風邪は体のデトックス。無理して食べない方がいい!体を調整してくれてる機能。

頭が痛くなる風邪、鼻水が止まらない風邪、咳が出る風邪、熱が出て苦しい風邪。

風邪に対して良いイメージを持っている方は少ないと思います。

「早く治さなきゃ」と薬を買い込んで、栄養のあるものを一杯食べて。。。としている方々。

ぼくは、薬も飲みませんし、食べません。
というのも実は、風邪には体にとって必要な「デトックス」の効果があるんです。

デトックスとは、体にある老廃物を排出してくれる作用です。

風邪の鼻水、痰、汗などによって、これまで蓄積されていた老廃物が体外に排出されます。

体を調整してくれる機能があるんですね。
体にデトックスに集中してもらうために、余計な行動はしません。

風邪になったら体の調整期間だとぼくは思っています。

風邪になった時のメリットや注意点についてお伝えします。

尚、これは個人的な見解によるものです。

たまたまぼくは、この考え方で風邪と付き合うことで健康で居ることが出来ているということも添えておきます。

見出し
1.風邪は体のデトックス
2.風邪の時は食べ過ぎない
3.風邪の時は動かない
4.風邪の時はりんご、みかん
5.風邪は悪いものじゃない

スポンサーリンク

1.風邪は体のデトックス

前述した通り、風邪は体の中の老廃物をデトックスしてくれる作用があります。

鼻水も痰も、出来れば全て出してしまうことをおすすめします。

公の場ではなかなか痰を吐くというのは難易度が高いです。

人知れずトイレの洗面台で静かに出せば、意外と気づかれにくいです。

そして、汗をかくこともデトックスの効果になります。

もともと熱が上がるのは成人した体には良いことです。
がん細胞は熱に弱く、体温が40度になると死滅するという研究結果も出ている程です。
(ほんとかどうかはわかりませんがッ!!)
風邪をひいて熱が上がったら、汗をかいてデトックスです。

水分補給を忘れないようにしましょう。

2.風邪の時は食べ過ぎない

ぼくは、風邪を1年に2〜3回は引きますが、風邪の時に薬は飲まないようにしています。

というのも、風邪をひくと食欲がなくなります。

かたや、薬を飲むためには食べ物を食べないと飲めないという決まりがあります。

じゃあ食べ物も食べないし、薬も飲まなくていーや。と思って水だけを飲んで寝込みます。
これはぼくだけかもしれませんが、食べない方が、前述したデトックスをスムーズに行ってくれる様な気がするので、風邪の時はあまり食べません。

3.風邪の時は動かない

風邪の時は無理して動くことはしません。

体調が悪いのに、最高なパフォーマンスができるはずがないからです。

ですので、体にデトックスに集中してもらうため、余計な体力は使わないようにします。

ベッドが目の前にある場合、即寝ます。

4.風邪の時はりんご、みかん

ぼくは風邪の時、食べないのが基本ですが、小腹が空いた時はりんごやみかんを食べるようにしています。

りんごは人間に必要な栄養素が凝縮されていますし、みかんは食べるとサッパリして気分が良くなるからです。

無理してうどんやスタミナがある物を食べると逆に疲れてしまいます。

エネルギー使うんですよね、食べるのって。

普段どれだけ食事にエネルギーと思考を使っているかというのがわかります。

5.風邪は悪いものじゃない

前述したように、ぼくは風邪になったら体の調整期間だと思ってます。

確かに、気だるくなりますし、パフォーマンスが落ちます。

でも、「体の老廃物を出して、体を健康に調整してくれている」と思うと、風邪は健康のパートナーと思うことが出来ます。

この記事に対する質問や意見がありましたらTwitterでリプいただけると嬉しいです。
ということで、風邪は体のデトックス。無理して食べない方がいい!体を調整してくれてる機能。でした。

またブログ書きます。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です