笠井奈津子さんの10年後も見た目が変わらない食べ方のルールを読むと、体が資本だということを思い出せる。

笠井奈津子さんの著書「10年後も見た目が変わらない食べ方のルール」を読むと、体が資本だということを思い出すことが出来ます。

見出し
1.笠井奈津子さんは栄養士
2.基本的な食べ方のルールから載ってる
3.笠井奈津子さん本人が若々しい

スポンサーリンク

1.笠井奈津子さんは栄養士

下記引用(P5)

「よりよい人生」を送りたいと思えば、どうしても必要になるのは、自分が描く夢のベースとなるような「下地」の部分です。その「下地」とは言い換えるなら、夢の大きさ見合うような「健やかな心身」。

引用終わり

この文章でぼくはこの本に引き込まれました。

どんなに壮大な夢を持っていようと、どんなに素晴らしい計画を練っていようと、健康な体がなければそれを実現することは出来ません。

まずは、健康な体になること。

これこそが人生の一番根幹にある大切なことだとぼくは思います。

2.基本的な食べ方のルールから載ってる

この本には、栄養士の見地から基本的な食べ方のルールも載っています。

これはかなり親切。

早速実践してみたくなる内容です。

3.笠井奈津子さん本人が若々しい

レストランを選ぶ時は、そのレストランのコックの状態を見ろという言葉があります。

コックが肥満だったり、不健康な場合は、そのレストランは避けるべき。

つまり、コックと同じ物を食べることになるので、コックの姿が自分の未来の姿。

こういった1つの考え方です。

ぼくはこの考え方にひどく共感しています。

ですので、健康系の本を読む前にも、まず作者の姿を見ることを習慣付けています。

この本を書いた笠井奈津子さんは、すごく若々しいです。

ぼく個人的なルールですが、10年後も見た目が変わらない食べ方のルールは信頼出来る本だと言えます。

ということで笠井奈津子さんの10年後も見た目が変わらない食べ方のルールを読むと、体が資本だということを思い出せる。でした。

またブログ書きます。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

Facebookページあります。更新情報が届きます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です