。

またブログ書きます。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です