二日酔いの吐き気は悪魔。その対処法と予防方法。

二日酔いの吐き気は悪魔です。
更に、頭は痛いわ寝不足だわ気持ち悪いわで、良いこと無しです。
そんな二日酔いにならないための対処法と予防方法をお伝えします。
共有しますね。
見出し
1.二日酔いの吐き気は悪魔
2.二日酔いにならないために食べる
3.二日酔いの吐き気には柑橘系の食べ物
4.二日酔いの吐き気には炭水化物
5.二日酔いの吐き気は経験しなくてもいい
スポンサーリンク

1.二日酔いの吐き気は悪魔

二日酔いは、前日飲んだアルコールが許容範囲以上のため、翌日になってもアルコールが残っている状態を言います。
二日酔いの吐き気は悪魔です。
ひどい状況だと、寝つくことも出来ません。

2.二日酔いにならないために食べる

二日酔いにならないためには、その前日、つまり飲んでいる最中に気をつけるといいです。
よく、空きっ腹にアルコールは悪酔いすると言われますがこれは本当です。
栄養を欲している体が、アルコールを栄養かと思って普段より多目に吸収してしまうからです。
一番良いのは、何か食べ物を食べながら飲むとそこまで悪酔いもしませんし、お腹がいっぱいになるので、飲みたいとも思わなくなります。

3.二日酔いの吐き気には柑橘系の食べ物

二日酔いの吐き気が酷い時は、食べ物を受け付けない場合もあります。
そういった時でも、出来るだけアルコール濃度を下げることが大切です。
1つは、柑橘系の食べ物を食べるということ。
他の固形物よりも食べやすいです。

4.二日酔いの吐き気には炭水化物

二日酔い予防には炭水化物。
これは、二日酔いにならないために前日にしておくことです。
アルコールで酔ってそのまま寝てしまうと、やはり起きた時もアルコールが残っています。
そこで、寝る前に炭水化物を摂るようにします。
こうすることで、炭水化物がアルコールを吸収して消化に繋げてくれます。
おすすめなのは一寸の納豆ご飯、もしくは薄味のお茶漬けです。

5.二日酔いの吐き気は経験しなくてもいい

二日酔いの予防方法をお伝えしてきました。
自分のアルコール許容量を知るということは大切です。
お酒と付き合うようになって、早いうちから自分の限界を知るということです。
そのために、何回かは二日酔いを経験するというのも成長の軌跡です。
でも、ある程度自分の許容量が分かった後は、二日酔いの経験はする必要がないです。
その日の生産性がものすごく落ちますし。
前述しましたが、特に二日酔いの吐き気は悪魔ですから。
お酒は本来は楽しいものです。
上手に付き合うことをおすすめします。
ということで、二日酔いの吐き気は悪魔。その対処法と予防方法。でした。
またブログ書きます。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。
なのふら カバー画像.jpg
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。