【書評】30代の方は「30代にしておきたい17のこと/本田健著」を早めに読む方が良い理由

30代の方は「30代にしておきたい17のこと/本田健著」を早めに読む方が良です。

その理由を示したいと思います。

見出し
1.30代という世代を理解してくれてる
2.30代を生きる考え方のヒント満載
3.行動することでまだ間に合うと気づかせてくれる

スポンサーリンク

1.30代という世代を理解してくれてる

筆者が30代という世代を経験されているからか、「30代ってこうですよね。」という話題から書籍は展開されて行きます。

2.30代を生きる考え方のヒント満載

30代は勿論、その他の世代、例えば20代や40代でも参考になる考え方が満載です。

・人生の時間は有限
・役割にはまらないように気をつける
・自分にとっての幸せ、豊かさを定義する

・受けた教えを次にまわす
・才能のかけ算で可能性は倍増する

・どんなときも、ワクワクすることを選ぶ
・自分が死ぬところをイメージする

ここにあげさせて頂いたのはほんの一例です。

これ以外にも、生きるために考えることのヒントを貰える文言がこの本には詰まっています。

3.行動することでまだ間に合うと気づかせてくれる

「30代にしておきたい17のこと/本田健著」は「今からでも遅くない」と背中を押してくれる書籍でもあります。

そのために必要なのは行動することだけ。

30代と言うと、もう30歳と捉えられることも少なくありません。

でも、まだまだこれからと思い直し行動する選択肢もあると言うことを知らせてくれます。

「30代にしておきたい17のこと/本田健著」は下記から購入することが出来ます。

ということで、【書評】30代の方は「30代にしておきたい17のこと/本田健著」を早めに読む方が良い理由でした。

またブログ書きます。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です